ゆび織りで格子マフラー

 2015-01-11
ちょうど一年位前でしょうか。吉祥寺のユザワヤさんを放浪している時に「あ、この糸、ゆび織りによさそう」と思って買った糸がありました。アクリル100%ですが触り心地がよい、太い、甘撚りの糸です。
この正月、その糸でゆび織りに初挑戦しました。

初挑戦なので、ベーシック技法の織りがいいかなとも思ったのですが。
どう見ても、私と母の好みは、リンク技法のチェック…。
いやでもしかしベーシックで2色のマフラーを作るかなと思ったのですが。

リンク技法のチェックのマフラーの必要糸量はA色40m、B色40m。買ってあった糸も(本を見て買ったわけではないのにばっちり!)40mが2色。これはチェックのマフラーを作るしかあるまい、といそいそと作り始めました。

しかしベーシック技法をやらないで挑んだせいか、リンク技法のやり方がいまいちよくわからなくて…。本の写真を見ながら、糸の順はこれであってる…よね。と思いながら織り進みました。
一度、織り途中のものを丸めて、山梨から千葉に移動したのですが。移動後ますますわからなくなりまして。「ええと、柄から言ってこうなるはず…」で織り進めました。しかしどうも段がおかしい気がして、もう一回じっくり本の写真を見ました。

ああ。下の糸を持ったら上の糸を落とす、か。と自分の言葉で納得してからは、比較的簡単に進めることができました。その後「下もってー上落としてー」と思いながら織りました。

あと、机の角を使うとやりやすいように思います。
指織り作成中
こんな感じ。

使った糸も本と同じく甘撚りの糸でしたし、リンク技法で捌く作業が必要なので、「中央から半分ずつ織る方法」でやればよかったですね。そこを読まずに進めてしまったので、糸をダラダラ長くして織っています…。最初のうちは糸をバタフライにしてやってました。

なにぶん、「ふんわりロービング」なので、なんか妙に糸がやせているところかもありましたし、織れば織るほど隣の糸にからまったりとかしてしまいましたが、なんとか最後まで織りました。

出来上がりはこちら。仕上げは指定通りネクタイ結びにしました。
指織りマフラー
形はところどころいびつですが、まあきゅっきゅっと引っ張ればどうにかまとまるかな。

いびつなまま測ったので、以下の仕上がりサイズは大体です。

仕上がりサイズ(房は含まず)
20cm×154cm
織り糸本数
16本
使用した糸
ダルマ手編糸 ふんわりロービング(50gで約20mの糸)青緑100g、白100g
作成期間
2015/01/01~2015/01/01
参考にした本
『ゆび織りで作る マフラー&ショール』



参考用語
な行:ネクタイ結び
は行:バタフライ

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/924-a1c793dd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫