お昼寝マット

 2011-08-06
私はロフトベッドで寝ていますが、風の通りが悪いので、夏は暑いです。今年も床で寝ることが増えそうだな……と思って、暑くなり始めた頃、床に敷く用にマットを織り始めました。
こういうのを「ドロナワ」というのでしょう……。幸い、台風が来た後はけっこう涼しく、ちゃんとベッドで寝られる日が続きました。そして、また暑くなった今日、どうにか出来上がりました(でも夜は今のところそんなに暑くない……。今日は使用せずに済むかな?)。

というわけで、タイトルは「お昼寝マット」ですが、実際は、夜寝る用です……。

マットを織るぞ!……というわけで参考にしたのは『The Big Book of Weaving』の表紙にもなっているRag Rugです。まあ本では8枚綜絖で縦縞にしていましたが、うちの織り機は4枚綜絖なので、縦は色を変えず、横縞にしました。

さて、出来上がりはこんな。
お昼寝マット表
一見、無事水色と青の縞縞で出来上がったようですが、実は途中で、緯糸が足りなくなりました。
というか「これは確実に足りなくなる!」と思ったので、途中から裏はピンクのシーツを使いました。

お昼寝マット裏も見えます
二重織りで裏があるので、表からは一見普通!という技が可能でした。まあ、二重になっているんだよ!と示せるので、裏と色が違うのもいいんじゃないかなーと。

お昼寝マットアップ
織り地をアップで見るとこんなで、若干裏がピンクなのがわかります。まあ、この程度ならいいかなー。

まあ水色のシーツについては、リップスマットの緯糸にも使っていたので。それがなければシーツ2枚で足りたかもしれません。

ちなみに裏がピンクの部分が今日織った分です。……ということは、その気になれば三日くらいで出来上がるということでしょうか……。


仕上がり予定サイズ
170cm×55cm
経糸総本数
150本(2本取りで)
整経長
240cm
通し幅
58cm
筬目
5目/cmの筬を使用。経糸密度は2.5/cm。
使用した糸
経糸 たこ糸 & アナンダさんのラグ用たて糸 No.44
緯糸 3種類の古いシーツを幅2cmに裂いたもの。大体2枚分位。
組織
二重織り
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
2011/07/17~2011/08/06
織り上がりサイズ
161cm×55cm(房を含まず)


想定と長さがかなり異なりますが、織り機から下ろしたら思ったより縮んだのでした。まあ161cmあれば、概ね身がおさまるので、寝るには問題ありません。


参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
や行:緯糸

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/698-c1d77b27
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫