『色々な綾織り』

 2014-11-21
手織工房タリフさんで製作・販売されている綾織りの本です。千鳥格子の本に続く第二弾。

織り機のタイプをまず説明し、「下開口の織り機で綜絖の手前が1」を基本として、組織図(完全意匠図)の書き方を非常に丁寧に説明しています。
そのあと、色々な綾織りとして以下のものの織り方と織り地サンプルが載っています。

  • Bird's Eye & Rose Path
  • 杉綾-Herring Bone-
  • Seed
  • Finish Twill
  • Rambler Rose
  • Blanket Twill


そのあと、表紙にもなっている、綾織りベースの組織サンプルについて書かれています。

主に構成面で「?」というところがありますが、とにかく組織図については説明が濃いですし、サンプルで織られている作品群もいいものが沢山です。先日の展示会で実物を見てきましたが、可愛かったです。
杉綾マフラーのバリエーションの「よろけて見える杉綾マフラー」はキットになっていましたが、可愛くて思わずキットを買いそうになりました。家に糸が沢山あるだろう?と、自らを戒めて買いませんでしたが!(苦笑)
ちなみにこのマフラーについては本に「写真では見えませんが、実際に織ったものはストライプがよろけて見えます」と書いてあるのですが、写真でも私にはよろけて見えます(^^;。

ただ言われたとおりに織ってます、という人が一歩進むためにいい冊子だと思います。海外の織りの本に載っている作品を自分の織り機で織りたい、という人とか。


参考用語
あ行:綾織り→斜文織り
か行:開口、完全意匠図
さ行:杉綾織り、綜絖、組織図
た行:千鳥格子

スポンサーサイト

『手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152)』

 2014-11-19
4800400295手織り手紡ぎ工房 (ハンドクラフトシリーズ 152 特集版)
彦根 愛 馬場きみ
ルックナゥ 2012-11-26

by G-Tools


シリーズ名から言っても、『手織り工房 (ハンドクラフトシリーズ 146)』の仲間かと思うのですが、出版社が違いますね…。はて。

新・東京スピニングパーティー2013の記事に追記していますが、とっくに紹介していると思っていたのに、紹介していなかった本です。そして、気付いたならすぐ紹介すればいいものを、たらたら1年も書いていなかったら、絶版になっちゃったそうです(ニュースソースはひこねあいさんのブログです)。ひこねあいさんのブログで絶版になっちゃったと知ってからも、2カ月近く記事書いていないですね…。我ながらトロい…。

内容は、『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』『手織り工房』の内容を、ぎゅぎゅっと詰めた感じ、でしょうか。


手紡ぎ
『手織りと手紡ぎ』の「手紡ぎ」の抜粋?という感じ。
手織り【入門編】
『手織りと手紡ぎ』の「初歩の手織り(2枚綜絖・リジットルーム)」の感じ。
手織り【基本編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の感じ。「つづれ織り」と「ノッティング」とからみ織りじゃないレース織りも出ていますが(これらは、『手織りと手紡ぎ』に紹介されている項目です)。
手織り【応用編】
『手織りと手紡ぎ』の「本格的な手織り(4枚綜絖)」の後半部分と、『手織り工房』の感じ。


目次の項目だけみると、2冊合わせた内容のようです。『手織りと手紡ぎ』の再版リクエストにこの本で応えた、というようなことがひこねあいさんのブログに書かれていたので、そもそも目的がそうなのでしょう。
しかし、手紡ぎに関しては『手織りと手紡ぎ』の方が詳しいです。手紡ぎ系の要望は少なかったのでしょうか。
あと、再版のようなものといっても、掲載されている作品は、ほとんど新しくなっています。かなり盛りだくさんです。

組ひもディスクで紐作り

 2014-11-11
北欧旅行中、飛行機での時間つぶしに組ひもディスクを持ちました。
だって、機内に持ち込んでも絶対取り上げられないじゃないですか(笑)。

ちなみに今回、うっかり普段の筆入れを持って行ってしまい、中にはさみが入っていたもので、捨てられてしまいましたよ…。まあ、紙用安いはさみだったので、まだあきらめがつきますが。

で、行きの飛行機ではそれなりにやりました。組み方は前回のパスケースの紐と同じ。前回ガタガタになったのでやり直したかったのです。それに、この組み方なら単純だからテキストを持たなくてもやれますしね。
帰りの飛行機ではほとんど組みませんでしたが、それでも旅行中に数十センチ位は組んだかと思います。
しかし、用意してあった糸がまだまだあったので、10月に会社で昼休みに組みました。11月もまだ組んでいたかな…。

出来上がりはこちら。
パスケースの紐と同じ組リトライ

組み始めと組み終わりのアップがこちら。
パスケースの紐と同じ組リトライ2

今回はガタガタはしていませんよ!
ちょっとひっぱりながら組むといいようだ、と今回思いました。

ところで出来上がりが130cm位あるのですが。果たして何に使えばいいでしょうか…。

ウメオで買ったスピンドルでおまけ原毛を紡ぐ

 2014-11-10
ウメオでスピンドルを2つ買ったら、おまけに茶系に染まった原毛をおまけにつけてくれました。お礼を言いたかったのはやまやまですが、いやおそらくThank youとは言ったと思いますが、明らかにお釣りが間違っていたので、どう主張しようか悩んでいて満足にお礼が言えませんでした。
最終的に無事お釣りは正規の金額で返してもらえました。多分「ファイブハンドレッド…」としか言ってない気がしますが。

話がだいぶそれましたが、要するにそんなこんなで満足にお礼を言えていないけど、おまけに原毛をくれて有難う!ということです。

会場で休憩中にちょろっと紡ぎましたが、概ねは帰国後、単糸にするまでは会社でやって、玉にして双糸にするのをテレビを見ながら家でやったような気がします。玉の両端から糸を出して双糸にしていたら、ひっかかっちゃってけっこう大変だった記憶があります。それで見ていたテレビ番組の方が先に終わっちゃった覚えが。

ウメオ購入スピンドルでおまけ原毛を紡ぐ

かせにしたのはこちら。
ウメオおまけ原毛をかせに

このスピンドルはどっしりしていてなかなかよく回りました。


紡いだ道具
ウメオスピンドル
紡いだもの
ウメオでスピンドルを買った際におまけでもらった毛。きっとウールですが品種は不明。
紡いだ量
10.43g
紡げた長さ
20.5m
撚り
Z撚りで単糸、S撚りで双糸
紡いだ時期
2014/10

共通番手で1g/1.97mかと思います。


参考用語
さ行:スピンドル、双糸
た行:単糸
は行:番手
や行:撚り

ドロノキ

 2014-11-09
箕輪先生のブログの2014/11/8の記事で「これって何の木?」と問われていたユニバッケンに行く途中に生えていた木。
北方民族博物館→スカンセンまではご一緒していましたが、そのあと別行動をとったので、私と友人はユニバッケンに行ってないんです(実は私はピッピを読んでいないので、行っても皆様ほどの感動がなかったかもしれない)。だから北欧旅行はご一緒したものの、箕輪先生が発見したこの木のことは11/8のブログで初めて知りました。

こんな綿っぽいものが…。紡げないのかなあ。紡いでいる人いないのかなあ、と思って、検索したら、どうも「ドロノキ」じゃないかと。ポプラの品種の一つだそうです。
箕輪先生にご報告したら、どうもこれっぽいとのこと(で、11/9の結果報告の記事となっています)。
しかし、検索しても紡いだとかいう話は出てきませんでした。マッチ棒の軸に使われていたことがあるというのと、成長が早いから紙に使えないかと製紙会社が品種改良を試みたけど、やめたらしいとかいうのはWikipediaなどにありましたが。
繊維が短いとかで紡ぐのに適さないのですかね?ポプラで紡ぐとか、試してみた方いらっしゃらないでしょうか。
まあ、ポプラの説明によると、アレルギー性鼻炎の原因になることもあるらしいので、紡ぐのはやめた方がいいかもしれません…。

私は立派なアレルギー体質です。紡いでいるとたまに「うちに猫の抜け毛があるんだけど」「犬の抜け毛があるんだけど」と言われますが、紡げません…。猫の毛、くるしくなっちゃってかなり大変なんです。


以下、2014/11/11追記

改良ポプラ 類の材質について - 岩手県 というpdfを見つけました。

これによると、改良ポプラ類で、繊維長は1.1mmから1.3mmらしいですね。
繊維が短いとされる和綿は短繊維だと思われますが、
http://cotton.hisid.net/wata/b.html
によると、短繊維とは20.6mm以下らしい。

…比較にならないほど、ポプラ種は繊維長が短いようです…。

でも箕輪先生のブログの11/9の追記で記されていたサイト「続 樹の散歩道」によると、布団綿としては使える、という研究があるようですね!

『色々な綾織り』 展示会

 2014-11-08
11/8に、手織工房タリフさんの『色々な綾織り』 展示会に行ってきました。

天気がいまいちだったせいか、土曜日にしては入りが悪い(タリフさん談)とのことで、なんかものすごく長居をして長くお話をさせてもらっちゃいましたー。なんとお茶を二杯出してもらったほど。多分2時間位いたのだと思います。

いや、私がいる間にもお客さんはいらしていましたが、

・お話しする
・お客さんがいらして、タリフさんがその方と話している間、作品をじっくり見る
・作品を見ているお客さんとお話したりする
・お客さんがお帰りになって、またタリフさんとお話をする

のループ状態というか。

綾織りの話、スウェーデン旅行の話、織り地の話、服の仕立の話、山梨の話、Wi-Fiの話、バッグ地の話などなど、多岐にわたってお話をしました!

お話をしたお客さんは洋裁に詳しい方々で、きちんとしたテーラードのスーツなのに、ドレッシーなスーツをじっくり見てらっしゃっていて、袖がどうだとか衿がどうだとか、色々説明?してもらいました。あとでタリフさんからお聞きしたところによると、男性のデザイナーさんが作った型だそうです。
衿が二重になっていてその間にお花なブローチが挟まってるんです。チラリズム的に見えるんです。それがあるせいで余計に丸みがある感じなのですね。

あと、仕立ててある服地は、タリフさんのサイズで作ってもらっているものが多いらしいです。タリフさんの方が私より身長がありますが、肩幅とかがおそらく私も同じくらいなのです。そんなわけでコートを試着させてもらっちゃいましたー。
赤いコートはちょっと袖丈が短かったようにも思いますが。
大きなチェックの織り地を斜めに使った素敵なコートでした。
もう一つ、タリフさんのものになることが決定しているものを試着させていただきました。そちらは多分私にもジャストサイズでしたね(笑)。

仕立てた服のほか、今回は『色々な綾織り』冊子の作成に伴う展示会だったので、冊子掲載の織り地の実物をがっつり見られます。服地も色々ありました。あと仕立てたバッグもありました。これがまたいい感じでした。
タリフさんが普段編み物を持ち歩いておられるというがまぐちポーチがよかったんです。がまぐち派じゃないのですが、作りたいかもと思ってしまった。
それとトートバッグもかっちりしていてよかったです。

あと、タリフさんだけに、織りキットと織り糸ももちろんあります。あと編みフェルト ペットボトルカバー キットもありました。キット…心惹かれたけど、家にある糸の量を思って、買うのは断念しました!買ったのは『色々な綾織り』だけです!

あ、それと「吉祥寺糸モノまつり」のパンフレットをいただいてきました。11/19~25。面白そうです。
帰宅したらアナンダさんの「糸ばた会議」がちょうど届いていたのですが、吉祥寺店の荷開き祭は残念ながら「吉祥寺糸モノまつり」とは日程が合わないのですね。合わせて行けるといい感じなのですが(苦笑)。(荷開き祭は、山梨本店が11/22,23、吉祥寺店が11/29,30です)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫