アトリエ・ダーラヘストさんの1日体験講習会

 2008-05-01
本日、アトリエ・ダーラヘストさんの1日体験講習会に行って参りました。
HPで拝見する作品が(写真も!)とても素敵で、実用的なものを作るというところもとても気に入っていて、教わりに行きたいなあと日々思っていたのです。特にブランケットの時にもんのすごく「お、織りたい~」とうずうずしたものです。
今回一日講習があるというので、飛びつきました。

体験するのはスウェディッシュレースのストールです。

ところでどきどきわくわくと向かう道中……腹痛を起こしまして。どうにか辿り着くまでにはおさまりましたが、遅刻寸前でしたよ……(^_^;。あ、講習中も痛まずに済みましたが、どうも焦って辿り着いたもので織っている間も焦り気分が抜けずせかせかしていました……。他の方々が織るの早かったから余計かも……。

織り機
これが使わせていただいた織り機です。天秤式の足踏みタイプは初めて使いました。とても大きかったです。これを所有しようと思ったら、織り専用部屋を用意しなくてはなりませんね……。四畳半あれば入る、とのことです。……四畳半……。

私は車杼(ボートシャトル)を一回しか使ったことがないのですが、
「そーか、ボビンは紙でもいいのかー」とか
「なるほどそう使うと効率的なのかあ!」とか色々得るものがありました。で、「板杼ばかりでなく車杼も使おう!」と思ってみたりしました。いや私が板杼ばかりなのは緯糸が太いことが多いからですが……。
杼のことだけではなく「はっそこを引っ張ればいいのかっ!」とか、お前何年織りやってるんだ……的な開眼をしたところも……。

ともあれ、思ったよりさくさく織れてしまいました。「一日で1.6m?織れるのか……?」と思っていたのですが。経糸の準備がしてあるからというのも大きいですが、車杼なので早いというのもあると思います。板杼だったらああはいきません。

えー、出来上がり図は次の記事で。

参考用語
あ行:板杼
か行:車杼
さ行:スウェディッシュレース
た行:経糸、天秤式
は行:ボビン
や行:緯糸

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/336-b6307676
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫