くちなしの実の残液でメリノを紡いだ糸を染める

 2007-01-07
1/5にパウンドケーキとクッキーとアーモンドチュイールを作る傍ら、JOYで紡いだ8.5番手の糸をみょうばんで一時間かけて先媒染しました。
1/6に百人一首をしている間、くちなしの実の残液でそれを染めていたら。……百人一首に熱中してすっかり火にかけていることを忘れてました……。二時間位、鍋に入ってたかもしれません。
くちなしで糸染め
ちょっと色が濃いところは……焦がしたところです。
何しろ気が付いて鍋に駆け寄った時には、染料は全然残っていなくて、糸が鍋にはりついていたような状態でしたから……。

……前、撚り止めで蒸してて焦がしたこともありました。私って……。
ま、その時に焦がした糸は結局廃棄処分になったのですが、今回のはギリギリセーフで何とか使えそうではあります……。

媒染剤
みょうばん
参考書籍
『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』


参考用語
さ行:先媒染
ま行:みょうばん媒染、メリノ

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/181-cdd681ce
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫