アルパカを紡ぐ

 2009-06-07
けっこう前に紡いでいた記憶があります。昼休みに。
このブログに載せている「スピンドルで紡いだ糸」の空き時期を考えると、12~1月に紡いだと思われます。

毛がまだまだあるし、スピンドルにもまだ巻けるし、ってことで「紡ぎ終えていない」扱いで、UPを見合わせていたと思われます。ですが、続きを紡ぐより前に、ここまで紡いだ分を双糸にしようかと思って、今更ですが、単糸状態をUPします。
アルパカ200812

紡いだ道具
堅木スピンドル
紡いだもの
アルパカ牧場で入手したランク2 ローズグレイのアルパカの毛
撚り
Z撚り
紡いだ量
29.68g
紡げた長さ
85.5m

毛番手でいうと2.88番手かと思いますが、アルパカは多分羊毛より重いです。見た感じはウールの2.88番手よりけっこう細いです。

ところで、アルパカ牧場で買ってきた粉石けん・サンダーレッドで、くれた説明書の通り洗ったのですが……どうも紡いでいる間も、糸になった今もねちねち感が。洗いが足りないでしょうか。
そもそも洗いとか縮絨とか苦手ですし……。


参考用語
あ行:アルパカ
さ行:縮絨、スピンドル、Z撚り、双糸
た行:単糸
は行:番手

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/455-d70164ed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫