『楽しんで、ナチュラル染色』

 2007-09-22
楽しんで、ナチュラル染色―子どもも一緒に楽しめる染色の本楽しんで、ナチュラル染色―子どもも一緒に楽しめる染色の本
松本 道子

文化出版局 2006-10
売り上げランキング : 36483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

購入したのは去年の秋です。同じ頃『草木染め―Enjoy! Natural Dyeing』も出ていたので、「あら、今草木染めが流行りなのかしら」と思ったものでした。……でも私が本屋で見つけたのはその2冊限りでした。
台所にあるものや、身近な植物で染めたり、色々な柄つけの仕方が載っていたり、布や糸以外も染めてみたりと、なかなか楽しい本です。「子どもも一緒に楽しめる」とあって、そう難しいわけではないのに、それなりに深いところまで説明がある辺り、私はとても気に入りました。
本の内容は以下の通り
台所で見つけた染料
タマネギの皮で木綿のハンカチを染める
ティーバッグでレーヨンのスカーフを染める
黒豆のゆで汁でカシミアのストールを染める
身近な植物で染める
ヨモギの葉やクズの葉で絹のスカーフを染める
マリーゴールドの花で麻のナプキンを染める
オリーブの枝や葉でウールの糸を染める
サルスベリ、五倍子、オオマツヨイグサ、クリのいがで厚手の木綿地をグレーに染める
青い渋柿で麻布を染める
カワラマツバ(アカネの仲間)の根で絹と綿の入ったスカーフを染める
タデアイの生葉で木綿のシャツを染める
ビワの葉でウールのストールを染める
クリの鬼皮で麻の布を染める
柄出しテクニック・簡単絞り
絹のスカーフを輪ゴム絞りしてクサギの実で染める
麻のランチョンマットをびょうぶだたみ絞りしてソヨゴの葉で染める
大和藍で、色々な絞りをして染め
柄をつける・ろうけつ染めと板締め絞り
大和藍で、蓮根スタンプ、ヤツデの葉を型紙にして染め、板締め絞り
柄をつける・オパール加工、抜染
紙で型紙を作り、オパール加工専用布を染める
藍染めの布を、藍専用抜染剤でふりかけ抜染
型紙を作り、藍染めの布を抜染のりで型抜き抜染
布や糸以外を染める
和紙を柿渋で
障子紙を大和藍や、スオウ・クチナシで
ウッドビーズをアカネやウコンで
ロウをココアやニンジンで
ブタの生皮をスオウや黄金花で
コチニールなどで、合繊を染める


参考用語
あ行:板締め、オパール加工
さ行:絞り
は行:抜染
ら行:ろうけつ染め

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/245-81c44d29
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫