いただきものトートバッグを裂き織り布でリメイク

 2016-10-16
以前、仕事関係でイベントに行った時、ある会社のブースでトートバッグをいただきました。イベントって昔は紙袋ばっかりでしたが、時代を反映してか布物が増えましたねー。
防水加工してある帆布っぽい布の、けっこうしっかりしたトートバッグで、A4入って使い勝手もよさそうでしたが、いただきものだけに社名が入っています。
社名…見たくないなー、というわけでどうにかしようと思いつつ、数年。

今日別件で箱をあさっていたら裂き織り布を見つけたので、縫い付けました。といっても私が織った布ではなく、昔に参考にと思って買った裂き織り布です。一度、ポーチに仕立てたのですが、作り方が不満だったのでほどいて布状に戻してあったのです。

さすがに幅はぴったりとはいかなかったのでちょっとタックを入れて。
ミシンで縫い…始めたら、針が曲がりました。普通布用の針じゃダメか!
そこで厚地用を…試そうかとも思いましたが、うーん、厚地用の針でもダメかなあ…と思って手縫いにしました。

手縫いに…して2cm位で、針が布に負けて、針の穴の方が親指に刺さって血がびゅっと出た時には挫折しそうになりましたが。
使い慣れない指ぬきをして、時には机でおしたりもして、二時間かけてどうにか縫いつけました…。刺さるところに刺しましたから、縫い目はひどいですが、この際無視。糸を生地に合わせたらバッグの方は白いので目立ちますがね!
トートバッグリメイク

ちなみに小学校で買った裁縫道具には指ぬきが入っていましたが、使い方を習った記憶がありません…。指ぬき、大事。と思った今日のお裁縫でした。

ところで出来上がって母に見せに行ったら「あら!可愛い!」とものすごく気に入られました。…いや、私も気に入って買っておいた布なわけですが、そんなにもものすごく気に入られるとは…。母の好みは時々全くわかりません…。
スポンサーサイト
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫