『手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152)』

 2014-11-19
4800400295手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152 特集版)
彦根 愛 馬場きみ
ルックナゥ 2012-11-26

by G-Tools


シリーズ名から言っても、『手織り工房 (ハンドクラフトシリーズ 146)』の仲間かと思うのですが、出版社が違いますね…。はて。

新・東京スピニングパーティー2013の記事に追記していますが、とっくに紹介していると思っていたのに、紹介していなかった本です。そして、気付いたならすぐ紹介すればいいものを、たらたら1年も書いていなかったら、絶版になっちゃったそうです(ニュースソースはひこねあいさんのブログです)。ひこねあいさんのブログで絶版になっちゃったと知ってからも、2カ月近く記事書いていないですね…。我ながらトロい…。

内容は、『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』『手織り工房』の内容を、ぎゅぎゅっと詰めた感じ、でしょうか。


手紡ぎ
『手織りと手紡ぎ』の「手紡ぎ」の抜粋?という感じ。
手織り【入門編】
『手織りと手紡ぎ』の「初歩の手織り(2枚綜絖・リジットルーム)」の感じ。
手織り【基本編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の感じ。「つづれ織り」と「ノッティング」とからみ織りじゃないレース織りも出ていますが(これらは、『手織りと手紡ぎ』に紹介されている項目です)。
手織り【応用編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の後半部分と、『手織り工房』の感じ。


目次の項目だけみると、2冊合わせた内容のようです。『手織りと手紡ぎ』の再版リクエストにこの本で応えた、というようなことがひこねあいさんのブログに書かれていたので、そもそも目的がそうなのでしょう。
しかし、手紡ぎに関しては『手織りと手紡ぎ』の方が詳しいです。手紡ぎ系の要望は少なかったのでしょうか。
あと、再版のようなものといっても、掲載されている作品は、ほとんど新しくなっています。かなり盛りだくさんです。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/911-73bb00a8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫