2016-09-06

すうぇいるでいる【スウェイルデイル】
羊の種類。英国北部の山岳部に住む。白髪っぽい毛質で、軽い。
参考:ポンタさんの羊の手帖
(2008/02/16記)
すうぇでぃっしゅれーす【スウェディッシュレース】
スカンジナビア起源の古いレース織り。奇数の糸からなるレース部分と奇数の糸からなる平織り部分で構成される、、、ようなことが参考とした本に書いてあるような気がする。
参考:『The Handweaver's Pattern Directory』
(2008/05/15記)
すーぱーふぁいんめりの【スーパーファインメリノ】
メリノのうち、より番手が細く80s位のものをファインメリノといい、更に細くて100s位のものをスーパーファインメリノという……のだと思われる。(2007/9/30記)
すかーてぃんぐ【スカーティング】【Skeirting】
毛刈り後のフリースから、ゴミや汚れのひどいところを取り除く作業のこと。
参考:『はじめての糸紡ぎ スピナッツの本棚・2』
(2008/10/31記)
すかーど【スカード】
原毛の加工状態の一つで、グリージーを洗った状態。かたまりやゴミはついたまま。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2006/09/27記)
すかしおり【透かし織り】
→からみ織り
参考:『生活実用シリーズ 簡単手づくり 裂き織り小物』
(2005/12/19記)
すかんじなびあ【スカンジナビア】
羊の品種の一つ。その原毛には白いものと、青みがかったグレーのものとがあるらしい。(2006/09/27記)
すぎあやおり【杉綾織り】
杉の葉のようなV字型をVVVVVVのように連続して織り出す織り方。綾織りの綾線の向きを等間隔で逆になるように織る。英語ではニシンの背骨の形に似ていることからヘリンボーン(HERRING BONE)と言う。(2010/12/16記)
すきっぷおり【スキップ織り】
浮き織りの変形。数段続けて同じ経糸をとばして織り、次にさっきと違う経糸をとばして織る……を続ける織り方、かと思われる。
参考:『もっと手軽に手織りを楽しむ―いろいろな織り方がわかるレッスンつき』
(2009/4/29記)
すくいおり【すくい織り】
柄の部分を地糸とは別の糸ですくって織る織り方。縫い取りや引き返しもこれの一種。考え方によっては、綴れ織りもこの一種。(2006/3/23記)
すこっちてんしょん【スコッチテンション】
シングルドライブ(2005/11/6記)
すてぃーぷる【スティープル】【staple】
結合したひとかたまりの羊毛の房。結合するのはバインディングファイバーによる。
参考:『ホームスパンテクニック』
(2016/09/06記)
すていん【ステイン】
ダメージウールの一つで、黄ばみなどの洗っても落ちない色のこと。
参考:『羊の手帖』
(2009/12/5記)
すており【捨て織り】
織り初めと織り終わりに別糸(捨て糸と呼ぶ)で何段か織ること。織り機から外した時にほどけなくする役割がある。また、織り初めに捨て織りをすることで、経糸の間隔を均等にする働きもある(というか、経糸の間隔が均等になるまで捨て織りをするとよい)。(2005/10/18記)
すぱにっしゅむすび【スパニッシュ結び】
パイルの結び方の技法の一つ。模様の細かい部分に用いる技法で、一本の経糸に絡める。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『手織りの布がある暮らし 贈り物のゆくへ』……「いろいろなもじり」として出てくるが、「いろいろな結び」か何かの誤字だと思う……。
(2006/4/16記)
すぱにっしゅれーす【スパニッシュレース】
緯糸を行ったり来たりさせることで経糸を束ねるように織り、織り地に空間を空ける技法。
参考:『手織りの布がある暮らしII 羊たちからの贈り物』
(2006/4/10記)
すぴっせはっく【スピッセハック】【Spisse Hakk】
ノルウェー独特の技法。スピッセは「とがった」、ハックは「かみ合わせ」。綴れ織りで左右の色が違うところが、ギザギザに見えるように織る手法。
参考:『BILLED VEV―矢吹恵子の絵織物バッグ』
(2009/5/2記)
すぴんどる【スピンドル】
紡錘とも。紡ぎのための最も簡単な道具。コマの軸を長くしたもので、コマを回すことで糸を紡ぐ。(2005/11/6記)
すぺーすおり【スペース織り】
→空き羽
経糸を通さないスペースができるようにした織り方。(2005/10/17記)
すまっく【スマック】【Soumac】
ローパイル織りの技法の一つ。経糸に緯糸をからめていく。Soumacは多分ノルウェー語。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『BILLED VEV―矢吹恵子の絵織物バッグ』
(2005/09/29記)(2009/5/2追記)
すらいばー【スライバー】
原毛の加工状態の一つ。刈り取った原毛を洗って、カーディングした状態のもので、ごみはまだいくらか残っているような状態。(2006/4/7記)
すり【スリ】【Suri】
スーリーとも。アルパカの種類の一つで、垂れるように毛が長い方。色は淡色。もう一方のワカイヤと比べると、毛が細く、若干長く、弾力はあまりないが、光沢がある。(2007/12/13記)
すりこみなっせん【すりこみ捺染】
絣の技法の一つで、通常は糸をくくってそこを染まらないようにするが、すりこみの場合は模様を刷り込んで絣とする。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
すりっと【スリット】
把釣(はつり)とも。綴れ織りで、毎段同じところで折り返すと、図柄と図柄の間に隙間ができる。その隙間のこと。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』(2005/09/28記)
すりっぷうぇーぶ【スリップウェーブ】
日本で言うところのよろけ。→よろけ(2006/4/13記)
すりんげる【スリンゲル】
経糸を交差させてそこに緯糸を通す手法。からみ織りと同じ……と思う。
参考:『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
(2006/3/6記)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/638-ccb0c9a2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫