2017年9月の昼休みの成果

 2017-09-27
前回のものを2017年4月に赤い薔薇の花びらで染めたものではないかと言っていたのですが。
ついていたメモから、今回紡いだものが2017年4月に赤い薔薇の花びらで染めたものだということが明らかになりました。

桜楓スピンドルで赤い薔薇の花びらで染めた真綿を紡ぐ

桜楓スピンドルでこんな風に紡げました。


紡いだもの
2017年4月に赤い薔薇の花びらで染めた真綿
紡いだ道具
桜楓スピンドル
紡いだ時期
2017年9月

参考用語
さ行:スピンドル
ま行:真綿
スポンサーサイト
カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

綿がはじけました

 2017-09-26
9/22、今年初めての綿がはじけました。和綿の茶です。
和綿茶はじける
しかしはじけ始める一方、同じ日に咲く花もあったり。別の鉢ではありますが。
和綿茶がはじけた日に咲いた花

そして9/26、洋綿の茶もはじけました!
洋綿茶はじける
ものすごーくわかりづらいけど、和綿の白もはじけました。ちょびーっと白いのが見えているのがわかるでしょうか。
和綿白はじける

そしてこの日にもほかの鉢では花が咲いていたりします。和棉。
和綿白・洋棉茶がはじけた日に咲いた花

そしてこのところ何故か毎日のように綿にちょっかいをだしていくハチくん。…何してるんでしょうね。花じゃなく実にからんでいくのですが。
棉が好きらしいハチ
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

キッチンマットに関するあれこれ

 2017-09-18
キッチンマット2の記事にアップしたこれらの写真に映っている紙メジャー。
台所マット2黄色部分
織り始めに安全ピンでとめて、何センチ位織ったのか確認するのに使っています。150cmなので尽きたら、前の最後と次の最初を合わせて、織り地にまた安全ピンでとめています。
前、織り教室で、「布メジャー作っておくと便利よ!」と言われたのですが。…一個は作ったのですが。5cmおきとかに印をつけて作るのが地道に面倒で…。
IKEAなどの家具を置いている店にたまに置いてありますよね、紙メジャー。あれを店内で使ったあと持ち帰ってきて、使っています。ときには一緒に行った友達の分ももらってきます(笑)。まあ、布より耐久性はありませんが、メンディングテープなどで補修したり補強したりして使っています。

そういえば今回は、こんなこともしてみました。
筬に工夫
筬の上のところに、定規柄のmtを貼ったのです。
筬の真ん中から均等になるように経糸を入れるわけですが、測らないで済むから便利かなと思いましたが、しかし最初に一回測ればいいことなので、さほど便利でもないかな…。
でも再利用できます(笑)。
定規柄のmtを買ってあったので使ってみたのですが、この柄はほかにも使えそうですよね。目盛りが正しいのなら、ですが(笑)。

さてさて。今回は私にしては経糸を長く用意しました。そしてマットなので厚みがある。…途中でクロスビームが回らなくなるのではないかと心配しました。こんなでしたから!
クロスビームいっぱい

実際にはなんとか巻き取ったクロスビームが胸木とぶつかる前に織り終えたのですが。しかしこんな弊害が。
いっぱいだと織りづらい
巻き取ったクロスビームが胸木からだいぶ前まで出っ張っていますよね。
ギリギリまで巻き取ると、布に打ち込むより先に巻き取った布にぶつかる状態で(笑)。したがって、ちょびっとしか巻き取れませんでした。最後5cm位織ってはちょびっと巻き取る、というような状態でした。

アジャカ、いまいちそこら辺親切じゃないんですよ…。
けっこうクロスビームってもっと奥にあったりするのに、胸木の下ですしね。
踏み木も4本ですしね。(4枚綜絖で踏み木6本が便利だと以前言われました)

でもまあ多分ろくろ式は一生これを使うのではないかと思っていますが。。

最後に、載せていなかったので、マットの裏画像。ちょっとわかりづらいですが(汗)、
左上が花柄の裏で黄色。左下は前回の余りの裏で茶色。実は茶色が表地より先になくなったので、一部シーチングも使いましたが写真には写っていません。
右が黄色いマットの裏で黄色。
マットの裏はこんな


参考用語
あ行:筬
か行:クロスビーム(⇒千巻き)
た行:経糸
は行:踏み木
ま行:胸木
ら行:ろくろ式

カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(2)

 2017-09-18

むなぎ【胸木】
織り機の部分。織り機の手前側(織り手側)の一番上のもののこと。経糸は千巻から出て胸木で曲がり、筬と綜絖を通って、間丁で曲がり、男巻きにつながる。(2017/9/17記)
カテゴリ :ま行 トラックバック(-) コメント(0)

 2017-09-18

けーぶるおり【ケーブル織り】
経糸を途中で外して交差させることで、編み物の縄編み(ケーブル)のような模様をつける織り方。経糸を途中で外せる咲きおりならではの織り方で、『手織り入門―いろいろな織り方がわかる12のレッスン』の中でそう呼ばれている。
(2006/01/26記)
けーれむ【ケーレム】【Kelim】
多分ノルウェー語。織りの途中で、別糸を経糸に巻きつけたりすること。それだけならコイリングと同じように思えるが詳細は不明。
参考:『BILLED VEV―矢吹恵子の絵織物バッグ』
(2009/5/2記)
けんちょう【間丁】
織り機の部分。織り機の奥側(織り手の反対側)の一番上のもののこと。経糸は千巻から出て胸木で曲がり、筬と綜絖を通って、間丁で曲がり、男巻きにつながる。(2017/9/17記)
げんもう【原毛】
紡ぎに用いる動物の毛。羊毛(ウール)など。(2005/10/12記)
けんろうど【堅牢度】
染めたものが、外部からの刺激により、どれだけ色落ちするかの度合い。日光堅牢度・洗濯堅牢度、など。(2007/12/14記)

布団カバーをキッチンマットに 2

 2017-09-17
去年、台所リフォームに合わせマットを織りましたが、一枚しか用意しなかったので、洗っている間は台所にマットがない状態になります。
それで「洗い替え用を織らなくちゃ!」と思っていました。

思っていましたが、weft enhanced plain weaveで織るには経糸にちょうどいい綿糸がない!で、色々太めの綿糸を探し、買い、いまいち…と思う日々が続いていました。
ある時ふと、元にしていた本(『The Big Book of Weaving』)を見たら。
「あれ、この経糸そんなに太くないんじゃ…」

…なんかたて糸8号位の太い糸を経糸にするものと思い込んでいたようです。
最初に織ったweft enhanced plain weaveのお昼寝マットでは、ちゃんとアナンダさんのラグ用たて糸 No.44を使っているではないですか…。

なら進められるわ!と経糸を用意しました。
整経長は、前回270cmなのに240cmにして織ってしまったので、その分長く。洗ったらすごく縮んだのでその分も長く。
前回のマットの緯糸にした掛け布団カバーが余っているからそれも全部織りきってしまおう、というわけでその分も追加。
織り幅も50cmから53cmに。
そんなこんなで、460cmとかなり長くなりました。

で。結局どうなったかというと。
台所マット2全体像
このように、全然緯糸にした掛け布団カバーが足りず、短いマットが複数枚出来ました…。

当初予定の黄色いマット。もとの掛け布団カバーはこういう布です。私が一昨年位まで使っていた掛け布団カバー。右に写っているのは裏。
黄色布団カバー
表面を柄、裏面を黄色で織りました。前回の布団カバーより生地が薄い気がしたので3cm幅で切ったんですけど。そのせいか270cmなど全く織れず。織り機にある時点で142cm。織り機から下ろしたら126cmでした。嗚呼。
台所マット2黄色部分

仕方がないのでいったん終わりにし。当初予定通り、前回の台所マットで余った掛け布団カバーで織りました。ちなみにこの掛け布団カバーが黄色の布団カバーの前に使っていた掛け布団カバーじゃないかと思います。
これも…今の台所マットで足りていない部分を埋めるため57cm位織りたかったのですが…。織り機にある時点で28cm、織り機から下ろしたら27cmでした。予定の半分。うーむ。
台所マット2茶色部分

そんなわけで、経糸がまだまだ大量にあったわけです。どうしようと思って、前の前の前の布団カバーを持ち出してきました。こんな柄です。裏は白。
花柄布団カバー
これも生地が薄いように思ったので、3cm幅で切りました。花があちこちに散ってにぎやかなマットになりました…。
織れたのは、織り機にある時点で155cm、織り機から下ろしたら145cmです。この掛け布団カバーはかなりやけていて使わなかった部分もあるのですが、黄色よりは量を織れましたね…。でも155cm。
台所マット2花柄部分

大変半端なところで花柄がなくなってしまったのですが、あと20cmばかり二重織りマットを作っても使い道がないなー、平織りの端切れでも作っておくかと、お昼寝マットに使い、布ぞうりに使ってもまだ余っていた敷き布団カバーで平織りしました。
台所マット2の余り部分

今回、経糸始末を面倒がって、今回は糸で平織りする際に、メルターを使いました。アイロンをかけてほつれ止めにして、そのあと三つ折りしてミシン。そうして仕上げた状態がこれです。
台所マット2出来上がり
ちなみに、糸織り部分の緯糸全部にメルターを引きそろえたのですが、やりすぎたようです。アイロンの時に紙にくっついちゃってくっついちゃって…。最初と最後の何本かにメルターを入れる位でよさそうですね…。

元々、台所の床が茶色いから、黄色ならまあ合うかな、と思って黄色い布団カバーで作ろうと思ったのですが。
何故か母には花柄の方がまだ好評です。花柄にぎやかすぎると思うんですけどねえ…。
そういうわけで、洗い替え用マットは花柄の方になる予定です。
黄色も使ってくれていいのですが…何しろ母が気に入っていないようなので…。


仕上がり予定サイズ
270cm×47cm + 57cm×47cm
経糸総本数
132本(2本取りにするので実際264本)
整経長
460cm
通し幅
53cm
筬目
5目/cmの筬を使用。一羽おきに入れたので経糸密度は2.5/cm。
使用した糸
経糸 アナンダさんのラグ用たて糸44号 二本取り
緯糸 掛け布団カバー
組織
二重織り(weft enhanced plain weave)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
計画は2016/8/20から。2016/11に整経?織り期間2017/08,09
織り上がりサイズ
黄色:126cm×50cm(糸織りの平織りを含まず)、
茶色:27cm×50cm(糸織りの平織りを含まず)、
花柄:145cm××50cm(糸織りの平織りを含まず)、
青(平織り):16cm×51cm


うちの織り機だと打ち込みが弱いのかどうも厚地のマットが織りづらいのですが、weft enhanced plain weaveだと何しろ平織りが二重になるので、ふわっと厚みが出ていい感じです。マット用には、リップスマットと同じくらい、気に入ってる織り方です。
ろくろ式で織るには開口がちょっと厳しいですけどね(苦笑)。慣れました。


参考用語
あ行:筬、筬目
か行:開口
さ行:整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸
ら行:ろくろ式
カテゴリ :しきもの-床 トラックバック(-) コメント(0)

 2017-09-16

ぐっばてっけ【グッバテッケ】【Gubbatäcke】
⇒バウンドローズパス(2008/5/17記)
くらっくるおり【クラックル織り】
三枚綜絖の山形斜文織から変化した織り。緯糸は3本の経糸の上に浮くが4本以上浮くことはない。オーバーショットと同様、地織りとして平織りを入れながら織る。
参考:『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2016/06/12記)
くりあ【クリア】
アルパカの毛のうち、生後6ヶ月までのベビーアルパカの毛のこと。通常のアルパカの毛より更に細く柔らかくなめらか。「クリア」は元々スペイン語。(2007/12/11記)
ぐりーじー【グリージー】
刈り取ったままの原毛の状態。ゴミや脂がついている。勿論かたまっている。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2005/10/28記)
くりんぷ【クリンプ】
ウール特有のちぢれのこと。これのおかげでウールは空気をためこむことが出来、暖かい。(2006/09/14記)
くるまひ【車杼】
杼の一種。車がついていて、緯糸を巻いた小管(ボビン)を入れて、経糸の間を滑らせて使う。ボートの形をしていることから、ボートシャトルと言う。(2008/5/15記)
ぐれんちぇっく【グレンチェック】
暗色2本明色2本の千鳥格子の繰り返しと、暗色4本明色4本の千鳥格子の繰り返しとで、大きな格子を作ったもの。スコットランドのアーカートのグレン(谷間)で作ったことから、グレナカート・チェックと呼ばれている。グレンチェックはその略称。綾織り。スーツ地などによく使われている。(2008/3/16記)
くろすびーむ【クロスビーム】【cloth beam】
織り上がった布を巻く棒⇒千巻き(2017/9/16記)

 2017-09-16

おーばーしょっと【オーバーショット】[overshot]
アメリカやカナダではよく行われる織り方で、基本は山形斜文織。同じ段に続けて緯糸を入れるので経糸が浮く。そのため模様と交互に平織りを入れておさえる。4枚綜絖以上で可能。
作品例:オーバーショットの作品例1
    オーバーショットの作品例2
    オーバーショットの作品例3
参考:『WEAVING OVERSHOT』
   『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2005/10/21記)(2005/10/27追記)(2016/06/12修正)
おーぷんりーど【オープンリード】
リード=筬がオープンであること。つまり、咲きおりのように筬がきちんと閉じられていないため、途中で経糸を変えたりできるようなもののこと。(2016/3/7記)
おーぷんわーく【オープンワーク】
経糸や緯糸を束ねたりからめたりして、空間を空ける技法。
参考:『手織りの布がある暮らしII 羊たちからの贈り物』
   『プレーンウィービング―平織りであなただけのすてきな布を』
(2006/4/10記)
おきしどーるだっしょくほう【オキシドール脱色法】
きのこや海草などをオキシドールで脱色することにより、少量で濃く染色する方法。
参考:『だれでもできる 最新 草木の染色教室』(2007/12/14記)
おさ【筬】
金属などが等間隔に並べられたもので、経糸を均一に入れ、緯糸を打ち込むために用いる。(2005/09/28記)
おさとおし【筬通し】
筬に糸を通すこと。また筬に糸を通す道具のこと(2005/09/28記)(2005/10/23追記)
おさめ【筬目】
筬の目の密度。5目/cm又は5/cmというと、1cmに5目あるということ。目は羽ともいう。10cmの目数で50羽などと密度を表すこともある(特に簡易の卓上手織り機など)。(2005/09/28記)
おぱーるかこう【オパール加工】
ポリエステル繊維などの合成繊維と、綿やレーヨンなどのセルロース系繊維など、2種類の繊維で交織・交編した布地に、硫酸などの強い酸性色糊でデザインを捺染した後、高温処理によって、セルロース系の繊維を脆化・除去して、透かし模様を作る加工。(2007/10/1記)
おはぐろばいせん【おはぐろ媒染】
鉄媒染の一つで、錆びた釘を食酢などに浸して作ったおはぐろ液を用いたもの。
参考:『草木染―四季の自然を染める』
(2006/3/7記)
おまき【男巻き】【緒巻き】
織り機の奥側についていて、経糸を巻きとる棒のこと。ワープビーム、千切りともいう。(2017/5/13記)(2017/9/16変更)

 2017-09-16

めがねおり【めがね織り】
特別組織の一つ。蜂巣織りの一種。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
   『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『手織りの布がある暮らし 贈り物のゆくへ』……リジットヘドル機でめがね織りを行っている。
(2006/3/24記)(2006/4/16追記)
めまき【女巻き】
織り機の手前(織り手側)についていて、織り終わった布を巻き取る棒。⇒千巻き(2017/9/17記)
めりの【メリノ】
羊の品種の一つ。その原毛は、細く紡げる傾向にあり、双糸に向く。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
   『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2005/10/28記)(2006/3/6追記)

 2017-09-16

ちぇいにんぐ【チェイニング】
ローパイル織りの技法の一つ。経糸を鎖編みでくるむ。木枠の経糸の固定にも用いる。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』(2005/09/29記)
ちぇびおっと【チェビオット】
羊の品種の一つ。その原毛は手触りが粗く、しゃりしゃり感がある。ブランケットやラグに向く。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2006/09/27記)
ちぎり【千切り】
経糸を巻く棒⇒男巻き(2017/9/16記)
ちどりごうし【千鳥格子】
二色の糸をたてもよこも4本ずつ交互にした綾織り。千鳥が沢山飛んでいるように見えることからこの名がある。また、英語ではHoud's tooth(犬の歯)。こちらは犬の歯が並んでいるように見えることから。(2012/10/7記)
普通に「千鳥格子」と言ったら上述の綾織のHound's toothのことだが、最近の(特にリジットヘドル用の)本では、平織りでたてとよこを二本ずつ交互にしたもののことも「千鳥格子」と言っている。(2016/3/8追記)
ちまき【千巻き】
織り機の手前(織り手側)についていて、織り上がった布を巻き取る棒。クロスビーム、女巻きともいう。(2017/5/13記)(2017/9/16追記)
ちゃるか【チャルカ】
インドで綿を紡ぐのに使う手動式の紡ぎ機。ガンジーが奨励した。(2006/09/13記)
ちゅうやおり【昼夜織り】
2色の経糸を一本ずつ交互に整経し、一つの筬目に二本の経糸を入れると踏み方によって、どちらかの色だけが表面に出る、という織り方。二重組織の一種。
したがって、四枚綜絖以上の織り機でないと作成不可。
表面と裏面の色合いが逆になるため、昼夜の明暗にたとえてこの名がつけられているらしい。
作品例:昼夜織りの作品例
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』

但し、広義には布の表と裏が違う色になるもの全般を昼夜織りと言うらしい。その分類だと、海外で言うSummer&Winterも昼夜織りの一種と言えるのかも知れない。(狭義の昼夜織り=Summer&Winterではない)
(2005/10/11記)(2012/01/07追記)(2016/06/14追記)
ちゅうやしゃもんおり【昼夜斜文織】
斜文織の表裏の組織を混合して作られたもの
参考:『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2016/06/14記)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫