カード織りのストラップ

 2014-04-06
三月の連休中に、『カード織りのテキスタイル・ストラップづくり』に入っていた糸で、ストラップを作りました。
しかし、カードは、これに入っていたカードではなく、Studio A Weekさんで買ったカードを使いました。

出来上がり。全体図。
カード織り二種全体

ちょっとアップ。
カード織り二種

最初に作ったのは左側。本の中で基本の織り図として紹介されているやつです。
多少よこ糸がゆるいところもありますが、これはまあ、割とまともに出来上がったのではないでしょうか。

で、この本に入っている糸はハマナカフラックス5色なのですが。茶色は…なかなか使いづらいかなあと思って、2本目は茶色を使っちゃうぞ!と決めました。
本の中の図案集に紹介されている一つが、真ん中を青くすると川の流れっぽかったので、じゃあ、両脇は地面ということで茶色に…。ということで作ったのが右側。
…今が何回転だったか忘れやすい織り方で…。よこ糸の打ち込み方が一定じゃないのもありますが、たぶん回し方も間違えていると思います。カーブが一定じゃないですからねえ。

経糸の準備に多少手間取りますが、全部で2時間もあれば1本作れるので、手ごろなクラフトですね!

そして二つ紐を作ったは作ったもののまだ何にもなっていません。とりあえずPHSのストラップかな、一本は…。

ところで、ここのところカード織りを話題にする中で書いた通り、大昔に図書館で借りた『紐を織る』を頼りに、試しにカード織りしたことがあります。
その時に図案をメモしたノートが残っていました。
カード織り図案昔の
せっかくなので次のページと、そのさらに次のページに今回のストラップの図案も書きました。これは、今回最初に作った方の図案。
カード織り図案今回の

こうしてみると、糸の通し方の矢印が、大昔のと今回ので逆のようです。
大昔は『紐を織る』、今回は『カード織りのテキスタイル・ストラップづくり』にのっとって図案を書いたので、本によって矢印が異なるのか、大昔私が間違えて書いたのか。

…実は、カード織りの図案もExcelマクロで作りたいという野望がありますが、困っていることが二つ。

まず、糸の通し方の矢印。斜めの矢印って環境依存だから使えません…。↑とか→で代用するのか…。どうしましょう。…と悩んだので、今回書いたノートには斜め矢印以外にも、↑とか↓も書いてみました。→とか←の方がいいかなあ…。

もう一つは、糸の通し方によって、出来上がりの経糸が斜めっぽくなるわけですが、Excelだとそれが表現できないこと。

同じようなことをブンデンローゼンゴンのマクロでも悩んでいます。多少斜めになることで、(目がある図案だとしたら)つり目になったりたれ目になったりして、表情が違うはずなんですけどねー。Excelではそれが表現できない。

Excelマクロじゃないもので作るしかないでしょうか…。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/865-f1d9e137
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫