2008-11-19

ら【羅】
からみ織りによる、網目状に透けた織物。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
(2006/3/24記)

半綜絖を用いて羅を織る方法は、以下のblogに詳しい。
 手織りの楽しみ | 羅の半綜絖の動き方
尚、このblogのこの記事前後の記事に羅の模様の写真がある。とても美しい。組織図もある。
(2008/11/19追記)
らーぬおり【ラーヌ織り】
フィンランドの織り方で、経糸が見えない位しっかりと緯糸を打ち込む。日本でいう畳み織りと同じ、とあるのできっとマット織りとも同じ。
緯糸の色を一回ごとに変えると、縦縞になる。
縦縞にしたものだけを見ると、ノルウェーでのシャーリングテンネルと同じようにも見える。
参考:『手織り入門―いろいろな織り方がわかる12のレッスン』
(2005/10/20記)(2006/3/29修正)
らのりん【ラノリン】
羊の毛に含まれる脂のこと。化粧品・医薬品・工業用用品として利用されている。(2007/9/30記)
らみー【ラミー】【ramie】
麻の品種の一つ。苧麻(ちょま)。いらくさ科。上布(越後上布など)はこれを細く績んだ糸で織られる。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2008/11/10記)

スポンサーサイト
コメント
はじめまして、羅のお恥ずかしい写真をブログで公開している志田です。
ちょくちょく来て勉強させてもらわなきゃ、と思っていたRikoさんのblogで紹介していただきビックリです。
ありがとうございます。
【2008/11/20 01:41】 | 志田千尋 #79D/WHSg | [edit]
過分なお言葉を有難うございます。
恥ずかしくないですよ!すごく綺麗ですよ!いやもう、感動するほどです。
【2008/11/21 08:09】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/391-378f8bd0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫