『世界の織機と織物』

 2012-11-28
あちこちのブログで絶賛されていたみんぱくの『世界の織機と織物』展。大阪なのでどうしようかと思いましたが、11/25にえいやっと行ってきました。
日ごろ貧乏旅行ばっかりしていますが、今回は日程が厳しかったので、行きも帰りも新幹線の日帰りという、私にしては贅沢な旅でした。

朝六時過ぎに家を出て、みんぱくに辿り着いたのが、11時過ぎ。間違えて自販機でみんぱくの常設展のチケットを買ってしまったのですが。
世界の織機と織物チケット
もしかして特別展のチケットを普通に買うと、ほかのと同様、太陽の塔の写真のチケット(写真右)なだけですね?
私は太陽の塔の写真がついた常設展のチケットを持って、特別展示館に行って、「お直り券」(写真左)というものを発行してもらったのですが、そっちのチケットは特別展のポスターの写真と同じ写真だったので、ちょっと嬉しかったです。間違えて正解だったかも(笑)。

さて、展示ですが。概ね、織りかけのものがかかっている機(人形が織っている様子を示している)、その機で織ったものが展示されていまして、場合によっては、その機の傍でその土地の人がその織機で織っている映像が流れていました。
あれだけ、一度に機を見る機会はそうそうないんじゃないかなと。
あと映像も貴重。ものによっては織機の構造や織り物の構造がCGで表された映像も入っていまして、大変わかりやすかったです。
あれ、資料として、まとめないんですかね……。カタログとかないかなーと思いましたが、全然ありませんでした。学術的な報告書としてはまとめるかもしれないようですが(月刊みんぱく8月号による)。
まあ、手元に資料としてあるのも有難いですが、それよりやはり、実物を何度も見られる状態になっているとより有難いですけどね。常設展示されるのは難しいのでしょうか……。

展示について、難点を述べるとすれば、スペースの問題だと思いますが、説明書きがどれについての説明書きなのかわかりにくいものがあったことです。
あと、織機を置く都合上仕方がないのかもしれませんが、映像や織物などがほとんど床に配置されていたので、じっくり見て回ったら腰に来ました(苦笑)。しゃがみこまないとよく見えないんですもの……。

さて、からだ機、手機、足機……を見て。身体が痛くなりそう、と思いました。相当無理な格好で織ると思われます。

織りの素材を見て。……人間なんでも糸にするのねーと思いました。まずびっくりしたのがリュウゼツランです。東南アジアで糸として使うらしい。まあ葉っぱから繊維を取り出すのは普通の行為なのかもしれませんが。
しかし、ツキノワグマの毛。……これを糸として使ったのは日本人らしいです。……やるな、日本人。
イタリアでは、タイラギガイという貝の足糸も使うらしいです。……なぜそんなものまで……。
しかし一番驚いたのは、ヤマアラシの針毛! これ、織機の案内のところで映像も見たんですが、どうも、染めたものをはさみこんで、柄にするために使っているようです。見たところビーズ織りみたいな出来上がりでした。でも反対側は、とげとげ出たままなんですよ。剣山みたいなものが出来上がります。……装身具だったと思うのですが、どうやって使うのでしょうか……。柄が出るように巻くとしたら、針が当たって痛いのでは……。

あとは、杭機のところで、綾織りのチェックを見て「おお?」と思いました。原始的な織機って、基本平織りばっかりかと思ったらとんでもない。ちゃんと綾織りもしていました。
そして色々な織機を見て。柄を出すのは……結局のところ根性なのね!と思いました……。根性……私には持ち合わせがありません……。

あと、世界各地で結局大体同じような構造の織機なんですかね。ある程度伝播したのか、それともそのようにしか発展のしようがないからなのでしょうか。

1階、2階を一通り見た後、「進化した織機」のコーナーを見に本館に行きました。豊田式人力織機については、豊田佐吉記念館で体験させてもらったタイプの織機だったように思います。

それからそのまま本館2階の常設展に行きました。常設展でも織機や染め関係のものもありました。しかも、特別展は触るのも写真も禁止ですが、常設展は写真OK、手前にあるものは触ってもOK。
織機もいくつか見ましたが、一番気になったのは雲南の絞り藍染めのコーナーでしょうか。蝶絞りの技法の説明が、途中経過の布付きであったんですが……、何をどう絞るのかよくわかりませんでした。……試してみるしか?……いや多分やりませんね……。

ショップにも寄りました。
戦利品
前述どおり、特に今回の展示のカタログのようなものはなかったのですが、月刊みんぱく8月号で、特別展の予告のような記事が載っていましたので、それを購入。あと、スピナッツ79号の抜粋号(原始機の構造がよくわかる号)、81号の抜粋号(カード織りの特集号)、Y字リリアン、お土産に「みんぱくクッキー」を購入。

そんなわけで本当にピンポイントでみんぱくにだけ行った旅でした。時間的余裕がなかっただけですが。何しろ往復10時間。

最後にせっかく大阪万博記念公園なので、この写真を。
夕日に照らされた太陽の塔
スポンサーサイト
コメント
アップ待ってました!
ほんとにお忙しい中やりくりしていかれたんですね。
ヤマアラシの針は、織り上がったあとパチパチ切るみたいですよ。
あんなに痛かったら、武器にしかならなそうですもの。
つやつやしてきれいで、確かにビーズっぽいですね。
柄を出すのは根性、っていうの、ナイスです。
この特別展の目録、あと出しでもいいからぜひ出してほしいですよね。
Riko さんは豊田佐吉記念館に行かれたことがあるんでですね。
そこでは木製人力織機が触れるんですか!
トヨタテクノミュージアムはおねえさんがしょっちゅう実演してくれるものの、見学者が触れるものではなかったです。
いいなぁ!
しかも浜松には楽器博物館もあると。
こんどは浜松にも行かねば!と思いました。
【2012/11/28 09:56】 | 斑入り山吹 #79D/WHSg | [edit]
みんぱく、私も行きました。
ヤマアラシの針は織ったあとで裏側を切って布か何かを張るらしいですよ。
そばで監視をしている男性(制服を着ていたんですがガードマンさん?)が教えてくれました。
展示企画した方だったかに聞いたらしいです。
あと、無理な体勢で織るのでダントツだと思ったのは、織っている布の下側にいて先のほうを自分の足で支えて体をくの字に曲げて織っている人。
どこの国だったか忘れましたが、腹筋がかなり鍛えられそうだなと…
展示物の撮影がOKだったらまだ良かったですが、駄目だってことならせめて写真付き展示目録がほしいですよね。
【2012/11/28 10:15】 | Lyra #79D/WHSg | [edit]
ヤマアラシの話、ひと足先にいれちがいで斑入り山吹さんがもう書いていらっしゃいましたね(汗
【2012/11/28 10:21】 | Lyra #79D/WHSg | [edit]
とうとう行っちゃいましたか!(笑)
人間何でも糸にしますね~(笑)リュウゼツランといえば私はテキーラしか思い浮かばないけどあれはたしかメキシコの方だったような気が?
東南アジアのは種類が違うのかな?
私もそろそろ織りを始めるためにまずは糸染めをしようと色々準備中です(笑)
何とかこの冬の間にマフラー1本作りたいと思ってます!まだ織り機はありませんが(爆笑)
では、また~。
【2012/11/28 23:03】 | バイオリン王子 #79D/WHSg | [edit]
> 斑入り山吹さん
コメント有難うございます。そうでしたか!切るのですね。そうですよね、武器ですよね、そのままだったら……。一体何故あれを使ったのか。動物性でよく染まるから?……と思っていたのですが、そうか、つやつやして綺麗だからですかね。
はい、目録、DVD付きで出して欲しいです。
豊田佐吉記念館の、休憩所みたいなところにあったやつは、織っていいようでした。展示コーナーのは触れませんでしたけど。なかなか感動します!
楽器博物館もかなり楽しめましたよ!
【2012/11/29 08:35】 | Riko #79D/WHSg | [edit]
>Lyraさん、
コメント有難うございます。
turumarumonさんもツイッターでとヤマアラシの針の始末方法をコメントしてくださったのですが、やはり警備員さんに教えてもらったとのこと。みんぱく、警備員さん、フレンドリーですね!いいなあ。
あと、無理な体勢!思いました!あれ腹筋鍛えてますよね!(笑)
そして目録はやっぱり欲しいですよね、写真・DVD付きで。DVDには会場で流していたものを是非。
【2012/11/29 08:51】 | Riko #79D/WHSg | [edit]
>バイオリン王子さま
コメント有難うございます。
行っちゃいました。だって会期終わりだったんですもん!
ほんと、何でも糸にしますね。
尚、SPINNUTS79号によると、棒と箸とヒモと糸があれば織れるとのこと。織機がなくてもいけます!(笑)
いや、展示会見てきて、高機偉大!卓上機コンパクトで素晴らしい!と思ったところなので、入手はオススメしますが、一応なくても織れますよ、と情報提供をしておきます!(笑)
【2012/11/29 08:56】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/786-60a73f53
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫