メリノを回転比8:1で紡ぐ

 2006-10-14
今回は8:1なのですが。
何か細いのを紡ぐ以前にちゃんとした糸を作るようにした方がいいのではないかと思い、細さを考えないことにしてみました。
メリノ8:1

紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
8:1
紡いだもの
メリノ スライバー
紡いだ量
25g
紡げた長さ
120.75m
紡ぎ方
セミ梳毛糸。

4.83番手ですね。

えー、流石に今回は紡いでいる間に抜けてしまったところも少なく、ニディノディにまいている時に切れてしまったところも少なかったですが。

……かせにしてちゃんとねじると、いかに面白い糸になったかがよくわからないので、今回はニディノディから外したばっかりの状態で写真をとってみました。面白いことが(というか、よりよりなのが)わかるでしょうか……。

というわけで、やっぱり撚りが。ああ、何故こんなに撚りが。
トラディショナルだとそんなにひどくなかった気がするのですが……。

参考用語
か行:回転比、強撚
さ行:スライバー、セミ梳毛糸
な行:ニディノディ
は行:番手
や行:撚り
ま行:メリノ

スポンサーサイト
コメント
はじめまして、Candyと申します。
ちょくちょく寄らせていただいていました。
Rikoさんは織りをされる方と伺っておりました。
織りに使われるのであれば、甘撚りよりもどちらかというと撚りがしっかり入っているもののほうが、経糸に張ったときに切れにくいとか、織ったときの生地がしゃっきりする・・という利点があると思います。
でもそういうものも、紡いで、織って・・・という経験を基にしかわからないことだと思うので、ある程度の分量紡げたらお使いになられてはいかがでしょうか~?
撚りの強い、甘いは各人の好みもありますし、用途もありますし。 私の場合は、主に編みに使うので、双糸にして撚りが偏っていなければ・・・というくらいの気持ちで紡いでいます。
なんとなく・・最近のRikoさんの日記を読ませていただいて、人ごととは思えず出てきていました。
紡ぎはリラックス、癒しの道具だと思っています。
紡ぐことそのものを楽しまれてはいかがでしょうか~。
【2006/10/15 19:57】 | Candy #79D/WHSg | [edit]
コメント有難うございます。嬉しいです!
実は、前に何度かお邪魔していたので、初めましてという気がいたしませんが(^^;。
そうですね、織ってみることも肝要かもしれません。緯糸にするんだったら、どんな糸でもとりあえずマフラーにはなりますし!……でもそうするとマフラーばっかりできちゃいそうで……(苦笑)。さしあたり経糸に使えそうな糸を作りたいという目標が。
紡ぎ、癒されますよね。というか、原毛自体がけっこう癒しアイテムかと思っています。
【2006/10/15 23:18】 | Riko #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/155-e4646689
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫