ステンドグラス 羊の手織り布 二人展

 2012-10-27
26日(金)、目黒での二人展に行って来ました。
職場から近かったので、仕事帰りに行けました!

多分18:30前には着いていたと思うので、また1時間はお邪魔していた計算に……。
懐かしの羊服とか、お帽子とかも見せていただきましたし、着ていたシャツに合うボタンが欲しい!とボタンを探していただいたりもしました(^^;。
新作のつのつのマフラーは触ってみて、軽さにびびったりもしました。つのつのがついているのに、軽いんですよ、本当に。
あと、多分今回初めて拝見したキャンバス織りのショールが目につきました。
それと緯糸の色がところどころ違うだけで、模様の表情が異なる綾織のショールとか。ああいう縞も可愛いなあ。

それからステンドグラスが一緒に展示されていたのですが。案内ハガキの作品がかなり渋いのですが、全体に渋い感じの作品でした。こういうのもあるのね、ステンドグラスって、と思いました。きのことかおうちのステンドグラスは可愛かった!
窓際に置いてあった和風の衝立は、日光が当たるとまた表情が異なるそうで、昼間にも見たかったですね。

あと、お話も色々させていただきました。つのつのマフラー制作の苦労とか、
毛は部屋一つ分もあるのに、つのつのマフラーのために新たな原毛が欲しいとか。私とはレベルが違うのですが(笑。だって私は部屋一つ分も毛ありませんよ!)やはり、皆様、あるのに欲しくなる気持ちは一緒ね、と……(苦笑)。

他にも、シーズンに入ったフィギュアスケートの話とか(笑)。ええとけっこう長いことスケートの話をしたような……。

それから、栗の渋皮染め、どうでしたか、と訊かれましたが、ちょうど出先紡ぎ用にスピンドルと栗の渋皮染めをした原毛を持っていたので、見ていただきました。
持っていたのは桜楓スピンドル。一番お気に入りのスピンドルです。よく回るんですよ!

で、渋皮染めの原毛を紡いだ糸をどんな作品にするかとか、また別の話ですが服地を織る場合のこととか、いろいろ助言をいただきました。

……でも毎回色々助言をいただいて、全然、生かせてないんですけど……。うう。生かせていないというか、織っていないというか……。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/776-77f69404
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫