『世界の織機と織物』

 2013-05-04
大阪のみんぱくで去年の秋に行われていた『世界の織機と織物』展。
写真禁止で図録もなし。私だけでなくあちらこちらで「図録が欲しい!」……という声が聞こえていましたが。
その声におされたのか、図録が出ました!

特別展「世界の織機と織物」関連書籍『世界の織機と織物』

ツイッターで教えていただかなかったら、出たことに気が付かないままでした。有難い有難い。

判型:A5版変形、とありますが、A5より、縦が1cm位長いでしょうか。
厚さは2.6cm位。表紙は赤系の紙に銀で印刷+銀箔。
見た目の割には軽いです。

本編は右綴じ側で、208ページ。白地に黒と赤の2色刷り。
内容は、目次から大項目だけ拾うと以下の通り。
1.織物とはなにか
2.織りのカラクリ
3.織機の型式と分布
4.織りの歴史の光と影
5.手仕事への回帰

資料編が左綴じ側で、183ページ+5ページ(ノンブルは1~183だけど、その前に中表紙+目次で5ページある)。1色刷り。
内容は、展示されていた織機の写真+図解。写真は、展示していたものの写真だったり、現地の人が使用している写真(展示中も掲示されていたものかな、と)だったり色々です。
あと、素材のページもあるのですが、ここは写真がなくて、絵と文字説明だけなのが残念です。

本編も資料編も、図解が多いのがとてもいいです。写真だけだとよくわからないですから……。

定価は4455円。
私はミュージアム・ショップの通信販売で購入しましたが、送料は400円でした。送料については、ところにより差異があるかと思います。
スポンサーサイト
コメント
良い情報ありがとう!
早速購入しました。
【2013/05/11 23:38】 | 千葉のHさん #79D/WHSg | [edit]
こんにちはー。
情報が回りやすいのがインターネットのよいところですよね!
【2013/05/12 12:19】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/810-3eb54405
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫