2017-09-16

おーばーしょっと【オーバーショット】[overshot]
アメリカやカナダではよく行われる織り方で、基本は山形斜文織。同じ段に続けて緯糸を入れるので経糸が浮く。そのため模様と交互に平織りを入れておさえる。4枚綜絖以上で可能。
作品例:オーバーショットの作品例1
    オーバーショットの作品例2
    オーバーショットの作品例3
参考:『WEAVING OVERSHOT』
   『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2005/10/21記)(2005/10/27追記)(2016/06/12修正)
おーぷんりーど【オープンリード】
リード=筬がオープンであること。つまり、咲きおりのように筬がきちんと閉じられていないため、途中で経糸を変えたりできるようなもののこと。(2016/3/7記)
おーぷんわーく【オープンワーク】
経糸や緯糸を束ねたりからめたりして、空間を空ける技法。
参考:『手織りの布がある暮らしII 羊たちからの贈り物』
   『プレーンウィービング―平織りであなただけのすてきな布を』
(2006/4/10記)
おきしどーるだっしょくほう【オキシドール脱色法】
きのこや海草などをオキシドールで脱色することにより、少量で濃く染色する方法。
参考:『だれでもできる 最新 草木の染色教室』(2007/12/14記)
おさ【筬】
金属などが等間隔に並べられたもので、経糸を均一に入れ、緯糸を打ち込むために用いる。(2005/09/28記)
おさとおし【筬通し】
筬に糸を通すこと。また筬に糸を通す道具のこと(2005/09/28記)(2005/10/23追記)
おさめ【筬目】
筬の目の密度。5目/cm又は5/cmというと、1cmに5目あるということ。目は羽ともいう。10cmの目数で50羽などと密度を表すこともある(特に簡易の卓上手織り機など)。(2005/09/28記)
おぱーるかこう【オパール加工】
ポリエステル繊維などの合成繊維と、綿やレーヨンなどのセルロース系繊維など、2種類の繊維で交織・交編した布地に、硫酸などの強い酸性色糊でデザインを捺染した後、高温処理によって、セルロース系の繊維を脆化・除去して、透かし模様を作る加工。(2007/10/1記)
おはぐろばいせん【おはぐろ媒染】
鉄媒染の一つで、錆びた釘を食酢などに浸して作ったおはぐろ液を用いたもの。
参考:『草木染―四季の自然を染める』
(2006/3/7記)
おまき【男巻き】【緒巻き】
織り機の奥側についていて、経糸を巻きとる棒のこと。ワープビーム、千切りともいう。(2017/5/13記)(2017/9/16変更)

スポンサーサイト

 2013-09-23

あいぞめ【藍染め】
タデアイ、インド藍、琉球藍などの藍を用いて染めること。日本では藍建てという方法で染められていた。現在は科学的に作った合成藍がよく用いられる。インド藍は市販されているので、家庭で染めるのに便利。尚、藍には通常染まりにくい木綿でもよく染まるという性質がある。
参考:『染める紡ぐ織る』
   『インディゴ・ブルー 藍色に染める』
(2006/3/30記)
あきは【空き羽】
筬に経糸を通さない目を作ること。(2005/10/17記)
あさ【麻】
大麻、苧麻、亜麻などがある。亜麻は紡いで糸にする。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2007/11/6記)
あじろおり【あじろ織り】
あじろ柄になる織り方。あじろ柄というのは漫画で言うとアミカケの1カケみたいな模様……ってかえってわからない説明だろうか。
組織としては平織りなので、簡易卓上織り機でも織ることができる。
経糸も緯糸も2色の色を一本交互に入れる。途中、二本続けて同じ色を入れることで、模様が切り替わる。
本来、「網代」とは斜めになるものなので、昔はこういう柄は「あじろ織り」とは言わなかったらしいが、最近の(特にリジットヘドル用の)本では、平織りでできるこの柄のことをあじろ織りと言っている。
参考:『手織り入門―いろいろな織り方がわかる12のレッスン』
   『生活実用シリーズ 簡単手づくり 裂き織り小物』 ←こちらは裂き織りな上、多少応用が入っているので、あじろ織りそのものを学ぶにはわかりにくいかも。
   『たのしい手織りもの』
(2005/12/18記)(2005/12/19追記)(2013/9/23追記)
あじろしゃもんおり【あじろ斜文織り】
変化斜文織りの一つで、反対方向の二つの斜文を組み合わせ、あじろ柄が出るもの。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2006/05/07記)(2016/06/12追記)
あとばいせん【後媒染】
媒染を染色の後に行うこと。後とはいっても、絹(先媒染もあり)・木綿(基本後媒染)・麻(基本後媒染)の場合は、染色→媒染→残液で染色、と媒染の後にもまた染色を行うことが望ましいらしい。羊毛の場合は(基本先媒染だが)一度しか媒染を行わないので、後媒染したら完了。→媒染
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2006/09/13記)(2006/09/14修正)(2009/3/14追記)
あまより【甘撚り】
撚りがあまりかかっていないこと。⇔強撚(2006/10/12記)
あや【綾】
整経時に経糸の順番がわからなくならないよう、経糸を∞のような感じで整経するが、その交差させた部分のこと。(2006/3/17記)
あやとり【綾取り】
整経時に綾を作ること。(2006/3/17記)
あやおり【綾織り】
斜文織り(2005/09/23記)(2005/12/2修正)
あるかりちゅうしゅつほう【アルカリ抽出法】
染料液を作る際に、アルカリによって、染料を抽出しやすくする方法。水で抽出(中性抽出)より草木の持つ色素をより多く出すことができる。但し、余分な色も出て、色が濁ることもある。
尚、炭酸ソーダ(=炭酸ナトリウム、ソーダ灰)0.5%/lの溶液で煮出し、2回目からは0.4%/lの溶液で煮出す、という記載が以下の2つめの参考文献に載っている。……1Lに対し0.5%とはどういう意味だろうか……。%なら/lは書かなくていいのでは。それとも2lだったら1%にしろと?(そんな馬鹿な)%の分母が液量ではないのだろうか。……染材に対し0.5%?そんな気もしてきた。
参考:『ホームスパンテクニック』
   『ハンドウィービング―手織りの実習』
(2009/3/14記)
あるみばいせん【アルミ媒染】
アルミ成分を用いた媒染。みょうばんや酢酸アルミ、椿灰などがアルミ成分を含む媒染剤。(2007/12/14記)
あるこーるちゅうしゅつほう【アルコール抽出法】
水で煮出すだけでは色素を取り出しにくいものから色素を取り出すために、アルコールにつけてから抽出する方法。根っこ系には特に有効らしい。
参考:『だれでもできる 最新 草木の染色教室』
(2007012/14記)
あるぱか【アルパカ】
アンデスの高地に生息するラクダ科の動物。毛は太めで長くまっすぐ。染色性はよくないため、天然の色のまま使うことが多い。光沢はないが柔らかくぬめりがある。
参考:『手織りの布がある暮らしII 羊たちからの贈り物』
(2007/02/12記)

 2010-09-30

えがすり【絵絣】
デザイン画にしたがってくくった糸を使って織ることで絵模様を織り出した絣。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』
   『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
(2005/11/6記)
えすより【S撚り】
糸の撚り方向の一つで、「\」の向きになる。この「\」をSの真ん中の線に見立ててS撚りと言う。また、右撚りとも言う。
紡ぎ機では、ドライブベルトがストレートにかかっている場合には車輪を反時計回りに回す。クロスにかかっている場合には時計回りに回す。スピンドルでは反時計回り。
身近なものでは手縫い糸がS撚り。
また、右利きの人が棒針編みで編むときに編みやすいのがS撚りのため、棒針用の市販の毛糸は大抵S撚り。
撚り方向には他にZ撚りがある。
参考:『ホームスパンテクニック』
(2006/09/13記)(2006/09/14修正)(2009/6/13修正)(2010/09/30追記)
えむえむえふ【MMF】
考案者のイニシャルをとってこの名になっている。
ラフに織った地糸と同じ段に柄糸を入れる。織成もしくは縫い取りの一種かもしれない。
参考:『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
(2006/3/6記)
えむずあんどおーず【エムズアンドオーズ】【M's & O's】
→吉野織り(2016/06/18記)

 2008-04-05

うぇりっしゅまうんてん【ウェリッシュマウンテン】
羊の種類。白髪っぽい毛質。その割には弾力がある。
参考:『ホームスパンテクニック』
   ポンタさんの羊の手帖
(2008/02/16記)
うぇんずりーでぃーる【ウェンズリーディール】
羊の種類。繊維が長く、光沢がある。巻き毛が美しく人形の髪の毛にも使われるらしい。
参考:『ホームスパンテクニック』
   ポンタさんの羊の手帖
(2008/04/05記)
うかしおり【浮かし織り】
地糸とは別の糸で、模様をすくって糸を浮かせる織り方。浮き織りと同じにも思える。
参考:『たのしい手織り』
(2006/3/26記)
うきおり【浮き織り】
基本的には、糸が浮き上がる織り方。しかし以下の通り浮かせ方に種類がある。この織り方を浮かし織りと言っていることもあるように思う。
  1. 経糸をすくって(布地の裏面を見て織っている場合には、すくって。表面を見て織っている場合には、とばして)緯糸を浮き出させる方法。地の糸と同じ糸で行うこともあるが、別の糸で模様をより際立たせることが多い。スウェーデンのハーフクラバやドカコングもこの浮き織りの一種。
    参考:『手織り入門―いろいろな織り方がわかる12のレッスン』
       『生活実用シリーズ 簡単手づくり 裂き織り小物』
       『たのしい手織りもの』
       『私の手織り[SAORI]』
       『もっとかんたん、やさしい手織り』 (26番の作品が浮き織り)
       『木枠で手織り―スウェーデンスタイルで始めましょう』
  2. 上の浮き織りは、「浮いている経糸を沈ませる」だけだが、ほかに「沈んでいる糸を浮かす」ことによって経糸を浮かせたり、その両方を実施して、片面では経糸が浮き、もう片面では緯糸が浮くようにするものも浮き織りということがある。
    参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
  3. 特別組織のハック織りの別名。→ハック織り
    参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』

(2005/12/11記)
うねおり【畝織り】
畝のある織り方。組織によっても発生させられるが(→経畝織り、緯畝織り)、平織りでも緯糸に太い糸と細い糸を用いることで発生させられる。
下記の一つ目の参考本に載っている畝織りは平織りで緯糸に太い糸と細い糸を用いたもので、二つ目は太いところに糸を複数入れたもの。
参考:『生活実用シリーズ 簡単手づくり 裂き織り小物』
   『ウィーヴィング・ノート―織物と組織・織りの計画・織りと道具』
(2005/12/18記)(2005/12/19修正)(2016/06/12追記)

 2007-12-11

いたじめ【板締め】
布を折り畳んで二枚の板でぎゅっとはさんで染める技法。板ではさんだ部分は染まらず、他の部分が染まる。
参考:『染める紡ぐ織る』
   『インディゴ・ブルー 藍色に染める』
(2006/3/30記)
いたひ【板杼】
英語ではFlat shuttle。杼の一種で、主に太い糸を巻いて使用する。(2005/10/20記)
いちまつろ【市松絽】
平織りと紗組織(絡み)が市松状に並んだ織物。『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』では、平織り綜絖4枚と半綜絖2枚で織るとなっているが、絡みである以上、絡み部分を地道にやるなら、2枚綜絖やリジットルームでも作ることは可能な筈だと思う。
(2006/3/20記)(2006/3/21修正)
いちらくおり【いちらく織】
一楽織、市楽織、とも。組織が籐編物の「一楽あみ」に似ていることからこの名がある。多分4枚綜絖で可能。
参考:『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』
(2006/3/21記)
いとぐるま【糸車】
紡ぎ機の、輪の部分。ホイール、はずみ車ともいう。(2005/11/06記)
いとまき【糸巻き】
木枠や管に糸を巻くこと。木枠には座繰り、管には管巻き機を使用する。(2006/3/21記)
いんぐりっしゅからーど【イングリッシュカラード】
アナンダさんで販売されている羊毛の商品名。羊種が何かはアナンダさんでも不明らしい……(2007/12/11記)
いんぐりっしゅれすたー【イングリッシュレスター】
羊の品種の一つ。その原毛には光沢がある。ラグやタペストリーに向く。
参考:『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』
(2006/09/14記)(2006/09/27追記)
いんたーろっく【インターロック】
綴れ織りの技法の一つ。垂直線を入れたい位置で、右側の緯糸と左側の緯糸を絡める。
参考:『ハンドウィービング―手織りの実習』(2005/09/29記)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫