紡ぎ講習会

 2016-08-31
8/29,30と、baruさんの工房で行われた紡ぎ講習会に参加してきました。ほかもですが何しろ紡毛糸が全然わからなくて、baruさんに教わりに行きたいなと思い続けていた中、ちょうど夏休みに講習をやる、とブログで拝見したので早速申し込んだのでした。
講習の内容は多分、「福山での出張講習」と同じ感じかと。

何分、台風10号が近づいてきている中だったので、何日も前から、台風で電車が止まったらどうやって行くか、どうやって帰るかを大分検討しましたが。実際には、私が使う電車は全然止まりませんでした。よかったよかった。

さて、一日目はセミ梳毛糸。コームでとかしたもの、フリッカーでとかしたもので、まず紡ぎます。前引きのショートドロウと後ろ引きのショートドロウで紡ぎました。ここでボビンを変えました。
残ったコーミング出来ないものを解毛してカーディングしてそのまま、または、トップを作って紡ぎます。こちらをロングドロウで紡いだかと。
で、一個目のボビンの糸と二個目のボビンの糸で双糸を作成。お湯と水に交互に入れて撚り止め。残った単糸も撚り止め。撚り止めしたら、重石をせずに干しました(蒸さない・重石をしないのは、編み糸用だから)。

二日目はまず干したその糸を見ながら検討会。
単糸がよねよねなのは、撚りが強いわけじゃないそうです。一定でよりよりな場合は、毛のクリンプスのせいだそうで、梳毛糸ならそうなるものだそうです。へー!今までずっと強撚になってしまった、と思ってました!

ちなみに私の紡いだ糸は、スピンドルで紡いだ糸っぽいそうです。おや。単糸で編んでも斜行しない程度の仕上がりにはなっているとのこと。
しかし、私の紡いだ単糸は、皆様のかせより干したときに長さがだいぶ短かったです。それはバネがあるということで、紡毛糸っぽいかもとのこと。

そのあと、宿題で解毛してきたサフォークを、カーディングして紡毛糸に紡ぎました。解毛をしたものを、ふんわりと持って行かねばならなかったのですが。完ぺきにふんわりさせた状態だとかなりの容積で、みかん箱位が必要そうでした。それを電車に持ち込むのはちょっと…と、蓋つきのバケツ(踏み台にもなるやつ。途中台風で電車が止まったら、これに座って待機できるやとかも思いました)に入れて行ったら…潰れましたね!カーダーにのせる前にまた軽く解毛しましたよ!
そしてカーディング。セミ梳毛糸用の、繊維を揃えるカーディング位ならまあどうにかなるのですが。
紡毛糸用の、均一に並べるためのカーディングは…苦手。どうしても幅が出ない小さなバッツになってしまうので、そこから教わりました。前よりはちょっと幅が出るようになった、かなあ。
それからローラッグを作って、紡毛糸を紡ぎました。
紡毛糸を紡ぎました、というか、紡毛糸を紡ぐ努力をしました、かなあ。
いや、おかげさまでところどころ紡毛になるようにはなったんです。
「すっごい細くて強撚!→なんとか紡毛→すっごい細くて強撚!…」の繰り返しの糸ができました。
「なんとか紡毛」を続けられるようにならないと…(^^;。

出来上がった糸は、カテゴリが違うので、別の記事にしてあげます。


参考用語

か行:カーディング、かせ、クリンプス(⇒クリンプ)、コーミング
さ行:スピンドル、セミ梳毛糸、双糸、梳毛糸
た行:単糸、トップ
は行:フリッカー(⇒フリックカーダー)、紡毛糸
や行:撚り止め
スポンサーサイト
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫