昼休みにブラックウエルシュマウンテン?を紡ぐ

 2017-06-28
カーネーション染めの真綿を六月頭に紡ぎ終えてしまったので、何か昼休みに紡ぐもの…と探したら、「ブラックウエルシュマウンテン 2015年teaさん」とメモした毛が出てきました。
新・東京スピニングパーティー2015の、「トップホイールスピンドルで紡ぐ細番手の糸 サンカグローブ レース糸とカーディング」ワークショップでいただいた毛ですね。

そこでいただいたからにはレース用の糸だろう、じゃあ細く紡ぐか、と、コットン用のカーダーとteaさん製7gスピンドルポンタさんの7gスピンドルと毛を持って会社に行きました。

teaさんスピンドルである程度紡いで、次にポンタさんスピンドルでまたある程度紡ぎました。ワークショップで教わったやり方で双糸にしようと思ったからです。
で、単糸二本作るのに7gスピンドルを二つとも使ってしまったので、「これほど軽いスピンドルはもう持ち合わせがないんだが、双糸にするの、どのスピンドルでやろう…」と思っていたのですが。ローソンのお箸スピンドルを作ったので、軽いスピンドルはばっちりです(笑)。

なお、お箸スピンドルを作った時、(そちらのブログ記事にも書きましたが)試しでもこの毛を紡いでいます。ほんのちょっとですが。

ところで、お箸スピンドルを作った時の記事を見て、baruさんに「これはブラックウエルシュマウンテンではなくウエルシュマウンテンではないか」と指摘をいただきました。ワークショップの時にブラックウエルシュマウンテンと聞いた気がしたのですが。気のせいかもしれませんね…。というわけで今回タイトルは「?」付きにしました。

で、スピンドルを作った時に、ワークショップの内容を確認したら、「ブラックウエルシュマウンテンはレースには向かないけれど、繊維がわかりやすいので用意した」と言われたとブログに書いてありました…。なんだ細く紡ぐのに挑戦したのに、特にレース向きじゃないのか…。

ま、まあ(私の場合)レースを編むわけじゃないので問題ないのですが、何となく拍子抜けしたので、まだ毛は半分位ありましたが、そこでいったん止めて双糸にすることにしました。
二つの7gスピンドルで紡いだもの、あと、ローソンのお箸スピンドルで試しにちょっと紡いだものとで、二本を引きそろえてスピンドルにいったん巻きます。これもワークショップで教わった方法です。
一旦引き揃えてスピンドルに巻き、スピンドルで撚りをかけながら、紙の円盤に巻いていきます。
使ったスピンドルと巻いた紙の円盤
紙の円盤、結局三つに巻きました。左側にあるのは使ったスピンドル。
この紙の円盤に霧吹きで水を吹きかけて、日向に放置しておけば撚り止め完了、と言われたので、そのようにしました。

で、その後、かせにしたところ。下には使った紙の円盤を置いています。一番右の円盤は、スピンドルにするべく切ってあった厚紙ですが、これだけ半径が大きすぎて、手持ちのパンチでは真ん中に穴があけられなかったんですね。それで円盤として利用。
ほかの二つは、、紙ごみの中にチップスターの蓋があったので、利用しました(笑)。
かせ三つ
一番左のかせをアップにするとこんな感じ。ほんわかしています。
かせ一つのアップ


紡いだ道具
単糸:teaさん製7gスピンドルポンタさんの7gスピンドル、 ほんのちょっと、ローソンのお箸スピンドルのうち、4.5gのもの。
双糸:ローソンのお箸スピンドルのうち、4.5gのもの
紡いだもの
2015年の新・東京スピニングパーティー2015のワークショップでもらった、(ブラック?)ウエルシュマウンテン
紡いだ量
4.97g、2.14g、3.49g
紡げた長さ
35.4m、18m、31.95m
共通番手
7.12m/g、8.41m/g、9.16m/g
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
2017/6月

7~9番手ですかね。単糸では14~18番手位かと思えばまあまあ細いでしょうか…。

参考用語
あ行:ウエルシュマウンテン
か行:カーダー、かせ
さ行:スピンドル、双糸
た行:単糸
は行:番手、ブラックウエルシュマウンテン
ま行:真綿
や行:撚り


スポンサーサイト
カテゴリ :スピンドルでウールを トラックバック(-) コメント(0)

昼休みにカーネーション染めの真綿を紡ぐ

 2017-06-04
ゴールデンウィークに丹波大阪に行ったので、道中の時間潰しに、カーネーションで染めた真綿とスピンドルを持っていって、ちょこっと紡ぎました。

5月半ばに、昼休みに紡いでいたポロワスを紡ぎ終えたので、次に昼休みに紡ぐものとして、紡ぎかけだったカーネーションで染めた真綿とスピンドルを持って行きました。
そして、6/2まで昼休みに紡ぎ、最後は世界卓球を見ながら紡ぎ終えました。カーネーションで染めた真綿を紡ぐ
ところどころ細く、ところどころぷつぷつ。

ところで紡いでいる時に友人に問われました。「それは何になるの?」「人形のきもの」と答えてしまったからには、人形の反物を織らなくては…。


紡いだ道具
桜楓スピンドル
紡いだもの
濃いピンクのカーネーションで染めた真綿
紡いだ時期
2017年5月3日~6月2日


とりあえず6月にいただいた花束で染めた真綿は全部紡ぎ終わりました。


参考用語
さ行:スピンドル
ま行:真綿


カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

昼休みにカーネーション染めのポロワスを紡ぐ

 2017-05-14
4月から週に二回は自社でお昼を食べています。そのため、昼休みの紡ぎ生活が復活しました。
ウメオで買った石スピンドルで、カーネーションで染めたポロワスを紡ぎました。
カーネーション染め単糸
紡げていますが。スピンドルのこまが上にあるタイプは、こま部分を越えてフックに引っ掛けて紡ぐじゃないですか。どうもこの石のこまは、良く滑ってひっかかるところがないので、フックに引っ掛けると糸になった部分がずるずる出てきちゃいます。ぐるぐる巻くとか色々試しましたが、あまり芳しくありません。

で、双糸にするのは家で、豆楓スピンドルでやりました。快適快適。
ちなみに、前回で味をしめたので、アンデスの撚り合わせでスピンドルから外しましたが。途中で眠気に負けてわけがわからなくなりました…。眠い時は玉巻き器の方がいいですね。というか、眠い時は作業をしないで寝よう>自分。

ま、まあ起きてからまた手に巻き付けて、手首に寝る前のと寝て起きた後のと二つかけて双糸にしました。
カーネーション染め双糸


紡いだ道具
単糸:ウメオで買った石スピンドル
双糸:豆楓スピンドル
紡いだもの
カーネーションで染めたポロワス
紡いだ量
11.0g
紡げた長さ
35.25m
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
単糸:2017/4~5月
双糸:5/12

参考用語
さ行:スピンドル、双糸
た行:玉巻き器、単糸
は行:番手、ポロワス
や行:撚り

カテゴリ :スピンドルでウールを トラックバック(-) コメント(0)

いただいた桜染め原毛を双糸にする 2

 2017-05-10
いただいた桜染め原毛の残りのローラッグをJoyで紡いだものについては、それなりに量があったので、玉にしてからJoyで双糸にしました。
桜染め原毛をJoyで双糸に

ああなんかダメなところに巻き付いてるのがこの写真だと見えちゃうぞ!(苦笑)

紡いだ道具
Joy 回転比は6:1。
紡いだもの
kisaragiさんにいただいた桜染め原毛
紡いだ量
45g
紡げた長さ
121.9m
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
双糸にしたのは5/7


参考用語
さ行:スピンドル、双糸
た行:玉、単糸
は行:番手
や行:撚り
ら行:ローラッグ
カテゴリ :紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

いただいた桜染め原毛を双糸にする

 2017-05-09
桜染め原毛を電動紡ぎ機とJoyで紡いだものを、それぞれアンデスの撚り合わせで左手首に巻いてからスピンドルで双糸にしました。

アンデスの撚り合わせで双糸に

左側が電動紡ぎ機で紡いだものを双糸にしたもの。
紡いだ道具
Teaさん製7gスピンドル
紡いだもの
kisaragiさんにいただいた桜染め原毛
紡いだ量
1.42g
紡げた長さ
4.9m
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
双糸にしたのは5/7
共通番手で3.45、毛番手で2/6.9でしょうか。単糸の時より量が増えているのは、Joyで紡いだものをかせにするときに抜けた分も合わせて双糸にしたからです…。


右側がJoyで紡いだものを双糸にしたもの。
紡いだ道具
ひつじやさんスピンドル
紡いだもの
kisaragiさんにいただいた桜染め原毛
紡いだ量
3.13g
紡げた長さ
9.1m
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
双糸にしたのは5/7

共通番手で2.91、毛番手で2/5.81でしょうか。

ポワポワした可愛い糸になりました。蒸して撚り止めしましたが、桜染めはいい匂いがしますねー。

参考用語
さ行:スピンドル、双糸
た行:単糸
は行:番手
や行:撚り
カテゴリ :スピンドルでウールを トラックバック(-) コメント(0)

桜染め原毛を電動紡ぎ機とJoyで紡ぐ

 2017-05-07
前回の記事のとおり、大阪でAtelier kisaragiさんを訪問しました。その辺り、記事にしてくださっています。通常の持ち物でも、この位は織ったものが入っています(笑)。なお、魚柄の絣シャツは、丸山染織さんの生地です。

で、kisaragiさんでは電動紡ぎ機を体験させていただき…ちょっとしか紡げなかったのは前の記事のとおりです…。でも用意してくださったローラッグを持ち帰らせてくださったので、残りを早速家で紡ぎました!Joy回転比6:1で。
電動紡ぎ機とJoy
右側は電動紡ぎ機で紡がせていただいたもの。6mしか紡げていませんよ…。1.23gなので共通番手4.9位?
左側は、電動紡ぎ機で紡いで…そのまま引き抜けちゃった部分などを、ローラッグの残りの部分と共にJoyで再度糸にしたもの。3.13gで、18m位。共通番手で5.75番手位。

残りのローラッグをJoy回転比6:1で紡ぎました。
Joyで桜染め原毛

かせにしてみたところ、終わりの方はそれなりの糸になっていました。
身に沁みついていない…とBaruさんの講習会の時に取ったノートを持ち出して見ながら紡いだのがよかったでしょうか。後ろ引きロングドロウで紡ぎました。
ちなみに、身に沁みついていないと思った最初の辺りは、かせにする時にさんざん抜けました。撚りが甘すぎ。
Joyで桜染め原毛 かせ
45gで241.5m。共通番手で5.37番手。途中、すっごく細いところもあるのですが、平均するとそんなものです。

全体通して…大体5番手前後ですかねえ。


カテゴリ :紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)

アルパカを双糸に。残りはナバホ撚り

 2017-04-08
先日紡いだアルパカ。早速玉にして、翌日から双糸にしました。例によってテレビを見ながら。&とても久しぶりに、昼休みに職場で。

一番量が多いやつに、少ないの2つを合わせて双糸にしましたが、1玉は双糸になりきらず余りました。余ったものはこれまた久しぶりにナバホ撚りをしました。
アルパカを双糸とナバホ撚りに
左の太いのが双糸、右がナバホ撚りです。

アルパカ双糸アップ
双糸をアップで撮影。もわもわっとしています。

アルパカナバホ撚りアップ
ナバホ撚りをアップで撮影。もっともわもわっとしていますが、これは映したところがたまたまそうだったんですね。ナバホ撚りだからもわもわしたというわけではないです。
紡いだ道具
双糸はアシュフォードのスチューデント
ナバホ撚りは豆楓スピンドル
紡いだもの
アルパカ牧場で入手したランク2 ローズグレイのアルパカの毛
撚り
Z撚りのものをS撚りに。
紡いだ量
双糸が80g、ナバホ撚りは11g
紡げた長さ
双糸が125.25m、ナバホ撚りが11.25m


共通番手でいうと、双糸が1.57m/gで、ナバホ撚りが1.02m/gでしょうか。毛番手は2/3.14と3/3.06ですか?

写真撮影後、洗って撚り止め中です。(だから重さも長さも変わるかも…)


参考用語
あ行:アルパカ
さ行:スピンドル、双糸
た行:玉
な行:ナバホ撚り
は行:番手
や行:撚り
カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

スピンドルでアルパカを紡ぐ

 2017-04-03
その昔那須のアルパカ牧場でアルパカの毛を買ってきました。その昔っていつだろうと思ったら2007年でしたよ…。9年半前…。
その買ったアルパカの毛をスピンドルでちまちま紡ぎ続けて…来た分が今回のものかと思ったら、一応2009年に一部を一回アップしていました。その後2010年にそれを双糸にもしていました。
というわけで今回紡いだ分は、、、、他のいろいろな情報も合わせると2011年から紡いでいた分らしいです。
アルパカを紡ぐ
ちょっとアップにするとこんな感じ。…大差ないかな。
アルパカを紡ぐ ちょっとアップ

一番右側が2011年から紡いだ分です。2011年~2016年かな。いざ2016年に紡ぎを再開してみたら、スピンドルけっこういっぱいだったので、2016年から真ん中の分を紡いでいました。で、2017年のフィギュアスケート世界選手権女子フリー(4/1 1:50a.m.とかから)を見る時に持ち出して来て続きを紡ぎました。
またスピンドルがいっぱいになったので、ニディノディでかせにして、その後左側の分を紡ぎました。女子フリーを見ながら全部紡ぎ終わった!…と思ったら、もうちょっと残っていたので、4/1の5:30p.m.の男子フリーを見ながら(いや、番組の説明はそう書いてありましたが、実際には最初の内は女子のフリーの録画放映でしたね)紡ぎ切りました。そしてまたニディノディでかせに。
うーん、6年もかかっていたのに、半分近くは1日で終わっています…。

なお、2017年4月に紡いだ分はカーディングしてから紡ぎました。その前の分(要するに写真右側全部と、真ん中のものの大半)はカーダーもかけずに紡いでいました。

紡いだ道具
豆楓スピンドル
紡いだもの
アルパカ牧場で入手したランク2 ローズグレイのアルパカの毛
撚り
Z撚り
紡いだ量
写真右から40g、23g、29g
紡げた長さ
写真右から126m、68.25m、93m


共通番手でいうと、写真右から3.15m/g, 2.97m/g, 3.21m/g。
うーん、ところにより太さはまちまちなので、単純にだから真ん中が細い、とも言いきれないのですが…。

ところで最初にアップした時にも言っていますが、この毛とってもネチネチで…。双糸にしてから、もう一回洗おうと思います…。


参考用語
あ行:アルパカ
か行:カーダー、かせ
さ行:スピンドル、双糸
な行:ニディノディ
は行:番手
や行:撚り
カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

ノコンギク(?)で染めたポロワスを紡ぐ

 2017-01-25
週末テレビを見ながらやる作業として、スピンドルとこないだノコンギクらしきもので染めたポロワスを持ち出しました。
土日でもうちょっと、というところまで進んだので、久しぶりに月曜日の昼休みに職場で紡いだら紡ぎ終わりました。
で、その晩玉にして、火曜日と水曜日の昼休みに双糸にしました。
紡ぎ終えた状態。
スピンドルで紡ぎ終えたところ
アップ。うーん、太さが不揃い…。
アップ
かせにしたところ。
かせ

紡いだ道具
桜楓スピンドル
紡いだもの
ノコンギクらしきもので染めたポロワス
紡いだ量
10.17g
紡げた長さ
39.75m
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
2017/1

共通番手で3.9、毛番手で2/7.8ですかね。

参考用語
か行:かせ
さ行:スピンドル、双糸
た行:玉、単糸
は行:番手、ポロワス
や行:撚り
カテゴリ :スピンドルでウールを トラックバック(-) コメント(0)

推定アルパカ(こげ茶)とシュロップシャーを混ぜたものを紡ぐ

 2016-09-28
推定アルパカと羊毛を混ぜなくちゃ!…とは随分前から思っていて、シルバーウィークに推定アルパカを出すべく、紡ぐものを入れてある箱を開けたら、混ざっている毛が出てきました…。
2016年初の所有している毛を確認したらちゃんとありました。…2015年のにもありました…。…混ぜたまま何年放っておいたんだ!?と思って混ぜた記録を探したら、2012年6月に電動カーダーの試用をした話が出てきたので…、量は合わないけどそれか!?…と思ったのですが。
試用した分はちゃんと紡いでいました
ということは全く記憶にないのですがその後110g位は混ぜたのですねー…。

気を取り直して、紡ぎ。
セミ梳毛糸のショートドロウ前引きで単糸を紡ぎました。
推定アルパカ(こげ茶)単糸

この2ボビンを合わせて双糸にしました。
推定アルパカ(こげ茶)双糸と単糸
一番左側のは余った単糸。これだけしか余らないとは。上の写真で右側のボビンの方がかなり量が多いように思いましたが、長さはそんなに変わらなかったのですね。つまり、糸の太さが違うのだなあ。

アップ写真。
推定アルパカ(こげ茶)双糸アップ最初のかせ
推定アルパカ(こげ茶)双糸アップ二番目のかせ

ふっくらほんわりしていて、軽いです。アルパカ(推定ですが)だからかなあ。


紡ぎ機
アシュフォード ジョイ
回転比
単糸の時は一番外側から試して、内側から二番目で落ち着きました。だから11:1じゃないでしょうか。
双糸の時は回転を抑えるため、一つ外側にしました。だから8:1だと思います。
紡いだもの
いただきものの推定アルパカ(こげ茶)とシュロップシャーを混ぜたもの。混ぜ率は…忘れましたが、大分白いところとそうでもないところがあるのできっとところにより色々。
紡いだ量
双糸のかせ1:59g
双糸のかせ2:47g
単糸:1.84g
紡げた長さ
双糸のかせ1:185.25m
双糸のかせ2:166.2m
単糸:14.25m
撚り
単糸でZ撚り、双糸でS撚り
紡いだ時期
2016/9/22~28

共通番手で、双糸は3.14番手と3.54番手。単糸は7.75番手でしょうか。


参考用語
あ行:アルパカ
さ行:シュロップシャー、双糸
た行:単糸
は行:番手、ボビン
や行:撚り

カテゴリ :紡ぎ機で トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫