『花と緑の染織』

 2013-10-14
4529027651花と緑の染織 (自然にやさしい手づくりシリーズ)
箕輪 直子
日本ヴォーグ社 1996-07

by G-Tools

多分、本屋さんで普通に手芸コーナーで見かけた初めての織り関係の本かと思います。初版日からすると、ちょうど織りを習い始めた前後に買ったのかな?
まだ織機を持ってはいなかったので、洗剤の空き箱を使って織る方法が載っていたことが、この本を買うきっかけの一つだと思います。


本の中で使用している織り機
タビールーム(リジットヘドル機です)
掲載されている作品
  • とうもろこしを玉葱で染めたものを緯糸にしたランチョンマットとコースター
  • ジーンズ地のシャツを裂いて緯糸にした三角ポーチ
  • 久留米絣を裂いて緯糸にしたミニ・マガジンラック
  • ハンカチを藍で絞り染め
  • コースターを藍染め
  • 和紙を緯糸にして織ったランプシェード
  • 和紙をカモマイルで染めて作ったフォーク・ナイフ・スプーン包みと箸置き
  • シーツをキンモクセイで染めて綴れ織りしたラグマット
  • 着物とネクタイを裂き織りにしたベスト
  • 着物とネップのある糸でベスト

そのほかの内容
  • 洗剤の空き箱で作る織り機(裂き織りのコースターを作成)
  • 藍の育て方
  • 紅花染め(黄色で毛糸と和紙を染める・赤で絹糸と和紙を染める)
  • モヘアのハーブ染め
  • いろいろなハーブで染めた色見本

こう細かく読み返してみると「この作品(ミニマガジンラック)の経糸は……」とか「この作品のこの色の部分(ラグマットの黄色とグレイ以外の色)は……」とか、どこに載っているのか(載っていないのか)わからない部分があったりもします。多分、参考情報だと思うのですが、作品には使わない技法(綴れの模様の入れ方)が載っていたり。

しかし薄さの割に、盛り沢山だと思います。染めと織り、両方載っていますし。
(どちらかというと染めがメインなのかなあ……)
そして私にとってはこれが「最初の一冊」です。
(厳密には、これより前に買った本はあるにはありますが……。多分織り関係では『織ってつくろう編んでつくろう』が最初に買った本。)


参考用語
あ行:藍染め
か行:絣
さ行:裂き織り、絞り
た行:綴れ織り
は行:紅花
や行:緯糸
ら行:リジットヘドル機

スポンサーサイト

『世界の草木染め ワイルドカラーの魅力』

 2013-09-21
4882828898世界の草木染め ワイルドカラーの魅力
ジェニー・ディーン 箕輪 直子
ガイアブックス 2013-08-22

by G-Tools

半月くらい前に本屋さんで見かけたのですが、タイトルを見て「ああ、図書館で借りた本かあ。すごい本だったよなあ。入荷したのかー」位に思っていました。
何度かその本屋さんで見かけるうち「……あれ?図書館で借りたのはもっと分厚い本だった気が……」と思い、手に取って奥付を確認したら。あら、今年8月の発行ではありませんか。

媒染剤を選ぶための一覧表とか、助剤を選ぶための一覧表とかが「うわー、かゆいところに手が届く感じ!」と思ったので購入しました。
多分図書館で借りた本の簡略版じゃないかなと思ったのですが。

4882822288ワイルドカラー
ジェニー ディーン 箕輪 直子 Jenny Dean
産調出版 2000-08

by G-Tools

この本の新型本扱いらしいです。表紙の写真も一緒じゃあないですか。
Amazonのデータによると若干大きいものの頁数は一緒らしいですね。
ということは簡略版ではなく、本当に出しなおしなんですかね。……何か前の本は縦書きだった気もするのですが……。まあそれはどっちでもいいか……。

箕輪直子監修 ジェニー・ディーン著とありますが、

  • 園芸家で染色家であるジェニー・ディーン氏が著したものに
  • 箕輪先生が、日本では何の植物にあたり、どうやったら入手できるかを加筆した本

らしいです。前書きによると。

「染色のテクニック」の章と「染料植物」の章があり、「染料植物」の章は『草木染め大全』みたいに、色々な植物の写真と染めたらどんな色か、栽培と採取、染色の手順が載っています。しかし、植物は英国のものが多いので、日本では馴染みのないものもあります。

ですがそもそもこの本は、「この植物だとこういう色になります。やってみましょう」というより、「その辺で入手したもので染めてみましょう。何をどうやったらいいかな、色々試してみましょう」という本っぽいので、「染料植物」に入手しづらいものがあっても、あまり気になりません。

色々試してみたい!という人には大変オススメの本かと思われます。
染めた後の修正の仕方なども載っています。

修正によって、1つの染液から25色にする方法なんていうのも載っているのですが。このページ(p62,63)はちょっとひどい。大型本を小型にしたせいですかね。のどの部分が切れていて、無修正のかせが見えないんですけど……。それに、かせの種類を示すアルファベットもずれているような……。


参考用語
か行:かせ
さ行:助剤
は行:媒染

『ハーブ染めレッスン』

 2012-10-29
4416410034ハーブ染めレッスン―安心な材料だけで楽しむ、自然の色
梅原 亜也子 佐々木 薫
誠文堂新光社 2010-09

by G-Tools


この本の紹介をしていないとは、先日の記事で「参考書籍」を書こうとするまで気付いてませんでした。この本を見て染めのデータをノートに記録するようになった位、個人的に重要な本なのに(笑)。
あ、今までも、織りのノートにメモったり、ブログに直接書いたりはしていたのですが、一冊のノートにまとめたのがこの本の影響です。
この本ほどちゃんと書いていませんけどね! 書式を印刷しておいてそこに書けばいいのかもしれませんが……。

内容は以下の通り。

ハーブ染めのキホン
ハーブ染料の性質や量について、酸性・アルカリ性・中性抽出について、抽出液の作り方について、染める素材について、準備や媒染について、道具について。キホンの染め方としてコットン・シルク・ウールの染めの例。
コラム?
ティーバッグとマグカップで染める
遊び感覚でもみ染め
模様のつけ方(絞り)、色のアレンジの仕方(ぼかし・段染め・重ね染め)
ハーブ染めの色見本帳
次の各種ハーブについて、ウール(編み地と原毛)・シルクオーガンジー・コットン(布)を、酸性抽出・アルカリ性抽出・中性抽出でみょうばん媒染・中性抽出で鉄媒染したものの写真を掲載
エキナセア・オニオン・オリーブ・オレガノ・カモマイル・クチナシ・クローブ・ゲットウ・シソ(アカジソ)・シナモン・スターアニス(八角)・ストロベリー・セージ・セントジョーンズワート・ターメリック・タイム・ダンデリオン・ネトル・ハイビスカス・パセリ・ブルーベリー・ヘナ・ペパーミント・ホーソンベリー・マジョラム・マテ・マリーゴールド・マロウブルー・ユーカリ・ラズベリー・ラベンダー・リンデンフラワー・レッドクローバー・レモングラス・レモンバーム・ローズゼラニウム・ローズヒップ・ローズマリー・ローズレッド・ローレル
身近なものを染めてみましょう
エコバッグ・ブラウス・スニーカー・レースのコースター・サシェ・ベビー用品・ハギレを染めてクッションカバーに縫い付ける・Tシャツ・ストール・のれん・巾着・木のカトラリー・毛糸・ボタン・和紙
その他
作業の流れ、染めたもののお手入れ、データを残す、ハーブ染めの歴史など、群馬県繊維工業試験場の紹介


色見本帳のところの植物名でわかるとおり、「これ、ハーブなの?」というものも載っています。タイトルは「ハーブ染め」ですが、普通に草木染めの本と思っていいと思います。
特筆すべきは、酸性抽出とアルカリ性抽出と中性抽出の見本が並んで載っているところ。何抽出をするかってけっこう悩みどころなので、こういうのが載っているのはいいですね。いやそこから自分で試すのが正しいのかもしれませんが。

作業の流れがまとめられていたり、取得しておくべきデータについて書かれていたり、大変いいところもあるのですが、反面、キホンの染め方がどんなものにも有効なのか?とかがいまいちわからない、というわかりにくい点もあります。
特に今気になっているのが「塩に色止め効果があるのは、紅茶染めの場合だけですか。他のものもっていう意味ですか?」ということです。いや、先日ちょうど塩で色止めができるのは、化学染料の時だ!って話を聞いたところなもので……。

『誰でもできる草木染めレッスン』

 2012-01-09
4416811799草木染めレッスン
箕輪直子
誠文堂新光社 2011-12-16

by G-Tools

年末に箕輪先生の草木染めの本が一冊出ました。箕輪先生のブログで、『だれでもできる 最新 草木の染色教室』のリニューアル版と書かれていたので、本屋さんで中身を確認してから買おう!と思っていたのですが。
本屋で見たら即決でした。リニューアルなの??と思う位、新しくなっているので、「買い」です。
元の本を紹介した記事で、二色刷りページが多い、と装丁がちょっと悲しい旨書いていますが、リニューアルでカラーページの割合がかなり増えました。それに前の本ではかなり詰め詰めだったのですが、ゆったり感のあるページ割付になっていて、読みやすいです。
反面、内容は前の本より減ったように思います。土染め等新たなものもあったんですが。キクラゲはオキシドールで脱色した液で、とか、一言文章で書いてはありますが、一ページ割いたりはしていないですからねえ。
というわけで、この本の内容について。

身近なものを、染料に
野の草、樹木、ハーブ、花びら、染料店にあるもの、マーケットにあるもの、について、それぞれの説明と、どんな染料があるのかの例が載っています。そのあと、キッチン、秋の実、落ち葉で染めることについてもちょっとずつ触れられています。
基本の染め方
容器と道具について、精練について、必要な草木の量、媒染についてなど、染めに必要な知識が書かれています。その後、基本の染め方として以下のものが載っています。
  • 小物染め(タマネギでハンカチ)
  • 糸染め(ローズマリーで毛糸)
  • 大きな布染め(桜チップでブラウス)

いろいろな染料で染める
基本の染め方からちょっと外れた染め方をするものを主に紹介しているように思います。具体的には以下のとおり。
  • 紅花で和紙とシルクのスカーフ
  • カーネーションの花びらで和紙
  • 柿渋で木綿の糸と麻袋
  • モミジで木綿の糸
  • ハイビスカスでシルクのスカーフ
  • 落ち葉で木綿の糸と綿のトートバッグ
  • 土で木綿の糸と綿のタオルハンカチ
  • カレー粉で綿のスニーカー
  • タデ藍の生葉で木綿のハンカチ
  • インド藍の乾燥葉でシルクスカーフと木綿のハンカチ
  • タデ藍の生葉でシルクスカーフと毛糸
  • 粉末藍でシルクショール、ランチョンマット、糸

草木の染色カラー一覧
色合い別の染色サンプルの写真です。シルク・ウール・コットンについて、みょうばん媒染・銅媒染・鉄媒染のサンプルを一度に見られます。
草木染め ア・ラ・カルト
意外なものも染められますということで藤のかごやボタン・ブレード、100円ショップの小物の例が載っています。
お役立ちコラム集
綿を濃く染める、再利用の草木染め(残液利用と二番液抽出)、染色素材一覧、用語集

その他に、合間のコラムで糸用ハンガーの使い方、手かぎの使い方、染めのヴァリエーションとして絞りの仕方、カセ繰り棒の使い方が載っています。

こうして見てみると、草木染めの本としては綿を染めている例が多いのが特徴でしょうか。タオルハンカチは是非染めてみたいです。

『身近な素材で楽しむおうちで草木染め』

 2011-03-21
おうちで草木染め―身近な素材で楽しむ (レッスンシリーズ)
おうちで草木染め―身近な素材で楽しむ (レッスンシリーズ)箕輪 直子

パッチワーク通信社 2011-03-07
売り上げランキング : 522555


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



常日頃から「草木染めも料理の本みたいなのが出ればいいのに」と思っていたのですが、この本は割と、私が思い浮かべたところの料理の本に近いです。

内容は以下の通り

Basic Guide
草木染めの基本
LESSON 1
花びら染めのシルクスカーフ
LESSON 2
紅茶の毛糸染め
LESSON 3
ザクロの綿糸染め
LESSON 4
シルクスカーフと和紙の紅茶染め
Arrangement 応用して色々なものを染めてみましょう
色物・柄物を染める
100円均一ショップグッズを染める
染色専門店のアイテムを染める
LESSON 5
シルク巾着の茜染め
LESSON 6
藍染めのテーブルウェア
LESSON 7
ロッグウッドの綿ショールぼかし染め
LESSON 8
柿渋の綿ポーチ染め
Arrangement 応用して色々なものを染めてみましょう
手芸材料を染める
ファッションアイテムを染める
家にあるものを染める
和紙を染めて楽しむ

煮染め・花びら染めの基本的な染めのほか、紅花とか藍染めとか柿渋とか、特殊なものも網羅。素材も、糸・布のほか紙などもあるし、綿・絹・ウールと揃っています。
原毛はありませんが、染めて紡ごうって人は、きっとそんなにいないんですよね(^^;。
媒染剤などについては、染色材料店で売られているものを使用することが前提となっていましたが、それ以外については、おうちにあるもので、手軽にやれるなーという印象を持てる本です。

ところで。箕輪先生のブログで、すっかり誤字脱字の発見が趣味かのように書かれたので(いや、そういう主旨の発言をしたのは本当です/笑)、一応書いておくと、この本は60ページのうち、一回読んだ時点で「……間違いじゃ?」と思ったのは3箇所だけでした(^^;。

『木綿染の基本―草木染技法全書〈3〉』

 2010-10-20
木綿染の基本―草木染技法全書〈3〉木綿染の基本―草木染技法全書〈3〉
山崎 青樹

美術出版社 1997-10
売り上げランキング : 515904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日、じぇんねさんのところ『手織りと手紡ぎ―豊かな暮らしを育む手作りの糸と織物』が今Amazonで扱われていない、という話が出ましたが、『木綿染の基本』も実はちょっと前から中古での扱いしかありません。

私は最初この本を図書館で借りました。草木染めの本の場合、染める素材としてはどうしても絹が多くなっちゃうと思うのですが、この本は木綿専門で、非常に詳しいです。借りるだけじゃダメだ!是非入手したい!と思って、Amazonの欲しいものリストに入れておいたのですが……中古で高い値段になってしまったので、「うーん、あのお店に確か一冊あったよなー……」と思って、土曜日、出掛けた際に入手してきました。
そこにあった本はあまり状態が良くなかったので、今まで買うのを躊躇していたのですが……、まあ読み込めば状態は悪くなりますしね……本は。

それはさておき内容。

日本の木綿
草木染作例解説
  • 木綿縞
  • 木綿染糸
  • 綿型染布
  • 型染による作品
  • 絞りの染布
  • 絞り染による作品
  • 型染による作品

草木染の染材料
  • 紫系の染材料
  • 赤系の染材料
  • 青系の染材料
  • 緑茶系の染材料
  • 黄系の染材料
  • 黄茶系の染材料
  • 茶系の染材料
  • 赤茶系の染材料
  • 肌色系の染材料
  • 鼠系の染材料
  • 黒系の染材料

媒染料
綿糸の染色
  • 豆汁下地
  • タンニン下地
  1. 紫色の染め方
  2. 赤紫色の染め方
  3. 赤色の染め方
  4. 桃色の染め方
  5. 緋色の染め方
  6. 橙色の染め方
  7. 黄色の染め方
  8. 萌木色の染め方
  9. 緑色の染め方
  10. 水色の染め方
  11. 縹色の染め方
  12. 黒色の染め方
  13. 白茶色の染め方
  14. 肌色の染め方
  15. 樺色の染め方
  16. 黄茶色の染め方
  17. 錆朱色の染め方
  18. 小豆色の染め方
  19. 茶色の染め方
  20. 焦茶色の染め方
  21. 緑茶色の染め方
  22. 藤鼠色の染め方
  23. 鼠色の染め方
  24. 薄墨色の染め方
  25. 若葉色の染め方

綿布の型染
  1. 石糊
  2. 糊付
  3. 引き染用染液の取り方
  4. 中媒染の染め方
  5. 後媒染の染め方
  6. 先媒染の染め方

色無地の染色
蝋纈染の染色
絞り布の染色


内容を見てわかるとおり、何色だったらこれ、という作りになっています。概ねの草木染めの本はこれで染めるとこういった色、という内容のように思うので、ちょっと新鮮。新鮮ですが元々「赤を染めたいから、○○で染めよう!」……という考えで染めは行われていたでしょうから、大変に納得です。
口絵の作例写真以外が白黒なのは残念ですが、それは今のカラフルな本に慣れてしまったがゆえの贅沢ですね……。

『草木染め大全』

 2010-09-25
草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる
箕輪 直子

誠文堂新光社 2010-09
売り上げランキング : 16034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

草木染めのすごい本が出ました。
この本のための作業の様子が、ずっと著者のオフィシャルブログで紹介されていましたが、それを日々読んでいたので、発行されて感慨もひとしおです(笑)。

何がすごいって採用されている色見本の数がすごいです。リンクではサブタイトルが途中で切れちゃっていますが「3500余種の草木の染色見本付き」です。草木の種類は238種だそうです。そして本の厚みは18mm……。
そのすごい内容は以下の通り。

※ 以下内容からのリンクは、箕輪先生のブログの関連ページにはっています。本に書かれていないことが書かれているものも多いので、こちらも本と合わせて是非。尚、基本的に、リンクは同一ウィンドウ内で移動するようにしていますが、これに限ってはこのページが索引みたいなものに当たるかと思い、別ウィンドウを開くようにしました。

Part 1 基本の染め
  • 花びら染め
  • ハーブ染め
  • 藍の生葉染め
  • タデアイを育てる

Part 2 草木染め図鑑
キッチンにあるもので染める
ウコン・ウド・トウモロコシコウチャ(本の索引では紅茶)アカジソタマネギ・ムラサキタマネギ(あ、目次に誤字発見……)センナ(ブログではこちらにも)ニンジンフキリョクチャ(リンク先のタイトルは何故か紅茶)クロゴメ(リンク先では「クロマイに決定!」とありますが)
草花で染める
アカザ・アカソアジサイ・アブラナ・マツヨイグサオニノゲシカラスノエンドウ・イタドリ・カラムシカリヤスギシギシ・クズクララカナムグラ・コブナグサ・サトウキビサルトリイバラスプレーマム(葉・茎)シダ類・クサソテツ・ツルニチニチソウ・ツワブキドクダミ(ドクダミはこちらにも)ナズナ・ナヨクサフジ・ハルジオンパンパスグラスヒメオドリコソウヒマワリヨモギ(春・夏・アルカリ)ムラサキツメクサ(リンク先では別名のアカツメクサ)ハルシャギク(リンク先のタイトルは別名のジャノメソウ)ホトケノザリュウキュウアイインドアイタデアイ
市販の染料で染める
オヒルギ(リンク先のタイトルでは総称のマングローブ)インドアカネニホンアカネセイヨウアカネ・ガンビール・グァバ・クスノハガシワ(リンク先のタイトルでは別名のカマラ)コガネバナ(コガネバナはブログのクスノハガシワのところも参照)コクタン・シコン・シタンスオウ・フシ・ダイオウ(リンク先ではダイオウの一種であるルバーブの名で出ています)・ブナノキ・ミロバランヤマモモヤエヤマアオキビンロウジロッグウッドラックダイコチニール
樹木で染める
アケビ・アセビ・アベマキ・アベリア・イヌツゲ・イチイイヌマキ・イチョウ・ウツギウメアカメガシワウリカエデカラコギカエデ・エゴノキ・ジンチョウゲカロライナジャスミンカクレミノ・カツラ・ココナッツガジュマル・ガマズミ・カリン・カルミア・カンボク・キブシ・キウイ・キバコデマリ・モクセイ(キンモクセイギンモクセイ)・キハダ・グミ・クサイチゴクリクルミ・クルミスモークチップ(ブログにはクルミ科のヒッコリーも掲載。クルミスモークチップはこちらにも掲載)ケヤキゲットウ・コウヤマキ・ゲッキツクワ・コウゾ・コデマリコブシコナラサクラサクラスモークチップ・サワラ・サキシマスオウ・サルスベリ・サンゴジュシキミ(リンク先のタイトルはジュニパ―ベリーですが)シナノキシマトネリコシュロ・シモツケ・スイカズラシャクナゲ・ダンコウバイ・シャリンバイ・スギスモモ(ブログにはプラムも載っています)ベニスモモ・ズミ・センダン・ソヨゴタケタケノコの皮ツツジキヅタ・ツノハシバミ・ヤブツバキ・ツリバナ・テイカカズラテリハノイバラトチノキナツメナナカマドナワシロイチゴ・ネズミモチ・ノウゼンカズラネムノキ・ハギ・ハナイカダハマナス・ハリエンジュ・センリョウハナミズキヒイラギナンテンヒサカキ(リンク先ではヒカサキになっていますが)ヒノキヒョウタンボクピラカンサスビワフクギ・フジ・ベニカナメモチ・マンサク・ミカン・ミズキ・ムベ・ムラサキシキブ・モクレンプラタナスムクゲモミジ(ブログではヤマモミジもこちらこちらで掲載されています)・ヤツデ・ヤブデマリヤナギヤブニッケイヤマブキ・ユズ・ユズリハユリノキリンゴリンゴスモークチップ・レンギョウ・ロウバイ
ハーブで染める
ゲッケイジュオレガノバジリコ(リンク先のタイトルではスィートバジル)シナモンレモングラスローズマリーミント・タイム・ワイルドベリーセントジョーンズワートヘナフェンネルセージヤロウユウカリ
花と実で染める
エルダー・アカインゲンマメ・アンナットカモミールジャスミン・コーンフラワー・コーヒー・クサギ・クコクロマメエリカ・クチナシ・エンジュザクロジャックフルーツ・ジュニパーベリー・ブルーベリーハイビスカス・マロウブラック・マロウブルー・ラークスパー・ベニバナ・ラベンダー・タンポポ・ヤシャブシ(ブログではヤシャブシはこちらにも)(リンク先ではヤシャダマの名で出ています)マリーゴールド
花びらで染める
トルコギキョウスプレーマム・ツツジ・ツバキ・ツルニチニチソウ・ナガミヒナゲシ・ハイビスカスバラヒューケラブーゲンビレア(ブログでは同じところに合わせてダイコンノハナ・ヤエザクラも載っています)・マロウブラック・ブルーベリー・ペチュニアムラサキゴテンモミジラズベリー

Part 3 色々な染め方
  • カーネーションの花びらで和紙を染める
  • ハイビスカスでシルクのスカーフを染める
  • モミジで木綿をピンクに染める
  • インドアカネで毛糸を染める
  • 変わり毛糸を段染めにするバリエーション
  • ヤシャダマで羊毛を染める
  • ローズマリーで絹糸を染める
  • スオウ染めの絹糸グラデーション
  • 媒染液別染め色の違い
  • 木綿の糸を濃く染める(こちらにQ&Aも)
  • 木綿の大きな布を染める1(無地に染める)
  • 木綿の大きな布を染める2(ぼかしに染める・まだらに染める)
  • いろいろなものを染める1(藤のミニかごを染める)
  • いろいろなものを染める2(エルダーで木のボタン・ブレード・刺繍糸など小物を染める)
  • いろいろなものを染める3(トウモロコシの皮を染める)
  • ムクゲとビワの3種類染め
  • 草木に適した染め方とその実験方法
  • 色の作り方
  • 紅茶でワンピースを染める
  • 柄のある布を染める
  • 身近な道具で絞り模様を作る

Part 4 特別な染め方

Part 5 役立つ知識編


※ 箕輪先生のブログには没になった染色サンプルもあります。

すごさを表すために、全植物名を打ちました……。すごいですよね。ただ、「試しにやってみた、薄かった、日光堅牢度が悪かった」というものもあるので、この本に載っている植物だからといって、草木染めに向く植物だとは限りません。まあしかし、どんなものでもやってみると染まる、ということを体感できる本ですね。ナガミヒナゲシ、染まるのかー。よし採ってやる!と決意しましたし……(笑)。

この本で残念なのは、植物の写真がいまひとつなことでしょうか。この写真を元に植物を探すのはちょっと難しい気がします。

『キッチン染めを楽しむ12か月』

 2009-10-29
キッチン染めを楽しむ12か月 (リメイクBOOKシリーズ)キッチン染めを楽しむ12か月 (リメイクBOOKシリーズ)

グラフィック社 2009-10
売り上げランキング : 87107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本屋で見かけて「お、これは!」と勢いよく購入いたしました。
「キッチン染め」というのがまず気になるポイントです。
あと、前から「料理本のように書いてあったらとっつきやすいのになあ」と思っていたのですが、この本は割りと料理本っぽいです。
それと個人的には、みょうばんにいちいち「焼きみょうばん」と書いてあるところがポイント高し。
いえ、意外にどっちかわからないんですよね。本を見てると。勿論、本のどこかには書いてあるのですが、各ページでは「……どっちだっけ?」ということが多いのです。

あえて言うなら小さじが2.5mlだというのが気になりますが(小さじは5ccなものでしょう!?)、それも各ページに注釈がついているので、まあいいかなあと。

内容は以下の通り。

前置き

  • マグカップで紅茶染め
  • 基礎知識
  • 玉葱でエコバッグやラフィアの籠や玉子の殻や麻のクッションを染める


  • カモミールティー
  • ハイビスカスティー
  • 緑茶
  • ペッパー&クローブ
  • シナモン
  • くちなしの実


  • ターメリック
  • ラベンダー
  • フレッシュローズ
  • ブルーベリー
  • 赤紫蘇


  • 巨峰の皮
  • 柿の葉茶
  • アールグレイ
  • ワイン


  • みかんの皮
  • マリーゴールド
  • ルイボス茶
  • 黒豆
  • イタリアンミックスハーブ
  • インスタントコーヒー
  • アップルティー
  • ウーロン茶


染める素材が色々なところもいいです。


(2009/11/3追記)
この本を見ながら染めてみました。
一応、染料○○で素材××を媒染△△を使って染める、といった記述内容なのですが、違う素材の場合や媒染材を変えた場合の必要媒染材の量も載っているので、応用範囲が広いと思います。

参考用語
は行:媒染
ま行:みょうばん媒染

『草木の染色ノート―身近な草花、樹木を使って』

 2008-08-02
草木の染色ノート―身近な草花、樹木を使って草木の染色ノート―身近な草花、樹木を使って
加藤 國男

グラフ社 2008-07
売り上げランキング : 175860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本屋さんでこの本を見つけた時、帯を見て「ああ、これ絶対『草木の染色工房―身近な草花、樹木を使って』の焼き直しでしょう!」と思いましたが、中身を具に見たところ、やはりそのようで、目次ページに小さく「本書は1997年発行の「草木の染色工房」を再編集したものです。」と書かれていました。

『草木の染色工房』にあって、『草木の染色ノート』にないものは以下の通り。
・前書きがわりと思しき「スウェーデンで植物染色を学んで」
・コラムのような「ポイント<染料成分について>」
・「フエルトの作り方」
・染料では「ガマズミ」
・「市販の染材で染める」(ウコンは染めた見本のみ、「身近な染材で染める」に入っている)
・「素材による染まり方の違い」
・「木綿を染める」
・「用語索引」
・「材料、道具の購入先案内」
・あちらこちらのページにあった「作品」の紹介と作り方

そして値段は同じ1500円です。
あえて言うなら構成は私は今度の本の方が好きです。サイズもA5で扱いやすいです。
ですが、『草木の染色工房』を持っている人は、わざわざ買わなくていいと思います……。(私は買ってしまいましたが)


本の内容
基本の植物染色法
草木染めの植物と染め色図鑑
 野菜
 ハーブ
 果物
 身近な染材で染める
 草花
 庭木・街路樹
 野生植物
 帰化植物

『だれでもできる 最新 草木の染色教室』

 2007-12-02
だれでもできる 最新 草木の染色教室だれでもできる 最新 草木の染色教室
箕輪 直子

誠文堂新光社 1995-07
売り上げランキング : 432780

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前、仕事帰りにたまたま立ち寄った本屋で見つけ「うわ、すごい、この本」と思って早速購入したものです。基本的には台所での草木染めの本です。
最近はカラー印刷が簡単なのか安くなったのか、この手の本は全頁フルカラーなことが多いように思いますが、この本は口絵1頁から16頁までがフルカラーで、あとは二色印刷です。
「これはフルカラーで見たかったなあ」というような写真などすらも2色になってますが、その分と言いましょうか、掲載内容は大変幅広いです。
また特筆すべきは材料の計量に計量スプーンを使うことが提案されていることです。台所で料理をするように染色をしてみましょう、という雰囲気があって、お手軽感をかもしだしています。ただ、参考値があるページに載っているだけなのが残念です。どうせだったら、各染色の頁でも重さと体積を書いておいてくれたらお料理本のように手軽に使えていいのにと思いました。

幅広いと書いた掲載内容は以下の通り。


染料・容器・道具について
ここに計量スプーンでの計量が提案されています。
基本の染め方
お手軽に、ということで、染色と媒染を混ぜた溶液で染める同浴染色法が載っています。ユニークなのは家庭の主婦が9:00~15:00の間に染めるという設定で、作業スケジュールが書かれていることです。
染める前の下準備
素材についてと、糸や布を染める前に洗う場合の洗い方について。
媒染について
種々の媒染の種類と、家庭で作る媒染剤(木灰によるアルミ媒染、銅板による銅媒染、クギによる鉄媒染)
上述の基本の染め方による基本染色3種類
  • アカネの乾燥した根で、ナイロンレースとスカーフ・りぼんを染める(みょうばん媒染と鉄媒染。鉄媒染は鉄玉子を使用)
  • くるみの実で、酢酸銅を媒染剤に、毛糸を染める
  • タマネギの皮で、綿のカフェカーテンを染める(酢酸アルミニウム媒染と、みょうばん媒染)

その他特殊な染色方法
  • 藍染め(藍染め液を用いた浸し染めと段染めで糸を、生葉染めでは絹のスカーフを染めている)
  • 紅花染め(紅花の色素の分け方と、赤色で布を、黄色で毛糸を染めている)
  • 花びら染め(酢酸による酸性抽出法。ツバキの花びらで布を染めている)
  • 熟した実で染める(クサギの実で布を染めている)
  • 虫で染める(コチニールで布を染めている)
  • きのこで染める(オキシドール脱色法。海草で染めるにも有効な方法とのこと。乾燥キクラゲで布を染めている)
  • 根っこで染める(アルコール抽出法。ハーブのアルカンナで、布を染めている)

多色染め
段染め
  • 媒染を変えて段染め
  • 複数の植物で段染め

絞り染め
  • 豆絞り
  • 爪楊枝で菊の花絞り
  • 板〆絞り

その他の染め方トピック
  • 和紙を染める
  • トウモロコシの皮を染める
  • 綿を濃く染める
  • 残液で染める
  • 羊毛を染める

その他の染めトピック
  • 染めをやるのに初めに揃えるものの話
  • 染め場を作る話
  • サンプルを作る話
  • 色を作る話
  • 染めた後の話。主に堅牢度のこと。

データ類
  • 染色の用語
  • 染色カラー一覧(赤に染まるのは何か、みたいな一覧)
  • 入手しやすい染料(野の草で、とか、野菜で、とかが書いてある一覧)



参考用語
あ行:藍染め、アルミ媒染、アルコール抽出法、オキシドール脱色法
か行:堅牢度
さ行:酢酸アルミニウム媒染、酢酸銅媒染、酸性抽出法、絞り
た行:段染め、鉄媒染、銅媒染、同浴染色
は行:媒染、花びら染め、浸し染め、紅花
ま行:みょうばん媒染

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫