スリッパの試し編み

 2010-05-19
もう二年前なのですか。作ったアクリルたわしシューズ 第3弾。母はずっと愛用してくれていました。
そして穴が空きました……。二重底なのに、二枚とも貫通して穴が空きました。「履きつぶした」という状態です。
しかし母は言いました。「修理して」。

それで金曜日の夜中、せっせと片方分解してみました。そうしたら(丸ごと洗濯機で洗ってはあるのですが)相当なゴミが。特に二重底の間にはかなり髪の毛などが入り込んでいました。さすがアクリルたわし。

分解した状態で洗えば綺麗になるか?いやしかし……

と考えた結果、翌日母に訊いてみようと思って分解したものを廊下の、母の部屋を出たところ(起きてすぐ目に付くように……)に並べて寝ました。

で、廃棄・新規作成、と決まりました。
また、ジャンボニーを買って同じ物を作ろうかなと思ったのですが、何しろ糸は沢山あります。手持ちの糸で作れないものかと前と同様この本を検討しました。
手あみのルームシューズ 改訂版 (レディブティックシリーズ no. 2775)手あみのルームシューズ 改訂版 (レディブティックシリーズ no. 2775)

ブティック社 2008-11
売り上げランキング : 216061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、珍しくゲージもとって、土曜日の夜、手持ちの並太毛糸で試しに片方編んでみました。
スリッパ試し
今回はフエルト底も導入しました。そのおかげもあってか、わりとしっかりした作りです。これ自体は悪くもないと思ったのですが、どうも足にぴったりすぎ……(写真は私の足)。おそらくそういうルームシューズなのですね、スリッパなわけではなく。
母は靴下を履きたい筈なのでこれではダメかもしれない、と、また廊下に出しておいて寝ました。

翌朝聞いたところ、やはり小さいということになりました。前のジャンボニーで編んだ形がいいそうです。でも毛糸は手持ちのでいいわよと言うので、並太毛糸を何本か引き揃えて編みますかねえ……。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/584-61f3de4d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫