織物用組織図マクロ Ver.3.6

 2015-07-20
ろくろ式で、空羽がある場合、組織図は(緯糸が出るわけだから)白になる筈が黒になってしまう不具合に、織物用組織図マクロ Ver.3.5で対応したつもりが、Ver.3.4で直した筈だった「ろくろ式で、1対多のタイアップを指定した時に、組織図が真っ黒になる」不具合を再発させてしまいました。

…Ver.3.5を封印して、Ver.3.4を元にまた空羽対応をして、Ver.3.6に更新しました。そういうわけで、履歴上3.4から3.6に飛んでいますが、間違いではありません…。Ver.3.5はなかったことになったんです…!

それにしても、こんなデグレードを起こすようではいかん、ちゃんとテストケースを作っておかねば…。と思いまして、今回Ver.3.6をアップする前に、ざっくりとですが、テストケースを作って確認しました。

…結果、「空羽に対応するなら、空き緯糸(…なんていえば…。隙間を空けて緯糸を入れることを…)にも対応しなくてはいけないのではないか、ということに気付きました。
そんなわけで、現在はそれには未対応です。

weaving_macro3.zip


Ver.3.6にしたら、うまくいかなくなった!などということがありましたら、ご報告下さいm(_ _)m。

Ver.3.2.1、Ver.3.3、Ver.3.4、Ver.3.5の記事からもVer.3.6がDLできます。



【注意事項】
動作確認・ウィルスチェックはしていますが、ダウンロード・解凍及び使用は各自の責任で行って下さい。

このマクロの著作権は作者に帰属します。マクロの利用は自由に行っていただいて構いませんが、出版物に載せるなどの場合はご一報ください。
なお、個人が生成した図を画像にしてサイトに載せる場合はご連絡くださらなくてけっこうです。ただし、本に載っていたものから完全意匠図を作成した場合、マクロではなく、その本の著作権に抵触しないか、十分お気を付けください。

また、このマクロを使用して損害が発生してもマクロ作成者は一切の責任を負いません。

【使用方法】
1.初期化
踏み木本数と、踏むと綜絖が上がるか下がるかと、綜絖枚数と、タイアップ部分をどの位置にするかと、図の幅・図の高さを入力して[初期化]ボタンをクリックして、マス目を作ります。

2.準備
以下の図のように、綜絖とタイアップと踏み木を黒くします。
ドラフト3-1

3.組織図
[組織図]ボタンをクリックすると
ドラフト3-2
こんな風に、どんな組織になるかが表示されます。

4.配色図
以下の図のように、色を指定して、
ドラフト3-3

[配色図]ボタンをクリックすると
ドラフト3-4
こんな風に、どんな配色になるのかが表示されます。


尚、簡単なテストはしていますが、実際に使ってみると不具合が生じるかもしれません。その際はご連絡下さい。
可能な範囲で修正したいと思います。

【Ver.3.6 動作確認済の環境】
  • Windows 8.1 + Excel 2013

※ 他の環境でも動いたら、動作実績ありとして追加しますので、ご一報いただけると有難いです。なお、我が家にはWindows 8.1 + Excel 2013しかありませんので、「○○で動作確認してもらえないか」という要望には応えられません。

【FAQ】
マクロを実行できない
Excelのマクロが無効になっています。有効にしてください。
最近だと、ファイルを開いたときに、マクロを有効するかどうかのメッセージバーが出ることが多いように思うので、そこで有効にすれば使えると思います。
そうできない場合は…「Excel マクロ 有効」などでネット検索するとやり方が出てくると思います。


【残っている野望】

  • 隙間を空けて緯糸を入れた場合の組織図・配色図に対応する。…配色図は白糸を入れた場合と判別つかないという問題があるんですがね…。厳密に「塗りつぶしなし」と「白」を区別することになるでしょうか。
  • 1クリックで色塗りを可能にする(今、セルの背景色をいちいち変更しないといけないので。コピー&ペーストできるとはいえちょっと面倒かなあと思いまして)
  • ろくろ式⇔天秤式の踏み方図変換機能をつける
  • 組織図から、綜絖の通し方・踏み木の踏み方を出せるようにする


参考用語
あ行:空羽
さ行:綜絖、組織図
た行:経糸、天秤式
は行:踏み木
や行:緯糸
ら行:ろくろ式



(2015/7/21、【注意事項】に著作権関係と損害責任に関する記述を追加しました)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/957-0c0fc536
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫