モコもじオリーナでできること 裂き織り

 2016-03-09
モコもじオリーナでのサンプルとしてコースターを織っていますが、コースターといえばやっぱり裂き織りよね!というわけで、裂き織りをしてみました。

タコ糸的な糸を張りました。ちなみに何かを織った時の経糸が長め(90cm位)に余っていたので利用しました。
「モコもじオリーナでできること 平織り」の時に、長い経糸を巻き取る時は、やはり厚めの紙を挟んだ方がいいと思うと書きましたので、今回巻取り時に紙をはさみました。
モコもじオリーナでも巻き取り紙

そして緯糸にはこのような薄めの木綿地(古着)を使いました。
裂き織りした布1
まず1cm幅程度に裂いたもので平織り。
1cm幅の裂き布で織る
いい感じですが、もうちょっと厚地にならないかなあと思って、次は2cm幅位に裂いたものを緯糸にしてみました。
2cm幅の裂き布で織る
…厚みは…ほんの少し出たかもしれません。くしでの打ち込みでは限度があるので思ったほどぎゅうぎゅうにならなかったんです。ぎゅうぎゅうにならなかったせいで、1cm幅のものより経糸がよく見えるようにもなっているかと思います。

ところで厚みを出したいのであれば、モコもじオリーナでの方法があります。パンチカード利用です。地の糸と字の糸を使うため、緯糸が全体的に二重に入りますからね。間違いなく厚地になるはずです。

というわけで、まず、字の糸にする濃い布地をあさりました。濃い深緑。これだったら色の差もばっちりだし、薄緑と濃緑で合わないこともないでしょう。字用も地用も1cm幅に裂きました。
裂き織りした布2

最初このまま何段か織ったのですが、地の糸も字の糸もふんわりゆるゆるなので、字がはっきり出るのか不安になりました。そこで裂いた緯糸に撚りをかけることにしました。少量なのでスピンドルで。
裂き布によりかけ
無事、分厚くなりましたし、字もでました。詰めて織るからきっと細い字になるだろうと思って、2字で意味を成す言葉にしました。「OK」ですね。
OK表
裏返すとこちら。「OK」だと裏返して上下逆にしても「OK」ですね。どちら側を上にしても使えそうです。
OK裏


仕上がりサイズ
仕上げをした結果、9~9.5cm×9~10cm位
経糸総本数
18本
整経長
90cm位。
通し幅
9cm
筬目
2目/cm
使用した糸
経糸 たこ糸系の綿糸
緯糸 薄いコットン地を裂いたもの。最初と最後は経糸と同じ糸で押さえに平織り。
使用織り機
モコもじオリーナ
作成期間
2016/3/7~9



参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:裂き織り、スピンドル、整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸、撚り
スポンサーサイト
カテゴリ :モコもじオリーナで トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫