綿糸を煮る

 2010-01-20
くちなし染めの傍ら、紡いだ綿糸を煮ていました。

綿糸を煮る

煮たのは以下の通り。
2008年度収穫和綿
カリフォルニアオーガニックコットン ミックス
カリフォルニアオーガニックコットン ホワイト その1
カリフォルニアオーガニックコットン ホワイト その2
カリフォルニアオーガニックコットン ブラウン
つまり今までに紡いだうち生き残っているやつ全部です。

今の今まで綿の撚り止め方法がいまひとつわからず(蒸してみたりもしたものの)放置だったのでした。
なんだかごちゃごちゃの、鶴の部屋。さんで、綿の扱いを見かけたので、「小一時間煮ればいいのですね?」と煮てみたというわけです。

……茶綿と白綿は別々に煮るつもりべきだったでしょうか。

で、その後、つるしました。いつものごとく、あやしいオブジェです。
綿糸をつるす

黄色いやつは、くちなしで染めたやつです。

--
追記。記事を書いた後、参考にさせていただいたブログに、リンクはりました報告にいきがてら、もう一度記事を見たら、煮た後中性洗剤で洗うと書いてありました。……洗ってないですよ……。

参考用語
や行:撚り止め

スポンサーサイト
コメント
リンクご報告ありがとうございました。
かわいいオブジェですね^^
中性洗剤で洗うのはいつでもいいと思いますよ。
というか、出来るだけ薬品を使わないでやろうという勝手な手順なので、ほんとうはきちんと精錬したほうがいいんでしょうね・・・。
綿の撚り止めもいろいろやり方があるようです。
カセにしないでつむのまま、お鍋で煮たりされてるのも見た事あります。
手紡ぎの糸、かわいいですよね。
どんな物になるのか楽しみです。
頑張ってください。
【2010/01/20 08:38】 | おつう #79D/WHSg | [edit]
>おつうさん、
わざわざお越しいただき有難うございます!
木綿は脂肪分が多いのでちゃんと精練しろと、図書館から借りている草木染めの本に書いてあることを、今発見しました……。(くちなし染めの時、やらなかったですよ!)
撚り止めは、綿工房さんのHPの説明でもつむのままですね……。
【2010/01/20 23:38】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/546-0952fdb9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫