しじら織りの七分袖シャツ 2

 2014-07-31
暑い…。職場に長袖は着ていきたくない…。

というわけで、七分袖シャツを作りました。どろなわ。
まあ、夏本番前にできあがったのでよしとしたいです。
27日に出来上がったので、すでに一度、職場に着ていきました。

七分袖シャツ

実はこれを作っている過程の端切れでシュシュを作ったのでした。
だからシュシュとお揃い。
というか、その前の母の室内用ズボンともお揃いですが。

まだあります、しじら織り。買ったのは5年も前なんですけどね…。

さて、七分袖シャツは以前に洋裁教室で作りました。この時もしじら織りですが、今回のとは柄が異なります。

で、型紙があったので、今回は仮縫いもなくすいすいと作りました。
すいすいと作れるのは、洋裁教室で教わった時にせっせと作り方のメモをとっていたからです。たとえばこのシャツだとB5ルーズリーフ3ページ分のメモをとってあります。
しかし。見返しのところのメモが、我ながらどう作れと言いたいのかさっぱりわかりませんでした。もうちょっとちゃんとメモろう>自分。

ところで、洋裁はいつもボタンで悩むのですが。
今回はこのボタン。
七分袖シャツのボタン
うまく映らなかったのですが、柄があります。ASIAN ACCENTSさんで買ってあったインドネシアのボタンです。
可愛いボタンです。

そうそう、今我が家にはリッパーがなくて、何かと苦労しました。
最近2つほど壊した記憶があります。刃が折れてしまったのです。
立派なリッパーを買ってこなくては…。いや洒落というか、枕詞的?リッパーと言おうとすると、つい立派なリッパーと言ってしまうのです。実際リッパーは立派だと思います!
そして私はボタンホールをリッパーでつーっと空けるのが好きなのですが、今回はリッパーがないので果たせず。カッターで切りました。

ボタンホールと言えば、ボタンホーラーも立派ですよね。まきまきと同じくらいすごいと思います!あえていうなら、どこが最初でどこが終わりなのかがいまいちわかりにくいことでしょうか…。もうちょっと改善できるのでは、と思いますが、とにかく直線ミシンでボタンホールを労せずして作ってくれてしまう、ボタンホーラーは立派。ちなみに洋裁の先生に眠り穴用はいまいちと言われたのでコマを買っていません。鳩目穴用は多分全サイズそろえたはずです。

そして今回実は、3つほどボタンホールを作って(穴はあけていません)、場所が気に入らなくて作り直しました。リッパーがないので、作ったボタンホールの糸をとることができず、現在このシャツは上から3つめまで、ボタンホールが2個あります…。いや、ダミーの方は穴は空いていないので、ホールではないですね。ボタンホールもどき。

早くリッパーを入手して、ボタンホールもどきをなくしたいです…。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/878-7ff786da
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫