英国羊毛おためしパックのマンクスを紡ぐ

 2008-03-11
おためしパックからマンクスを紡ぎました。

マンクスは洗った状態がこうでした。
マンクス二重構造
茶色い毛と別に、もっと薄い色のストレートな毛が混じっています。「はっこれが噂の二重構造!?」
「引っ張ってみよう引っ張ってみよう!」
と、ストレートなところを引っ張ると。すーっと抜けました。

ポンタさんのホッチキスパーティで、原種に近い羊さんだと、そういう構造になっていることがある、と聞いたのです。
さすが、マンクス。原種に近い。

……ところで、二重構造の毛の場合、まっすぐな部分と、そうじゃない部分は……分けて紡ぐんでしょうか?そこのところを教わらなかったなあ……。分けて紡ぐような気もしましたが、今回は混ぜて紡いでしまいました。あ、混ぜると言ってもカーダーをかけたとかではなく、手でわしわしほぐしただけです。

マンクス
やわらかくていい感じです。


紡いだ道具
桜楓スピンドル
紡いだもの
スピンハウスポンタさんで購入した英国羊毛おためしパックのマンクスを自分で洗ったもの。
紡いだ時期
2008/3/4~3/9
紡いだ量
4.31g
紡げた長さ
46.5m

おお?細くは見えていましたが、10.79番手ですか。本当に細いですね。


参考用語
か行:カーダー
さ行:スピンドル
は行:番手
ま行:マンクス

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/316-0cd6d86b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫