桜と桃の残液で染める

 2010-03-24
3/22に、綿糸を染めた残液で、メリノの原毛を染めました。
桃で30g、桜で70g。

助剤入れてみょうばんで先媒染、それから染め、の順でやりました。

桜と桃の残液で染める

左が桃、右が桜。
桃は心持ち赤みが残って薄いオレンジ色ですが、桜は赤みがほとんどなくて薄い黄色です。いずれにしても可愛い色です。
でも、赤みが減るのは、残液だからかなあ……と思っていたのですが。

23日、箕輪直子さんのブログでちょうど桜染め画像がUPされていまして。それによるとどうもウールは絹や綿に比べると赤みが少ないですね。そういうものなのかも。
ちなみに、先日ちょっと話題に上がったアルカリ抽出についても、こちらで記載されていました。何日か前のブログに胃薬を入れるってあって、それは何事!?と思っていたのですが、そうですか、重曹でしたか……。

それと、アルカリ抽出したら、染めの時には酸で中和する、と書いてありますね。「おや、そうなんだ。やらなかったわ。というか原毛は最後に酢酸で洗うものだけど、それすらも『ま、いっかー』とやらなかったわ」と思ったのですが、酸で中和する話は、『ハンドウィービング―手織りの実習』に書いてありました。

えーと、今、自分なりの染め手順を確立しようと、あちこち見ながらまとめをしているところなので……そのメモにはアルカリ抽出したら酸で中和、と書いておくことにします……。


染めたもの
メリノスライバー30gと70g
媒染剤
生みょうばん  助剤に酒石英
参考書籍
『草木染―四季の自然を染める』


参考用語
あ行:アルカリ抽出法
か行:原毛
さ行:先媒染、酢酸処理、酒石英、助剤、スライバー、ソーダ灰
ま行:みょうばん、メリノ

スポンサーサイト
コメント
はじめまして。
じぇんねさんのブログのコメント欄から
飛んできました♪
桜染め難しいですよね。
私も昨年初めてチャレンジした時
色々調べましたが
アルカリ抽出が良いとどこかのブログで
紹介されてて
自宅の浄水機がアルカリイオン水が出てくるものでそれで抽出したんですよ。
で5日間抽出・冷ますを繰り返して
消石灰を入れた後2週間寝かせて
酸性になるよう熟成させました。
最後はミョウバンで媒染させたら
ベージュっぽいピンクになりましたよ。
桜染めって本にも出て無いし
手間がかかるけど上手く色が出た時の
感動って他では味わえないと思います。
【2010/03/24 23:37】 | るこ #79D/WHSg | [edit]
>るこさん
コメント有難うございます。
ほう、浄水器のアルカリイオン水ですかー。
先日「本日は染めの日」のコメントで書いたんですが、私もひと様のブログでアルカリ抽出がいいと知りました。で、いろいろ調べて、私の場合はソーダ灰を投入しました。媒染は私もミョウバン。
桜染めは手持ちの本だと、
『草木染 四季の自然を染める』
『草木で染める 軽装版』
に、落ち葉で染める方法が。
『草木染め Enjoy! Natural Dyeing』
に、枝や葉で染めるというのが出ています。
まあでも、とりあえず何でも煮出してみてしまう、アバウトな私でした……。
【2010/03/25 00:17】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/567-1c173bc2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫