第6回東京スピニングパーティー

 2006-09-27
今年も行ってきました、東京スピニングパーティー。
今年はワークショップやレクチャーにさほど心惹かれるものがなかったので、何も申し込まず、9/22の金曜日一日だけ行って来ました。
……それでもわざわざ休みをとって平日に行ったのは、一日で足りなかった場合次の日も行けるように、でした(笑)。まあ、結局土曜日は行かなかったわけですが。

去年は、ワークショップやレクチャーに色々でまくった結果、あまり買い物をしなかったのですが、今回は何しろメインが買い物。
「手は二個しかないんだから!」と3個目のスピンドルを買うのは我慢し、「原毛、3箱位あるんだから!」と原毛は……、スピンハウスポンタさんの「イギリス羊毛12種セット」のみにしましたが、糸は……5箱位持っていそうにもかかわらず、やっぱり買ってしまいました。
恵糸やさんでカシミヤ(これはしかし最初から買う気でした。去年セットで買って織ったのがよかったので、今年は自分のを織ろうかと思って……って、今確認したら去年購入したのはシルクカシミヤでした。おっと。今年はカシミヤ100%のマフラーか。
あとは手織り工房タリフさんで、タータンチェックのマフラーセット。なんかチェックはやっぱり好きで。チェックのマフラーといえば定番ですがちょうど今手持ちがないので、自分で織ってみるのもいいかなと思った……のですが、サンプルに触ってみたところ少し固めだったので、どうしようかなと思ってました。帰宅後、戦利品を母に見せていたところ「これスカートとかベストにいいんじゃない?」と言われ、成程と思ったので服地にするつもりです。確か量が足りなければ後で注文もできるとのことでしたし。
それから、アナンダの夏の講習会でご一緒した方とばったり会って「ここの糸良心的な値段でいいわよー」と勧められたのでつい買ってしまった、西銘通商さんのシルクウール2/24。……いえ、最近紡いだものを緯糸に織る場合の経糸にいいかなって……。

一応糸はこれだけで自制しました。

あと、スピンハウスポンタさんで木枠(織る方ではなく糸を巻く方の)を売っていたので、中古を二個ばかり購入しました。ニディノディを購入してからさほど必要ではなくなっているのですが、やはり絹を巻くには欲しいですし。

今年は晴海埠頭客船ターミナルホールでの開催でした。全部同じフロアでの開催で、その辺去年よりよかったように思いました。あと、東京駅から路線バスで行けて、便が良い辺りもよかったです。(去年の会場も路線バスで……行けなくはなかったと思いますが)

参考用語
か行:木枠、原毛
さ行:スピンドル
た行:タータンチェック、経糸
な行:ニディノディ
や行:緯糸

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://riko122.blog.fc2.com/tb.php/143-3335307d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫