宮廷文化・今昔物語

 2018-01-13
TwitterやFacebookでは「牛車が!」と騒いだりしていたのですが、写真も撮ったのでブログでも書いておきます(笑)。

東京国際フォーラムは私の通勤経路なのですが、一月出社時、カラフルなものが展示されていました。新春特別企画で、「宮廷文化・今昔物語」だそうです。1/2~1/15 10:00~20;00(最終日は17:00まで) 東京国際フォーラム ロビーギャラリー。入場無料。

奈良時代から明治以降までの衣装の変遷とか、草木染めで染めた糸とかかさね色目の紹介とか、なかなか興味深い項目が多かったのですが、最初に見てびっくりしたのは実物大牛車です。牛車ってこんなに大きかったんだー。

出社時はまだ時間外だったので、囲われた外から見るだけでしたが、幸い10:00から20:00の開催なので、帰りに近づいてみることができました。…この日は携帯電話を忘れてきたので写真を撮れなかったのですが、翌日の帰りと翌々日の朝と帰りに写真を撮りました。

展示内容は次のとおり。

1. 『源氏物語』六條院1/4寝殿
「源氏が35歳の8月に落成した邸宅・六條院を舞台とした『六條院行幸』の場面を1/4サイズの寝殿模型で具現します」だそうです。撮った写真が全然行幸らしい場面じゃないですね。
六條院 六條院2
2. 寝殿造 吹抜屋台
平安・鎌倉時代に描かれた絵画に見られる技法の一つが吹抜屋台、だそうです。天井を描かないで室内を描写したもの、と言われると、なるほどそういう構図の絵を見た覚えがあるかも、と思います。で、それを模型にしたこれは、つまり天井がなくて室内を覗けるようになっています。
側面から撮った写真を載せたため、天井があるかないかわからなくなってしまいましたが(笑)。わざわざこの写真にしたのは、この室内がかさね色目の説明でもあったからです。

六條院1/4寝殿がこの「寝殿造 吹抜屋台」でもあったんじゃないかと思います。少なくとも同じ台の上に載っていた。
吹抜屋台

3. 国宝源氏物語絵巻 立体具現
『源氏物語絵巻』「柏木 一」の場面を等身大サイズで具現化したものとのこと。実物大です。そんなにわさわさ几帳とかあったんだー、と実感できる出来上がりでした。
源氏物語立体具現

4. 実物大牛車
夜撮影したのは暗かったので、朝撮った写真を載せます。単体だとサイズがよくわからないですが、車輪の直径が私の身長よりちょっとあるかな、という感じだったので165cm位でしょうか。

牛車って後ろから乗って前から降りるものだったんですね。エレベーターでそういうのありますよね…。
牛車

5. 王朝料理 行幸の饗宴 ―平安時代のご馳走―
牛車の後ろにあったのですが。あんまり興味がなくて写真を撮っていません…。
「『類聚雑要抄指図巻』から、保延3年(1137)9月、崇徳天皇が仁和寺法金剛院御所に行幸して競馬を御覧になった時の酒肴と御膳の献立を紹介」してあったそうです。
6. 大正御即位式模型
「大正天皇の即位式が行われた京都御所の紫宸殿及び南庭、さらに諸調度や参列する人々を再現した」とのこと。
大正御即位式

7. 平安の色彩 染料とかさね色目
染料とそれで染めた糸が展示してありました。あとそれで染めた衣装。ちょっとピンクがかって写ってしまいました。草木染であんなに色々な色を出してかさね色目とかやってたんだからすごいですよねえ。
草木染

8. 等身大宮廷装束
即位式の装束や宮中の儀式の際の装束が4点展示してあった、と思います(写真が4枚あるから)。写真は黄丹御袍というもの。
宮廷装束

9. 十二単の変遷
こちらも等身大。十二単の変遷と言いながら、奈良時代の衣装から始まっていました。最後は明治以降に使われているもの。写真はあえて奈良時代の衣装。全部撮影しましたけどね!9種類かな。
奈良時代の衣装

10. 十二単・時代衣装体験
そんなこともやっていたようです。私が通りがかる時間帯にはやっていませんでしたが。
11. 展示解説と十二単着装実演
1/2, 1/3にやっていたそうです。見たかったわー。ちょっと残念。
12. 旛
6. 大正御即位式模型で人の後ろに並んでいるのが旛。これが天井から吊り下がっていたのですが、何しろガラス棟(ロビーギャラリー)の天井は高い!大きさがあまり実感できませんでした(苦笑)。


そんなわけで、通勤途中で思わぬ拾いものをした感じでした。一週間楽しみました!(月曜日も通りますが帰る時間帯にはもう片付けてると思われます…)

あ、説明文は「」でくくってあるところは、 http://j-cf.jp/2018/gallery/ からの引用です。
スポンサーサイト
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫