ストックホルムの北方民族博物館&スカンセン

 2012-05-18
5/1にヘルシンキからストックホルムへ移動。
5/2に博物館二つに行きました。

まずは楽しみにしていた北方民族博物館。背後のお屋敷というかお城が博物館です。
北方民族博物館
7年前にあまり期待せずに行ったのですが、「おお!織り人編み人必見!」……と思った程感動しました。
まあ16世紀以降の生活を偲べる場とあって、通常の展示にも織物はあるわけですが。
北方民族博物館 展示物
あと、こんなミニチュアの展示なんかもありました(この写真だとミニチュアだか普通のサイズだかわかりませんね……)が。
北方民族博物館 展示物(ミニチュア)

やはりこの博物館で特筆すべきはこの部屋です!
北方民族博物館 引き出しの部屋
両サイドが引き出しになっていて、開けると編物や織物が入っています。このように。
北方民族博物館 引き出し内部1
北方民族博物館 引き出し内部2北方民族博物館 引き出し内部3
北方民族博物館 引き出し内部4
北方民族博物館 引き出し内部5
ただ、7年前は片側の引き出しは編地、もう片側は織り地だった気がするのですが、今回かなり編み地が減っていた気がします。あと、引き出しがもっと小さくて、サンプルみたいなのがいっぱいだった気がするのですが、それは気のせいかも。でもまあ中に入っているものは入れ替えている可能性大。
あと、7年前はなかったのですが、真ん中に(写真でわかるように)PCが置いてあって、説明とかを見ることができるようでした。

それと、行く前に聞いていたのですが、5/9から北方民族博物館では織りイベントをやるってことだったんですよね。行くのはその前なので残念に思っていたのですが、何と準備をしていて、準備状態をいくらか見ることができました!こちらはそのイベントの案内。
北方民族博物館 織りイベント
全体像。上の階から撮影。織機がいろいろ並んでいます。
北方民族博物館 織りイベント全体
現時点で展示されていたものもバシバシ撮影してきました。
……が。この博物館、カメラ禁止とは書いていなかったので撮影してきたわけですが、収蔵物はともかく、作品はWebに載せていいものかな……? よくわからないので、載せるのはやめておきます。
「こういうのやりたかったのよ!」と思ったような作品があったということだけ。

ところで、北方民族博物館は、荷物をロッカー室に預けて回ることができますが、そのロッカー室に向かう途中にあったもの。
北方民族博物館 タペストリー
ちょっとステンドグラスっぽくないですか。タペストリーなんですが。

そんなわけで、今回も楽しく北方民族博物館を回りましたが、一つ残念なことが。前回はこの博物館内のshopで織りの本を買ったのですが。今回ほとんど織りの本がありませんでした。むむ。

さて、北方民族博物館の後、野外博物館(スカンセン)に行きました。もしかして中に織機とかあったかもしれませんが、普通の回り方をしなかったので、展示物についてはわかりません(苦笑)。織り関係で特筆すべきことというと、館外にshopがあるのですが、そこにハンドカーダーとスピンドルがありました。
ハンドカーダーは持っているし、スピンドルも(持っている)アシュフォードの白木スピンドルっぽい感じで、特に心惹かれなかったので、買いませんでしたが。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/738-5093246a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫