クロバーミニ織りツイン、の片割れ

 2017-07-21
100円織り木枠を紹介したのに、こちらを紹介していないのはどうなのか。
というわけで、クロバーミニ織りツインも載せておきます。

クロバーミニ織りツイン

去年のホビーショーで購入したものです。ツインで買ったけど、一つ分は姉にあげたので、我が家には片割れ分が残っています。

片割れ分で、フレーム本体、織り歯2個(フレームの上下につけるもの)、シャトル一本、持ち上げバー1個、織り針1本、織りくし1個になります。
織り歯で立ち上げたところに経糸をかけるので、経糸をかけるのも織るのも、100円織り木枠よりスムーズです。さすがー。
あとくしと針がついているところが気が利いてますね。
シャトルはできればもう一本あるとよかったですね。。。

2台つなげれば倍幅になりますが、一個なので織れるのは13×13cm位。経糸は27本張れるので、こちらも100円織り木枠と同様、経糸密度は2本/cm位ですね。

こちらでもいずれ織ってみたいと思います。って、既に1年以上何もせずに置いてあったのに、いつ織るのでしょう…。
(とりあえず、今回経糸だけかけてみました…)

スポンサーサイト
カテゴリ :織り トラックバック(-) コメント(0)

100円織り木枠

 2017-07-20
前に手織り日和さんのブログ記事で見てから気になっていた100円ショップの織り木枠。
100円織り機

Seriaのものだというので、この当時うちの近所のSeriaに行ってみたのですが、その時にはありませんでした。
土曜日にSeriaの近所に行ったので覗いてみたらありました!
というわけで購入!

一応木なので厚紙よりは丈夫そうです。内容は織り木枠のほか、そうこうという名の木の棒(写真で右上に斜めになっているやつ)2本と、シャトル(写真でそうこうの下に顔を出しているやつ)2本です。
木枠のサイズは20×20で、織れるのは…最大で12×12位じゃないかと思います。ぎりぎりいっぱいで経糸を張ったら25本だったんで、経糸密度は2本/1cm位ですね。

さて、私も手織り日和さんにならってこれで絵織りをしてみようと、ちょうどその日うちに来た姉に頼んで、このサイズで鳥イラストを描いてもらいました。お、久しぶりの鳥織りか?(笑)

カテゴリ :織り トラックバック(-) コメント(2)

システムコードにしました2

 2016-05-14
「そのうち、踏み木をつるすところとかもシステムコードにしよう」とか言ってたのは、昨晩の23:30。それから一時間としないうちに、踏み木もいそいそとシステムコードにしていました。真夜中に。

いや、踏み木も揃ってなさがすごかったので…。
踏み木の元の状態

システムコードの付け方については箕輪先生の2015年2月27日のブログ記事2015年3月21日の記事が詳しいので、参考にしつつ、踏み木の高さを揃えました。

システムコードにした踏み木
元に比べれば大分揃っているのではないかと。なお我が家のろくろ式は踏み木4本綜絖4枚なので、1:1のタイアップです。

ところで綜絖枠とシステムコードをつなげる部分ですが、元々の金具を使っています。で、普通は片方はシステムコードの穴に通して止めるにしても、もう片一方はストレートペグで止めるんじゃないかと思いますが。
なんか頑張ったらもう片一方も穴に通せたので、ストレートペグ使わずに済みました…。
綜絖枠とつなげる部分

さて、一度寝て起きてから「うーん、あとここだけだし、ここもシステムコードに変えるかあ」と思って、土曜日日中、上段ろくろのところの紐もシステムコードに変えました。だってやっぱり、ここもけっこう紐がくたびれていましたしね。
上段ろくろ
取り替えてこうなりました。下段ろくろの時は、元のと同じくらいの長さ!と思って切ってしまったのですが、今回は「せっかく微調整ができるシステムコードにしたんだし…」と1穴分余裕を見て切りました。
上段ろくろをシステムコードに
そして吊るした状態がこんなです。
上段ろくろの吊るし方

紐が真っ白になって、まるで織り機自体も新品のよう…。
カテゴリ :織り トラックバック(-) コメント(0)

システムコードにしました

 2016-05-13
稲垣機料株式会社さんで、これを買いました。
届いたシステムコードほか
システムコードとアンカーペグとストレートペグ。

切れたので別糸にした状態
実は我が家のろくろ式4枚綜絖織機アジャカの、綜絖をつるしている糸がここ数年ぶちぶち切れてまして…。8本糸があるわけですが、今や5本が取り替えた糸です。写真に写っているのは、どうも全部取り替えた糸かな。
最初の1,2本はまだよかったんですが、どうも近頃は綜絖枠が平衡じゃないんですよ…。

で、以前に、「織りおりの、一布で」さんの記事に「システムコードにしたら?」と箕輪先生がコメントをつけておられていたのを覚えていたので、「よし、うちもシステムコードにしてみるか!」と注文してみた次第です。

元からの糸
こちら、元々の糸が生き残っていた分。変色していてこれも切れるのは時間の問題っぽいですね。

元からの糸 外した状態
このように二本の糸をからげたところにネジを入れて止めてあります。

糸と大体同じ長さでシステムコードを切って。糸の端はチャッカマンであぶって。それからこのように止めてみました。
システムコード化
おかげさまで長さは揃いました。平衡状態もまあまあ…。

今のところアンカーペグもストレートペグも使わずにすんじゃってます。そのうち、踏み木をつるすところとかもシステムコードにしようと思うので、その時に使う見込みです。
カテゴリ :織り トラックバック(-) コメント(2)

モコもじオリーナ

 2015-11-01
モコもじオリーナモコもじオリーナ

タカラトミー 2015-10-31
売り上げランキング : 1009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初はツイッターのTLで「おもちゃで文字が織れるなんて!ジャガードじゃん!」的な呟きを見て興味をひかれました。
欲しいかも、自分へのクリスマスプレゼントで買っちゃおうかな~と思っていたところ。仕事関係でAmazonのギフトカードをもらったので、予約で「ぽちっとな」してしまいました(笑)。

そして10/31発売のものを、10/31にゲット。うーん、初期ユーザー(笑)。

さて、外箱。
モコもじオリーナ

内容物。
モコもじオリーナ内容物

パンチカードはこういうのです。
モコもじオリーナパンチカード
なかなか弾力があってちょっとやそっとでは破れそうにありません。
ちなみにこの穴を見ただけでは、どこがどうなって柄になるのかさっぱりわかりませんでした(笑)。オリジナルのパンチカードを作りたいという野望があるのに(笑)。

ところで付属の毛糸はこういうのです。手前が緯糸用。奥が経糸用。
モコもじオリーナ毛糸
すんごいがっつり玉状になっていまして、特に緯糸用なんて、ただのボール。ボール遊びができそうでしたよ。どこが糸端かもわからぬ感じでした。

モコもじオリーナ毛糸アップ
なんとか、糸端を発見しましたが…すんごいもこもこ。…あのー、これ、もこもこに織れるのって要するにこの緯糸がもこもこだからですよね。付属の糸がなくなったら市販の糸を使えるわけですが、、、こんなもこもこの糸の手持ちはないです。「モコもじ」にならないと思います(笑)。いいんでしょうか、この商品名で(苦笑)。
ちなみに、付属の毛糸に近い太さのものを使うようにと説明書には書いてありました(経糸は綜絖の溝に入ればなんでもいいと書いてある部分もありました)。

さて、経糸を張ったところです。
モコもじオリーナ経糸
これは織り機の長さで経糸を張っていますが、もっと長く張ることも可能です。で、左右のレバーで綜絖が上下しますが、この状態では上にしても下にしても、経糸は全部揃ったままです。

そこでこの平織りプレートというものを差し込みます。
モコもじオリーナ平織りプレート
これは差し込んでいる途中ですが、綜絖から針がのびてますよね。要するにこれが平織りプレートの穴のあるところに当たれば下まで行き、穴がなければ上で止まる、という作りらしいです。

だから、平織りプレートを入れた後は、経糸はこのようになります。
モコもじオリーナ平織り
レバー一回の操作で経糸の上下が切り替わるわけではなくて、この後レバーを下げると、経糸は全部揃います。次にレバーを戻すと、平織りプレートの位置が横にずれて、さっきと違う経糸が上がります。

そして6段くらい平織りを織った後、いよいよパンチカードを入れてみました。
モコもじオリーナパンチカード挿入
経糸は見えないように織るので(緯糸がもこもこなのは、経糸を見えづらくするためですね!)、模様を作り出すのは緯糸だけです。2色の緯糸を交互に入れて模様を織り出します。

何度か失敗したのですが、どうにか「R」が織れました。
モコもじオリーナR織り
レバーの押し下げに失敗して戻ってきちゃった場合、もう一回レバーを押し下げるとパンチカードの次の行になっちゃってたりするんですよ。
その場合、前の行には(たぶん)戻せないので(追記:旧ブログでコメントいただいたのですが、戻せました)、パンチカードを全部送って、また入れ直し、その行まで進めて続きを織りました。そんなことを3回ほどやりましたかね。
その前に、テレビを見ながら織っていて間違えて、緯糸を全部ほどいた、というのも一度やりました…。

ただまあ、すごくよくできていると思います。
そしてRを織ったので、Rのパンチカードを解読してみました。
うむ、なるほど、ここの穴がこうか…。というわけでどこがどうなってRなのかはわかりました!

あとは、手持ちのもこもこでない糸でも模様が織り出せるか試してみないと、、、付属の糸がなくなったら使えなくなってしまいます(笑)。
それに、付属の糸も…ちょっとこの色のものを私が使うのは厳しい(苦笑)ので、付属以外で使える糸を探さなくては(^^;。

カード織りのカード

 2014-03-31
手持ちのカード織りのカードを紹介します。
カード織りカード各種

左上:『カード織りのテキスタイル・ストラップづくり』に入っていたカード。未使用。

右上:『カード織りのテキスタイル・ストラップづくり』の紹介記事で話に出した、学生時代に手作りしたカード。材料は下敷き。数字は表側は1とかで、裏側は○に1とかです。また、アルファベットも表は大文字、裏は小文字。多分、『紐を織る』でそういう指定になっていたんじゃないかと。

左下:Studio A Week プレオープンイベントで購入したカード。カードが大きい方が使いやすいかなあと思って、ちゃんとカードを買おうと思ってはいたのです。で、枚数が手ごろでした。通常販売しているカードってちょっと枚数多いですよね。そんなに大物を作る予定はないので、少しでよかったのです。

そんなわけで3種類カードを持っています。…左下のしか今後使わない気もしますが…。

ハンディールーム600

 2012-11-08
縁あって、この度、東京手織機さんの、ハンディールーム600 8枚綜絖を譲っていただきました!
ハンディールーム600
何故か準備よく、ハンディールーム用の本・『シンプルウィービング』も既にあります(笑)。全国裂織フェスタ2012で購入したんです。

そもそもこの織機を知ったのは、羊のちからさん。2008年5月24日の記事で、ほとんど一目惚れでした。

その後、Lyraさんのブログの2009/9/11の記事で、ハンディールームを話題にされているのをいいことに、60cmなら手持ちの筬が使えるんじゃないか、厚みが薄いと難しいかとか色々質問。
箕輪先生までアドバイスを下さって、とうとう、ハンディールームに他の筬が使えるかどうかの実験まで、ご自分のブログで行って下さいました。

結論としては、筬は使えないかも?ってことで、だったら60cmじゃなく40cmのハンディールームでいいかなあ、と思っていました。
その後、Stidio A WeekさんやSheep Workshopさんのところで、ハンディールームの実物を拝見したりして、ハンディールーム400を買う気を……高めてはいました。
なので、『シンプルウィービング』も買ったりしていたわけです。

ところが、ハンディールーム600を譲ります!という話を聞き。400を買おうと思ってたんだけど……まあ、これで買えたらそれも縁!と申し込んだら、縁があったみたいで、入手できてしまいました。やっほー(うかれています)。

そして懸案の「アジャカの筬を共通で使用できるか」ですが。
箕輪先生の実験で、問題となっていたのは、
筬のアップ
筬の上下の出っ張りが、ハンディールームの筬を止めるところの左右の赤い棒にぶつかるということでした。

ですが入れてみたら。
ハンディールームとアジャカの筬
ほらほら、問題なく、無事おさまります!
ハンディールームの筬を入れる部分の枠の幅が63.5cmで、アジャカの筬の幅が62cmなので、ひっかかることなく、入るんですよ!

それと、もう一つ、Lyraさんと懸念していたのが、アジャカの筬の方が厚みがないのでぐらつくのではないかということですが。写真でわかるとおり、件の筬のでっぱりが、はまるので、さほどグラグラはせずに済みます!

そんなわけで、何と、アジャカの筬を共通で使うことができました!ということは、ハンディールーム400ではなく、ハンディールーム600を入手したのは正しかったということです。ラッキー。
(筬も揃えるとなると、馬鹿になりませんからねえ、お値段が……)

お譲りくださったMさん、ご助言・ご尽力くださった箕輪先生、Lyraさん、Joyceさん、Twitterで入手おめでとうメッセージを下さった皆さん、有難うございましたー。

かくなる上は、宝の持ち腐れにしないようにしなくては!(そこが問題です……)


最大織り幅
60cm(400は40cm、200は20cm)
筬目種類
東京手織機さんで販売されているものは以下。
2目/cm, 2.5目/cm, 3目/cm, 3.5目/cm, 4目/cm, 4.5目/cm, 5目/cm, 5.5目/cm, 6目/cm, 6.5目/cm, 7目/cm, 8目/cm, 9目/cm, 10目/cm, 11目/cm, 12目/cm,13目/cm, 14目/cm, 15目/cm, 16目/cm, 18目/cm
特徴
レバー式卓上機。ギャップレステンションシステムとやら。製織中でも折り畳み可能。折り畳むと4枚綜絖の場合奥行き24cm(綜絖を4枚増やすと奥行きは4cm増える)。オプションで二重ビーム、三重ビームになる。綜絖は8枚、12枚、16枚に増やすことが可能。
この織り機について詳しい書籍
『シンプルウィービング』

機草

 2011-08-04
一応カテゴリーは「道具」に入れておきます。
経糸を男巻きに巻く時、糸と糸が重なり合わないよう、織り幅よりも広い厚紙などを入れる、その紙が機草ですが。(ところで織り上がった布地の方にも私は厚紙を入れますが、これは機草とは言わないのでしょうか)
我が家では大抵の場合カレンダーを利用していますが、幅広のものを織る時に幅が足りません。以前幅広のものを織った時は巻く段になって紙がないことに気が付き、居間の壁にあった世界地図を「もうこれ古いからいいよね!?」と言って剥がして使ったりしたものです……。尚、その後新しい世界地図を買いました……。

そして職場でいいものを見つけました。これもカレンダーですが、1枚物の年間カレンダーででかい!カレンダーということは年が変われば不要になるはずだ!と2009年の年末に担当者にお願いしてもらっておきました。……それからあまり幅広のものを織っていなかったので、初使用が今になってしまいました。
機草
使ってみたところ、うーん、幅がうちの織り機にぴったりー。厚みも普通のカレンダーよりもあって、紙が丈夫でいい感じー、でした。
2010年のをもらいそこねたのですが、機会があったらまたもらうことにしようと思います。

参考用語
あ行:男巻き
は行:機草

整経台

 2009-07-24
リクエストがあったので、紹介してみます。
さをり整経台
経糸を準備する道具です。
学校でこれを使用していて、先生からのオススメもこれだったので、これを購入しました。さをりの整経台です。
横がいっぱいいっぱいで1m、縦は棒から棒が10cmなので、長さを測りやすいです。

……ところで「さをりの頁の写真は意外にわかりにくいから」ということでリクエストがあったので掲載してみましたが、私の写真の腕ではやっぱりますますわかりにくい気が……(苦笑)。一応あと正面から撮った写真と、右から撮った写真もありますが!

参考用語
さ行:整経台
た行:経糸

筬立て

 2009-07-04
筬通しをする時に、筬を立てる道具です。
筬立て
えー、100円ショップで買ったファイルスタンドです。
我が家の筬にはちょうどよく、重宝しています。

元々はファイルスタンドとして購入したんですけどね(笑)。

ちなみに何をやっているところかというと、スウェディッシュレースのストールを我が家のろくろ式で織る準備をしています。

参考用語
あ行:筬、筬通し
さ行:スウェディッシュレース
ら行:ろくろ式

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫