昼休みの玉巻きと上司

 2010-05-08
金曜日の昼休みのこと、紡いだ茶綿をTちゃんと二人がかりで慎重に玉巻きしておりました。
すると通りがかった上司のYさんがわざわざ立ち寄って来て言いました。
「撚りをかけているの?」
ちなみに上司といっても直接の上司ではなく、その上の上の上司です。
そのYさんは、昔、紡績関係の仕事をしていたそうで、撚ると糸になるとか、そういった基本的なところは知っています。というか詳しいです。

玉にしているので、撚りをかけているわけではない、と説明しましたが、結果的に撚りが入るのではないか、と言われました。
いやでも、これがこう玉になるだけだから……と説明して、一旦は通り過ぎて行かれたのですが。
帰り道にまた立ち寄って言いました。
「やっぱりほどく時に撚りが入るよ!」
そして突然、首からネクタイを外し、手に巻きつけ、それを内側から引っ張って、「ほら、撚りが入る!」。
「お、おお!」

Yさんは釣りをされるそうですが、釣り糸?が、内側から出すタイプだと、いっつも撚りが入ってぐちゃぐちゃになってしまうんだそうです。

というわけで玉の内側から糸を出すと、撚りがかかる、ということを上司のネクタイで実証された日でした。

参考用語
や行:撚り

スポンサーサイト
コメント
試してみないで憶測ですみません。
糸を糸玉の内側から抜くか外側から抜くか、ではなく
上から抜くか、下から抜くか、で
より撚りがかかるか戻るか、違うんじゃないでしょうか…?
【2010/05/09 10:08】 | 斑入り山吹 #79D/WHSg | [edit]
>斑入り山吹さん、
コメント有難うございます。
まあ、上から出すか下から出すかで、S撚りかZ撚りかなので、糸だったら確かに追撚になるか、撚りを戻すかの差はあるのですが、何しろモノがネクタイで、最初の状態で無撚りなので、上からでも下からでも撚りが入りました(^^;。
【2010/05/09 17:41】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/581-33725e9d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫