痛恨のミス…

 2017-03-15
『第3回 手織り・ぬくもりコンクール』に出す、三つめのもの。実は織り上げたのは二つ目より先。
接着芯を貼るところまではやったものの、「うーんでも密度とか、持ち手部分のデザインとか、底の部分のデザインとか間違えたなー」と、うだうだして縫うところまで進まなかったのですね。

織りなおそうにも糸がなくて…染めれば用意できるな。染めるかなーと思ったものの、断念。元ので縫おう、としたのですが、一応ネット検索してみたら、探していた太さで色の糸があったので、注文しちゃいました。
が、思ったより大分細かった…。番手は同じなのですが、やはり長さとグラム位は書いておいてくれないと、想定外のことがおきますね…。

それであきらめてやっぱり最初ので縫うか!と思ったのですが「いや待てよ?この細い糸でも3本取りにすれば(元の予定は2本取り)にすればいけるんじゃないか?と経糸を張り始めたところいい感じ。コーンが1個しかないのに3本取りで整経するのはだいぶ大変でしたが、なんとかやりとげました。
…いや、実は黒が最後数本足りなくなって、デザイン変更して真ん中辺りの黒糸を白糸と入れ替えて、抜いた黒糸を最後に足したりしましたけどね…。

織り始めてからも色々と苦労があり…3本取りの1本だけ掬い損ねたり、ワープスティックを折ったり…でもなんとか織り上がった!…と思って経糸を外したら。

わー!もう4段織らないと対称にならないんじゃん!うっかり段数間違えて経糸外しちゃったよ!という痛恨のミス…。
外した経糸を戻してどうにかリカバリできないかと思ったりもしましたが…。
まあ、織り上がったの、あるにはありますしね。2枚目も1枚目よりすっごくいい!…ってわけでもない出来ですしね…。
1枚目のデザインがまずいのは、フォローする手段を少し思いつきましたしね…。
で、2枚目はまだ接着芯貼ってないから、マットとして生きる道がありますしね…。

そんなわけで、バッグにするのは諦めてマットにします…。。。
スポンサーサイト
カテゴリ :雑文 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫