推定アルパカ(こげ茶)とシュロップシャーを混ぜたものを紡ぐ

 2016-09-28
推定アルパカと羊毛を混ぜなくちゃ!…とは随分前から思っていて、シルバーウィークに推定アルパカを出すべく、紡ぐものを入れてある箱を開けたら、混ざっている毛が出てきました…。
2016年初の所有している毛を確認したらちゃんとありました。…2015年のにもありました…。…混ぜたまま何年放っておいたんだ!?と思って混ぜた記録を探したら、2012年6月に電動カーダーの試用をした話が出てきたので…、量は合わないけどそれか!?…と思ったのですが。
試用した分はちゃんと紡いでいました
ということは全く記憶にないのですがその後110g位は混ぜたのですねー…。

気を取り直して、紡ぎ。
セミ梳毛糸のショートドロウ前引きで単糸を紡ぎました。
推定アルパカ(こげ茶)単糸

この2ボビンを合わせて双糸にしました。
推定アルパカ(こげ茶)双糸と単糸
一番左側のは余った単糸。これだけしか余らないとは。上の写真で右側のボビンの方がかなり量が多いように思いましたが、長さはそんなに変わらなかったのですね。つまり、糸の太さが違うのだなあ。

アップ写真。
推定アルパカ(こげ茶)双糸アップ最初のかせ
推定アルパカ(こげ茶)双糸アップ二番目のかせ

ふっくらほんわりしていて、軽いです。アルパカ(推定ですが)だからかなあ。


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
単糸の時は一番外側から試して、内側から二番目で落ち着きました。だから11:1じゃないでしょうか。
双糸の時は回転を抑えるため、一つ外側にしました。だから8:1だと思います。
紡いだもの
いただきものの推定アルパカ(こげ茶)とシュロップシャーを混ぜたもの。混ぜ率は…忘れましたが、大分白いところとそうでもないところがあるのできっとところにより色々。
紡いだ量
双糸のかせ1:59g
双糸のかせ2:47g
単糸:1.84g
紡げた長さ
双糸のかせ1:185.25m
双糸のかせ2:166.2m
単糸:14.25m
撚り
単糸でZ撚り、双糸でS撚り
紡いだ時期
2016/9/22~28

共通番手で、双糸は3.14番手と3.54番手。単糸は7.75番手でしょうか。


参考用語
あ行:アルパカ
さ行:シュロップシャー、双糸
た行:単糸
は行:番手、ボビン
や行:撚り

スポンサーサイト
カテゴリ :紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫