コーヒーでポロワススライバーを染める

 2015-11-29
金曜日、週末を迎えるにあたり、TODOリストの整理をしておりました。いや、この週末は何から片付けようかと…。

TODOリストの染めのところは、イコール手持ちの染材のリスト、なわけですが、一個あるのかないのかわからない染材がありました。
ムラサキタマネギの皮です。
もう染めたような気がするんだけど、チェックし漏れなのか。それとも本当にまだあるのか。
と、前から思っていたので、この際、確認してしまおう!と、土曜日、染材の入っている段ボール箱を引っ張り出して、存在確認を行いました。
あと、桜の紅茶とSAKURA TEAって二種類あるんだっけ?一個を二回書いちゃってるのかなあ…というのもありました。

結果としては、ムラサキタマネギの皮はないみたいで、桜の紅茶とSAKURA TEAは別々にありました。
そして、段ボール箱に染材を戻している時に、「うーむ、沢山あるなあ。…染めちゃえば減るよねえ」と思い至り。(何も思い至らなくても…。当たり前のことだろうに…)
「一番場所を取っているものから片付けよう!」と、選んだのがこれ。
コーヒーの粉
ラウンドキャニスターと言うんでしょうか。密封できる入れ物に入っていたので、全く湿気てはいません。見てわかると思いますが、ドトールのマイルドブレンドです。
おそらく、こんな入れ物に入れたために、存在を忘れていて、消費期限を大幅に過ぎてしまい、「染めに使っていいわよ」と回されたものかと思います。もらったのがいつかはわかりませんが、消費期限は2007年でした。

コーヒー投入
量は約180gありました。ゴミ用のネット…だと隙間から出てきそうな気がするなーと思って、不織布で包んで輪ゴムで止めました。ちなみに不織布は、クリーニング屋さんで衣類にかけてくれるやつです。再利用。

コーヒー抽出中
ぐっつぐつ煮ています。4Lの水で一番液を出し、2Lの水で二番液を出しました。

ここまで土曜日の作業。

日曜日、併せて6L弱(煮ると減るので)になった染料液に水を足して6Lにして…さて何を染めようか悩みました。
ポロワススライバーはみょうばん媒染してあるから楽だな。しかし、糸で銅媒染もいいなあ。銅媒染なら後媒染するから、糸そのまま染められるし…と悩んだのですが。
結局、媒染済みで染めたら終わるのでポロワススライバーにしちゃいました。
もっとも原毛を染めても、紡がないと糸にはならないので「染めたら終わる」わけではありません…。

ちなみに今回の手順は、作成中の手順書を見ながら進めました。
作っている手順書
ペーパーレス時代に反してわざわざ印刷しました。まだ作成中なので書き込みながらやりたいですし…。印刷すると、PC画面上では気が付かなかったミスに気が付くものなんですよ!
ところで、開いて書き込みやすいように中綴じ印刷をしたのですが。最近のMS-WORDは中綴じ印刷が標準機能でできるんですね!あんまり簡単で感動しました。中綴じ印刷にあたって参考にしたのはこちらです。http://ciao.aoten.jp/ciao/2014/12/word-531a.html

染めている間、隣のコンロが空いていたので、蒸したり煮たりして、溜め込んでいた紡いだ糸の撚り止めをしました。
写真は重石をつけて干しているところです。撚り止めのために、家に傘がいっぱいあってよかったなあと思います…。
撚り止め

ちなみにまだ撚り止め待ちの糸があります。染材と同様こちらも溜め込まないでちまちまやればいいのですがね。

さて、コーヒー染めしたポロワス。こうなりました。
コーヒー染めしたポロワス
かなり濃く染まりましたよ。180gで100gを染めるという、かなり贅沢な使い方をしたせいもあるかもしれません。出がらしじゃないコーヒーの粉ですしね!

で、残液も十分濃いのです。…これもまた染めるかなあ…。そのようにして、染めはいったん始めると、どんどん被染物を使い切ってしまうのですよね…。


染めたもの
ポロワススライバー 100g
染料
コーヒーの粉、180g
媒染剤
ミョウバン媒染
参考書籍
作成中の『My草木染め手順書』。この手順書のもとになっているのは手持ちの染めの本。


参考用語
あ行:後媒染
さ行:スライバー
た行:銅媒染
は行:ポロワス
ま行:ミョウバン媒染
スポンサーサイト
カテゴリ :原毛を トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫