不味い煎茶で毛糸を染める

 2016-09-19
東京スピニングパーティーからこっち、染めなくちゃ気分になっていたので、とりあえずこの連休で染材を何か一つは使おうと思っていました。で休みに入って、染材が入っている箱を開けたら、煎茶の缶が目に入りました。
その昔母から「このお茶まずいからあげるわ。染めに使って」と煎茶を缶ごともらったんですよね。

よし、こいつを使おう!と思いました。量が155gあったので、毛糸150g位染められそうです。
タリフマーケットで購入してきた国産紡毛糸が150gだったので、それを染めることにしました。

お茶で染めている『草木染め大全』を見たところ、銅媒染がよさそうかな。ということは後媒染にするから、と、染料の抽出⇒染め⇒銅媒染⇒酢酸処理、の順でやりました。
煎茶で毛糸染め
茶色く染まっています。ちなみに左側の小さいかせは、銅媒染前のものです。つまり無媒染。サンプル用に媒染前に一本抜きました。

染めたもの
タリフマーケットで購入した国産紡毛ウール 155g
染料
煎茶
媒染剤
酢酸銅5%水溶液、助剤に酒石英
参考書籍
作成中の『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。
『草木染め大全』

参考用語
さ行:酢酸処理
た行:銅媒染
は行:紡毛糸
スポンサーサイト
カテゴリ :羊毛糸を トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫