モコもじオリーナでできること 平織り

 2016-02-29
しばらくモコもじオリーナにご無沙汰していましたが、金曜日~日曜日に遊んでみました。

まず、モコもじオリーナの織機としてのスペックを考えてみます。
・織り幅…9cm
・経糸密度…2/cm
・打ち込み…くしで
・巻取り…可能。マニュアルでは、150cmの経糸の用意をしている。最大巻取り量は織った布の厚みにもよるが2mくらいいけるかも。
・織り始めと織り終わりのロス…30cm位でしょうか
・平織りとパンチカードを読み込んでの織りができる

というわけで、モコもじオリーナの可能性を探るため(?)まずは基本の平織りから試してみました。
2/cmですから、詰めたものを織るにはけっこう太い糸になります。太い糸で織るということは厚地になります。厚地で9cm幅のもの…と言ったらコースターがいいかな、と、サンプルでコースターを織ることにしました。
コースターといえば綿糸がいいかなと思ったのですが、そんなに太い綿糸の持ち合わせがなかったので、40gで約98mという太さの糸を3本取りで使いました。

ちなみにこれをやるために初めて長いものを織る経糸の取り付けをしましたが、取扱説明書の、大きいツメに糸を巻くところのツメの絵は間違っていないでしょうか。下向きになるはずですよねえ?絵は上向きになっている…。
まあ絵の間違いは言語道断ですが、そうじゃなくてもこの説明書は大変わかりづらい…。
Amazonさんのカスタマーレビューでも大分酷評されていますが、その大部分は説明書のせいではないかと…(ちなみに、Amazonさんのレビューでは、編み機とか編みとか書いておられる方が多いのが気になります。織りですよ~)。

あと、説明書に特に記述はないですが巻き取りはやはり通常の織機と同様、ちょっと厚めの紙をはさみつつやるといいと思いました。なしで巻き取ると、経糸の張り方が均一じゃなくなって途中織りづらいです。

えー経糸はまずは一色で用意したので、、織ったのはこんなところです。
モコもじオリーナ平織り経糸一色1
まずは無地と横縞(ボーダー)。この位なら私でも思いつきます。

モコもじオリーナ平織り経糸一色2
これも横縞ですが。これ以降はすべて『The Handweaver's Pattern Directory』p30,31に載っていたパターンです。

モコもじオリーナ平織り経糸一色3
左はちょっと縦縞に見えますね。右はちょっとチェックっぽいです。

モコもじオリーナ平織り経糸一色4
これも左側はちょっと縦縞に見えます。右側はレンガを積んだみたい。ちょっと楽しい。

以上、モコもじオリーナで、経糸が一色で、平織りプレートだけ使っても、この位は遊べますよ、という例でした。

ところで平織りはモコもじオリーナ的には、「最初と最後にやるもの」位の扱いかもしれませんが。モコもじオリーナでの平織りにはいい点が二つはあります。
一点目。まず、レバーを上げると一本交互で経糸が上がり、そこに緯糸を通しますよね。
次にレバーを下げると、経糸が全部揃った状態(閉口)でキープされます。キープされているので、閉口状態で緯糸を押し込むのが容易なんですよ。いや、説明書では、緯糸を入れたら押し込むことになっていますし、どの状態で緯糸を入れるかは好き好きかもしれませんが、少なくともくしで押し込むには閉口状態がやりやすいように思います。
二点目。次にレバーを上げると、さっきと違う開口で開きます。要するに「あれ、さっきどっちで開けたっけ?と悩む必要がありません。咲きおりでも「あれさっき手前に傾けたっけ?あっちに傾けたっけ?」って悩むことありますからねえ…。


仕上がりサイズ
仕上げをした結果8.5cm×8.5cm位が8枚(房を含まず)
経糸総本数
18本
整経長
150cm位。
通し幅
9cm
筬目
2目/cm
使用した糸
経糸 ルーバフォルコット(EX) 108(水色)を3本取り
緯糸 ルーバフォルコット(EX) 108(水色)、117(紺)、101(白)を3本取りにしたり1本のまま使ったり
使用織り機
モコもじオリーナ
作成期間
2016/2/26,28
参考書籍
『The Handweaver's Pattern Directory』



参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸
スポンサーサイト
カテゴリ :モコもじオリーナで トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫