イヌビユで綿糸を染める

 2016-07-31
今年もプランターと植木鉢で棉を育てていますが、例年通りプランターはイヌビユにのさばられています。
棉とイヌビユ
手前のがイヌビユ、支柱があるのが棉です。一番奥のプランターもイヌビユと棉が共存。

いやさっさと抜けばいいのですが…。イヌビユ染めに味をしめてしまったので、イヌビユも育ててしまったのです(笑)。
しかし、大きいの3本、中くらいの2本、さらに小さいのがばしばし生えてきていましたので、「そろそろ染めに使うか!」と7/30に採集しました。

ちょうど100gありました。土曜日のうちに、染液を1番液・2番液ととりました。

生100gだから50g位染められるか…と何を染めようか考えました。
原毛だと、染めたい量に分けやすいのですが、イヌビユで原毛は何度か染めていますし。
いずれ、せっかく同じプランターで育った仲なので、うちで収穫した綿たちとコラボレーションさせたい、と思うと、綿糸を染めておくといいかもしれない、と思って市販の綿糸を染めることにしました。
いや、一番いいのは、うちで収穫した綿を紡いだ糸を染めることかもしれませんが。生憎50gも収穫した綿で紡いだ糸がなかったのです。

しかし綿糸は100gのかせしかなかったので、何とかかせを分けました。あみそがちゃんとしていませんでしたが、何とか分けられました。ラッキー。
そして、ディスポンで濃染。二つに分けたかせを両方とも濃染しました。ついでにハンカチタオルも3枚位いっしょに濃染しました。

染めた後、放置冷却するのを忘れて、ざるにあけてしまったり(染液は流してしまったので取り返しがつかず…)、50gだから、浴比1:30で媒染するなら、水は1.5リットルでいいのに、うっかり3リットル用意してしまったり(酢酸銅5%溶液は、水1.5リットルに対する量しか入れてなかったんですが)、何か色々ドジをやりました…。

出来上がりはこちら。
イヌビユで染めた綿糸
右は濃染媒染だけした糸。左がイヌビユで染めた糸。色々ドジをした割には、ちゃんと緑に染まっています。

…ちょうど、脱水してさばいている時に、テレビ(鉄腕ダッシュ)で徳島特産のすだちが入ったそうめんを映していたのですが、色合いがそっくりでした…。ただでさえ綿糸を煮ると、そうめんっぽいのに…。
ちなみに今日のお昼はそうめんでした。放置冷却せずにざるにざっと開けてしまったのは、そうめんと同じ扱いをしてしまったせいではないかと疑っています…。
(昨日の昼ご飯はうどんで、一昨日の夕飯はそうめんと、最近ゆでてざるにあけて洗うものばっかり食べているのです…)


スポンサーサイト
カテゴリ :綿糸・綿布を トラックバック(-) コメント(0)

ジーンズその他を染める

 2016-05-16
母から汚れちゃった白ジーンズと、色あせてきたブルージーンズ(ストレッチ素材)を染めるよう頼まれていました。
被染物

最初は藍染めをしようかと思ったのですが。200g位染められる程しか手持ちの染料がありませんでした。
いくら母のジーンズが小さいとはいえ1本400gはあります。
そういうわけで化学染料を購入してきました。

使ったのは「みやこ染めのECO染料 コールダイオール/F」のネイビーブルーというやつです。教室で染めをやった時にこのシリーズの染料を買ってくるよう言われたので、化学染めだとついこれを買ってしまいます。もっとも教室でやった時はコールダイホットでした。今回はコールダイオール。
ホットじゃなくオールだからか、説明書が前より分かりやすかったです。今だとホットでもわかりやすいのかしら…。

コールダイオールは1本で布が約250g染まります。染め液量は7.5L。
母のジーンズは450g弱でしたが、ちょっとだけ残してもしょうがないので、2本入れました。
但し、うちの鍋は14リットルしか入らないんですよねー。12リットル位で染めました。
濃度はかなり濃いですね…。

これ以上大きい器で染めようと思ったら…洗濯機ですかね。コールダイオールは、そんなに熱くしないでいいので、洗濯機でもいけます。実際説明書の注意書きにも洗濯機で染める場合の注意書きが載っています。50度以上にしちゃいけないそうです。
かき混ぜながら染めたりするのにも洗濯機は楽でいいですよね。今度挑戦してみようかな…。
なお、今回もソーピングとかは洗濯機で済ませました。

さて。ジーンズは2本あるので本当は4本買うべきだったのですが…うっかり2本しか買ってませんでした。
糸染めしようと思って買った黒が2本あったので、ブラックジーンズにするのでもいいか、と思ったのですが。
ブルージーンズは下地がブルーなので残液でも大丈夫かなと思って、白を染めた後残液でブルージーンズを染めました。ダメならまた買って来て重ね染めすればいいですしね!

濡らして、脱水して、染めて、ソーピングして、ミカノールで色止めして、脱水した結果。
こちらは白ジーンズ。濃度濃い目の染料で染めたし、ちゃんと染まってます。鍋は小さかったけど、まあまだらでもない。
白かったジーパン

残液で染めたブルージンズがこちら。内側があまり染まっていませんが、こちらはストレッチ素材で、ポリエステルが25%位入っている生地なんですね。裏地には緯糸が多く出てるので、緯糸がポリエステルなのかな、と思いました。
蒼かったジーパン

ところで、その残々液もまだまだいけそうだったので…、こんなものを染めました。
シャツ
父がタクシーの運転手をしていた時のユニフォームのシャツです。同じシャツが何枚もあるのは裂き織りするのにいいのですが、全部白では織るのにつまらないので「どう染まってもいいし!まだらでもなんでも!」と思って残々液に4枚突っ込みました。
結果、綺麗に染まってしまい…。「これ、十分また着られるわ」という出来に…。
ま、まあ、リサイクルよりリユースの方がよりよいですよね!

とはいえ、一枚は衿のところがほつれていて、一枚は染めがまだらだったので、二枚は裂き織り用に回しました。
そしてほとんどワイシャツを着ることがない父に二枚戻してもな、ということで、一枚は父に戻しましたが、残り一枚は私のシャツになることになりました。いや着てみたら大して大きくなかったので…。

そして、草木染めで汚れた台を拭いてうっかり染料がけっこうついてしまった台布巾も、この際だからとシャツと一緒に残々液に放り込みました。
台布巾
ものすごく青くなって台布巾っぽくないわー…。
カテゴリ :綿糸・綿布を トラックバック(-) コメント(2)

またまたタオルハンカチをタマネギで染める

 2012-11-09
前回の成功に気をよくして、またまたタマネギの皮でタオルハンカチを染めました。今回は今年いただいたタマネギです。
2012年のタマネギの皮で染め

上の段はムラサキタマネギの皮、真ん中の段と下の段は普通のタマネギの皮(ちょっとムラサキも混ざっていたかも)です。
上の段と真ん中の段は、前回と同様、Studio A Weekさんで購入したハンカチタオルですが、下の段はユザワヤで購入したミニタオルです。
Studio A Weekさんのハンカチタオルは、よく染まる上、触り心地が大変良いです。
ユザワヤさんのは、染まれば入手が楽だな、と試しました。染まってはいますが、発色はStudio A Weekさんの方が明らかにいいですね。

で、媒染は、一番左はみょうばん、真ん中が鉄、右側が銅です。


被染物
ムラサキタマネギに、タオルハンカチ(コットン)1枚15gのものを4枚、
タマネギに、タオルハンカチ(コットン)1枚15gのものを3枚、ミニタオル(コットン)1枚23gのものを3枚。
媒染剤
生みょうばん、銅媒染液、木酢酸鉄
参考書籍
『キッチン染めを楽しむ12か月』
『ハーブ染めレッスン』

タオルハンカチをムラサキタマネギで染める

 2012-10-28
先週、染料もどんどん悪くなる話を聞いて危機感を覚えたので、10/27は染めの準備!と思って、みょうばん媒染作業をしました。

ところで、「被染物がない!ない!」と騒いでおりましたが、考えてみたらタオルハンカチを仕入れてありましたよ。コットンが頭から抜けがちになるのは、濃染剤を使うなど、一手間余計にかかるからだと思われます。
しかし、タマネギだったら、コットンでも、濃染作業が不要です。

というわけで、みょうばん媒染作業と並行して、タマネギ染めを行いました。ものは数年前にいただいたムラサキタマネギの皮。2009年にやったタマネギ染めと同時期にもらったものです。2009年の数年前にもらったらしいので……何年前の皮でしょうか。既に、ムラサキ色はどこにもなく、普通のタマネギの皮と見分けがつきません。

皮は10gあったので、水2Lで抽出。その後皮を取り出して、一部を輪ゴムでくくったタオルハンカチを染めました。

ムラサキタマネギ染めしたタオルハンカチ1
何の写真だかよくわかりませんねえ。

これを1枚ずつ、みょうばん、銅、鉄の媒染液につけました。
ムラサキタマネギ染めしたタオルハンカチ2
左からみょうばん、銅、鉄です。

銅の方がみょうばんより色濃い感じ。鉄は入れた時点ではまっくろに見えましたが、洗ったらオリーブグリーンっていうんですかね?なかなか渋いいい色です。

実は、しぼり染めをしたのは多分初めてです。輪ゴムがゆるかったかなあ、ダメかも、と懸念していたのですが、無事白いままになりました。
ただ、タオルだけに、輪ゴムで縛る時と外す時に輪奈をひっかけてしまいました。それがちょっと残念。でも一色で染めちゃうと面白みがないので、やはり模様を入れたい気がします。

味をしめたので、もっとタオルハンカチを染めたいと思いますが。タマネギ以外だったら濃染処理をしなくちゃあ……。あ、紅茶でも不要か……。


被染物
タオルハンカチ(コットン)1枚15gのもの3枚
媒染剤
生みょうばん、銅媒染液、木酢酸鉄
参考書籍
『キッチン染めを楽しむ12か月』
『ハーブ染めレッスン』

藍染めに挑戦

 2010-05-22
母が色があせてきたパジャマを染めて欲しいと言い出しました。別に化学染料でよかったようなのですが、アナンダさんの「賢い藍染めセット」があったので、5/16に、藍染めをしました。

多分このブログを始めるより昔ですが、同じく母に帽子を染めて欲しいと言われて、藍染めをしたことがあります。その時はインド藍染めセットを買ってきてバケツで染めました。それだけでは勿体無いので、ズボンとかシャツとかも染めました。シャツについては、変に染まったら裂き織りに使えばいいや!と思って、何枚か染めました。

あと、賢い藍染めセットは、アナンダさんの夏期講習で教わったことがあります。家でやるのは初めてです。
というわけで、記憶を辿りつつ、今ひとつよくわからない(というかアバウトなんです。量とか温度とか時間とかの記載が)説明書を見ながら、パジャマを染めました。
……母は綿だと言っていたのですが、よくよく材質を見たらポリエステルがけっこう入っていました。そのせいか、問題のパジャマはちょっと濃くなった程度で終わりました。

さて、それだけでは勿体無いので、家から色々なものをかき集めて染めました。布巾とか原毛とか洋綿とか。

こちらは原毛(右)と洋綿(左)です。原毛は、去年のスピニングパーティー毛刈りでもらった毛を洗ったものです。ステインで黄色い上に藍がかかってちょっと緑っぽい?これは……これでいいのか、もっと染めるか悩みますね。
洋綿は去年花壇で収穫したものから一掴み染めました。濃く染まりました。まだらに染まったので紡ぐと面白いんじゃないかと思います。
原毛と洋綿を藍染め

あと、インド藍で染めた後裂き織り用としてあったシャツを、更に染めてみました。もうちょっと濃くなったら着られるかなーと思ったんです。着られそうですね。
一緒につるしてある袋は、上の羊毛を入れてあったシーチングで作った袋です。羊毛のあぶらが染みていたので染めてみました(苦笑)。
シャツと袋を藍染め

参考用語
あ行:藍染め
か行:原毛
さ行:裂き織り

桜と桃で染める

 2010-03-23
3/13にアルカリ抽出した桜と桃の染料液で、3/21に染めを行いました。
桜と桃なので、春物を作りたいなあ、と思い、綿糸を染めることにしました。
絹糸でもいいのですが……桜で染めた絹糸は沢山あるので……。
それにディスポンもあることですしね!

綿糸は染めることを今まで考えてなかったので、買い置きがない……と思っていたのですが、ありました。経糸にしようと思って買った糸が。
いいや、染めちゃえ~と思ったのですが200gは多いので、かせを分けました。かせの分け方は『手織りの実技工房―絣からもじり織まで』に載っていましたが……、書いてある意味がよくわかりませんでした。でも何とか分けられました。……絡みましたが……。染めた後、玉にする時に苦労することになると思います。
# かせの分け方は箕輪直子さんのブログにも最近載っていましたが、
# 実はそちらもよく理解できなかったのでした。
# 理解力なさすぎ?

桜では綿糸を72g、桃では綿糸を44g染めることにしました。
濃染処理をして、染めて、みょうばん媒染して、染めて、脱水して干しました。

桜と桃で染める

左が桃、右が桜。一緒にうつっている白いものは、濃染処理をせずに染めたものです。ディスポン(濃染剤)すごいな!と思いました。
桜は、大昔に八重桜で絹を染めた時のような濃いピンク色になりました。桃は黄色がかってますね。
そして桃の方はまだらに染まってしまいました。(桜も一部薄くなってますが、桃ほどではない)多分、濃染剤が染みとおらなかった部分だろうと思います。むー、味?

これで桜と桃の染めが終わった……かと思いきや、残液がまだ濃い状態でそれなりにあるので、他のものを染めたくなってしまいました……。ああ、染めは終わらない……。


染めたもの
綿糸 72g(桜)と44g(桃)
媒染剤
生みょうばん
参考書籍
『草木染―四季の自然を染める』


参考用語
あ行:アルカリ抽出法
か行:かせ
さ行:先媒染
た行:経糸
ま行:みょうばん

くちなしで綿糸と綿布を染める

 2010-01-17
毎年恒例の、くりきんとんを作るのに使ったくちなしの実を使用しての染めを今年も実施しました。

染料は1/2に抽出しました。
去年、具合が悪くなって、染め自体は一週間後になったにもかかわらず、染料液が何ともなってなかったので、今年は最初から「染めるのは来週の連休にしようっと」などと思っておりました。

そうしたら、今年はその連休に具合を悪くして寝込んでしまい、染めたのは更に一週間立った1/16です。染料液は特に問題ありませんでした。

今年は、何を染めようかも悩みました。今まで悩んだ時はロールで買ってあったメリノのスライバーを染めていたのですが、毎回そうしていたら、残りが少なくなったのでした。

というわけで「そうだ、綿を染めよう!」と思い当たりました。
綿は染まりにくいので今まで選択肢になかったんですよね。

それに、買った綿は綿工房さんので、元々白・茶・ミックスだったので、そのままの色で使いたいと思っていました。

自分で収穫して紡いだ綿も、せっかくなので、元の色のまま使いたい、と大事にしていたのですが。
今年度、綿はそれなりに収穫できたので、そんなに元の色を大事にしなくてもいいかな、と。というか白ばっかりではつまらないと思い始めたのもあります。

あと、濃染剤のディスポンを購入したので、綿も染められるんだわ!というのもありました。
ちなみにディスポンを初めて知ったのは、『楽しんで、ナチュラル染色』ででしたが、「どこで買えるんだろう」と思っていました。そんなわけで、箕輪直子さんのオフィシャルサイトで巡り会えた時に喜び勇んで買いました。

そんなわけで、ディスポンにつけてから、みょうばんとくちなしの同浴染めをしました。
くちなしで綿を染め中

染めているのは紡いだ綿糸と布巾です。何故布巾かというと、くりきんとんを作るのにさつまいもを煮る時に、新品の布巾にくちなしの実を入れて一緒に煮たところ、布巾がところどころ黄色い変な柄になってしまったため、いっそまっ黄色にしてしまえと思ったからです。

そして最終的にこんな色に染まりました。
くちなしで染めた綿

びっくりするほど、色濃く染まりました。ディスポンにつけないとどの位の色かを試していないので、ディスポンの効果がどの程度出ているか不明ですが。


染めたもの
布巾(というかさらし)、昨年度収穫の洋綿
染料
くちなしの実3つ。1番液はくりきんとんに使用したので、2番液から4番液を使用。
媒染剤
生みょうばん。
濃染剤
ディスポン
参考書籍
『草木染―四季の自然を染める』
『キッチン染めを楽しむ12か月』


なかなかいい色に染まったと気に入っています。あとは染めた糸を何に使うか、です。
尚、布巾は布巾として使うつもりだったのですが、母が勿体ないと言い出したので、布巾ではなくなるかもしれません(苦笑)。

--
以下、2010/2/19追記。
濃染剤ディスポンについては、箕輪直子さんのオフィシャルブログ2/12の記事に詳しいので、今後また自分で使用する際のメモのためにも(^^;、リンクをはって紹介しておきます。

参考用語
さ行:スライバー
た行:同浴染色
は行:媒染
ま行:みょうばん、メリノ
ら行:ロール

ジーンズを染める 2

 2009-06-11
ブラックジーンズの染め上がりに味をしめた母に、ブルージーンズの染めも頼まれました。
そんなわけで、青の染料を買ってきました。ネイビーブルーというやつ。

さて、ブラックと同様に染めたつもりだったのですが……、

ブルージーンズ

染めむらができてしまいました。股のちょっと下辺りが薄いです。まあ、500gのジーンズを染めるには、本当はもっと大きな鍋がふさわしいので、致し方ないでしょうか。これ以上大きい鍋はちょっと家で使うには……。

あと、色が明るすぎてジーンズっぽくなくなってしまいました。これなら藍染めの方がよかったかもしれません……。

ジーンズを染める

 2009-05-05
色あせたジーンズを染めるので染料を買ってきて、と母に言われて、コールダイホットを買ったのは、かなり昔です。

ちなみに化学染めというと、コールダイホットを買ってしまいますが、それは織物教室で習ったのがコールダイホットだったからです。やはり一度教わったものは気楽ですよね。先生がそれを選んだのにも理由がある筈だと思うし。

母が全然やる様子がないので、引き取って染めました。ちなみに鍋は姉が誕生日に買ってくれた14リットルの鍋です。鍋初使用。

ちゃんと、塩入れて、色止め剤も使って、割と真面目に染めました。その甲斐あって、けっこうちゃんと染まっているように思えます。あとは堅牢度が心配かなあ。
染めたジーンズ
えーと本当に真っ黒に染まったのですが、写真はどうしても色あせたようにしか写りませんでした。母曰く「写真は染める前みたいねえ」。そういうわけで、カラー補正して掲載しています。


参考用語
か行:堅牢度

コーヒーの出がらしでレースを染める

 2007-07-29
我が家ではホットコーヒーは割とインスタントで済ませがちですが、アイスコーヒーはコーヒーメーカーで、挽いた豆使って入れています。
すると出がらしが相当出ます。勿体無いので染めに使いたいと言って、去年の夏、出がらしを干して溜めておいてもらいました。
全部で700g位溜まりました。

ところで我が家には30年ほど前に母が編んだレースのピアノカバーがあります。長らくピアノにかけてあったのですが、数年前お役御免となりました。
で、やけて色が悪くなったそれを「何かで染めたらどうかな」という話になっていました。ピアノカバーなので量はそれなりにあります。重さで580g位です。

そんなわけで、コーヒーの出がらしが溜まった時、「これでピアノカバーを染めたらいいんじゃない?」という話になりました。が、ずっと放置してありました。

さて、先日、7/14,15,16の連休の最終日に、染料の類の片付けをしていて、「ピアノカバーのレース、コーヒーの出がらしで染めちゃおうかなあ。そしたらレースとコーヒー、両方いっぺんに片付くもんなあ」と思い立ったのでした。

コーヒーも豆汁下地が要らないものかと思っていたので、一日で染められると思ったのですが、参考資料を見てみたら、紅茶と違ってコーヒーは豆汁下地が要るんですね。
で、大豆粉を取り出しました。……準備がいいなと自分でも思いますが。以前に染料を扱っているお店に行った時、大豆粉が目に付いて「あったら綿を染める大豆から作らなくて済んで楽かな」と買っておいたのでした。

そうして、レースを豆汁でつけこみました。「……つけこんだ後干さなくちゃいけないのか……」というわけで干し、、、一日でいっぺんに片付くかと思いきや、連休中に染めまでは到底辿り着かなかったのでした。

21,22は予定があって出かけていたので、ようやくコーヒー染めに辿り着けたのは、7/28でした。
出がらしを煮出して、一番液と二番液を取り、湯通ししたレースを煮染めしました。その後みょうばん媒染を行い、再度染料で煮染め。
干したものが以下のものです。
コーヒー染め
思ったより、色が出ました。


参考にした本
『草木染―四季の自然を染める』


我が家の最大の鍋は8Lなので(これにしたところで染めのために購入したのですが。それまで我が家の最大鍋は3Lでした)、本来もっと大量の染料液で染めるべきところ、ぎりぎりの量で染めました。おそらく一番液と二番液を足しても7Lなかったんじゃないかと思います。

参考用語
か行:豆汁
な行:煮染め
ま行:みょうばん媒染

(2008/5/6修正)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫