【教室】袋織りのきんちゃく

 2004-09-04
二重織りとピックアップのサンプルをやったので、それらの技法で何かを織りましょうと言われました。大方のピックアップをやるだろうという予想を裏切り、袋織りをした天邪鬼な私。いや、袋織りは二重織りの応用ですけどね。
しかし、袋織りでかつスペース織りにしたので、けっこう経糸の張り方には気を遣ったし、織る時もいくらかは苦労したのでした。

仕上がり予定寸法
40×40cm
経糸総本数
30×6+9+10=199本
整経長
1m
通し幅
40cm
筬目
5目/cm 両脇一部丸羽
使用した糸(経糸緯糸とも)
綿10/6のH13とH11の2色
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
2004/7/18~2004/9頃
参考書籍
『ハンドウィービング―手織りの実習』
『組ひもで作るアクセサリーと小物―組ひもディスクと組ひもプレートで簡単&スピーディー』←紐作成に参考にしました

袋織りのきんちゃく
上下はマクラメのようなことをし、紐は手ごろな紐がなかったので、組みひもプレートで組紐に初挑戦しました。
※ 組ひもプレート……ハマナカで出している組ひもづくりツールの一つ。

ところで本当はバスケットボールいれを作るつもりだったのですが(そのために色合いもユニフォームと合わせたのですが)。
到底バスケットボールなど入らないサイズに出来上がったので、結局バッシュ入れになっています……。

参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:スペース織り、整経、整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
は行:ピックアップ、袋織り
ま行:丸羽
や行:緯糸

スポンサーサイト

【教室】二重織りとピックアップのサンプル

 2004-09-03

経糸総本数
76本
整経長
1m
通し幅
15cm
筬目
5目/cm
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
2004/6~7
参考書籍
『ハンドウィービング―手織りの実習』

二重織りが出来ると、袋織りもできるし、倍幅も織れます。
ピックアップも出来ます。
というわけで、2004/6~7にかけて、二重織りのサンプル、合わせてピックアップのサンプルを作成しました。

二重織りとピックアップのサンプル
この画像の下の部分、めくっている辺りが二重織り部分、その次の市松模様がピックアップの課題でした。
……でも、先生、ピックアップで市松模様はどうかと思うのですが……(あまり苦労の甲斐がなくないですか、市松だと)。
というわけで自発的にバッテンとかをやってみた後、「よしピックアップのコツをつかんだ!」と豪語して、絵とかもピックアップしてみました。
この絵については……先生は「あれよね、ワンちゃんよね」と言い、母は「イノシシ?」と言いました。
ええ、イノシシです。イノシシですとも!!

ピックアップは、とどのつまり二色のドット絵が描けるようなものなので、図案を考えるのは楽しいです。
楽しんでやっていたし、「コツをつかんだ!」とか豪語していたので、教室中の人から「絶対次はピックアップで作品を作ると思った」と言われましたが……この次の作品は袋織りでした(笑)。
だってピックアップ、すんごく手間かかるんですもの……。好きですけどね、ドット絵(^^;。

参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:整経、整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
は行:倍幅、ピックアップ、袋織り

【教室】ネクタイの裂き織りバッグ

 2004-09-02
父からもらった古いネクタイが何本もあったので、裂き織りをして、小さいバッグを作ろうと思いました。
経糸を何にしたらいいかと先生に相談したところ、鉄媒染した絹糸がいいのではないかと言われました。そこで、その時ちょうど染料をとってあった啓翁桜を、鉄媒染で染めました。→啓翁桜で染めた絹糸

仕上がり予定寸法
25cm×42cm
経糸総本数
108本
整経長
42+4+70=約120cm
通し幅
27cm
筬目
4目/cmの片羽
使用した糸
経糸:ペニーロービング1/6番手 啓翁桜で染めたもの(鉄媒染)、緯糸:ネクタイ9本+手持ちの赤いラメ入りの糸
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
2枚
作成期間
2004/2頃~6/12
参考書籍
『すぐ使いたい裂織りバッグ』

当初、ネクタイは4本位で足りるのではないかと言われたのですが、4本分織ってもまだ経糸が半分位残っていたため、また5本ほど切って織り続けました。こちらは少し残ったので、実質はネクタイ8本分位だと思われます。

そして出来上がってみたら、布のサイズは何故か26.5×75cmでした。……昔から織り残し分を70cmで計算していたのですが、もう少し少なくして大丈夫のようです。
ネクタイ裂き織り布
予想外に大きくなってしまった布地。切り捨てるのも勿体無いので、当初の予定と使う方向を変えてバッグを作りました。
持ち手は革で、肩からかけられる長さにしました。
ネクタイ裂き織りバッグ表
ネクタイ裂き織りバッグ裏
予定とは全然違うわけですが、意外に使い勝手のいいサイズのバッグが出来上がりました。

講師養成講座終了作品になりました。


参考用語
あ行:筬、筬目
か行:片羽
さ行:裂き織り、整経、整経長、綜絖
た行:経糸、鉄媒染、通し幅
は行:媒染、番手
や行:緯糸

【教室】手紡ぎ手織り教室講師養成科

 2004-09-01
2004/4から、講師養成科になりました。
順調に2004/9に終了しました。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫