くるくるファスナーポーチ再び

 2017-04-09
去年作ったくるくるファスナーポーチは、リボンが姉の描いたイラストだったので、姉に押し付けたのですが。
特に何も言ってこないから、使ってないんだろうな。まあ使いにくいし、位に思っていました。

そしたら実は使っていたそうで、しかも友達が可愛い、欲しいというとのことで、「作って!」とファスナー代と縫い賃を置いて行かれました…。
裂き織りバッグ作成中だったので、後回しにしたのですが、裂き織りバッグも作り終えたので、4/8と9で作りました。
くるくる三角ポーチ 四つ
四つ。ちゃんと三角になりました!

くるくる三角ポーチ 四つ 広げたところ
ファスナーを外すとこうです。

くるくる三角ポーチ 三角にするコツ
三角にするコツがわかったような気がします。この、ファスナーの一番端のところ。二つ折りにする位のつもりでリボンを縫い付けるといいように思います。

前回「こちらのサイトもおすすめ」と書いたサイトは、なるべくミシンを使いたい人向けなのですが、カーブのところの縫い方とかもわかりやすいのでオススメ。途中からこちら風にしたら無事三角になりました。他の部分についても、最初のタグを縫い付けるのは小さめに縫った方がいいらしいことが写真からわかるし、上下の柄がある時はどっちに向けろ、というのも書いてあったり、説明が丁寧です。

もう一個オススメした方は(いや、今回も最初はこちらを見ながら作ったのですがね)、リボンの幅指定が間違っているので要注意です。いや0.5~0.8mmと書いてあるので、誰もその幅のリボンは用意しないと思いますが(というかその幅はリボンというより糸)。
ちなみにキットの説明書や上述のサイトでは1.5~1.8cm指定です。
でも、どこを縫うのかはこちらのサイトの方がわかりやすいのですよねー。上述のサイトは、細かいところはわかりやすいのですが、どこを縫う話をしているのかがわかりづらいのです…。

ところで姉のリボンは大量に預かっているので惜しげもなく使えるのですが…どうも割とほつれやすいのです。裂き織りバッグ作成で、右手の親指人差し指中指が荒れているのでひっかけまくり、ほつれさせまくりました。ほつれやすいリボンの場合は切ったら最初に切り口にほつれ止めでも塗るといいと思います。

…そして、もう少し大きいサイズにしたい場合は、どの長さのファスナーで何センチで折れば?と、展開図を…書こうとしてみましたがどうもいまいちです…。
スポンサーサイト
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

いただきものトートバッグを裂き織り布でリメイク

 2016-10-16
以前、仕事関係でイベントに行った時、ある会社のブースでトートバッグをいただきました。イベントって昔は紙袋ばっかりでしたが、時代を反映してか布物が増えましたねー。
防水加工してある帆布っぽい布の、けっこうしっかりしたトートバッグで、A4入って使い勝手もよさそうでしたが、いただきものだけに社名が入っています。
社名…見たくないなー、というわけでどうにかしようと思いつつ、数年。

今日別件で箱をあさっていたら裂き織り布を見つけたので、縫い付けました。といっても私が織った布ではなく、昔に参考にと思って買った裂き織り布です。一度、ポーチに仕立てたのですが、作り方が不満だったのでほどいて布状に戻してあったのです。

さすがに幅はぴったりとはいかなかったのでちょっとタックを入れて。
ミシンで縫い…始めたら、針が曲がりました。普通布用の針じゃダメか!
そこで厚地用を…試そうかとも思いましたが、うーん、厚地用の針でもダメかなあ…と思って手縫いにしました。

手縫いに…して2cm位で、針が布に負けて、針の穴の方が親指に刺さって血がびゅっと出た時には挫折しそうになりましたが。
使い慣れない指ぬきをして、時には机でおしたりもして、二時間かけてどうにか縫いつけました…。刺さるところに刺しましたから、縫い目はひどいですが、この際無視。糸を生地に合わせたらバッグの方は白いので目立ちますがね!
トートバッグリメイク

ちなみに小学校で買った裁縫道具には指ぬきが入っていましたが、使い方を習った記憶がありません…。指ぬき、大事。と思った今日のお裁縫でした。

ところで出来上がって母に見せに行ったら「あら!可愛い!」とものすごく気に入られました。…いや、私も気に入って買っておいた布なわけですが、そんなにもものすごく気に入られるとは…。母の好みは時々全くわかりません…。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

くるくるファスナーポーチ

 2016-09-14
ここ数年、ファスナーを閉めていくとポーチになったり筆入れになったりするものを、文具屋さんなどで見かけるようになりました。
今検索したら、ジップイットというらしいですね。
B00HIX8MESzipit (ジップイット) ペンケース ブライトポーチ アイリスブルー&ピーチティース
Zipit

by G-Tools

長方形の布地をそのまま使えそうなものに反応してしまうのは、織り人のさがじゃないですかねえ。というわけで興味を持っていました。
そうしたら近所の手芸屋さんで、リボンとファスナーと作り方が入ったくるくるミニ三角ポーチのキットを発見。あら、これを一度作れば、どういう作り方かわかる?…とつい買ってしまいました。

ちなみに今検索したら、キットを買わないでも、作り方書いてあるサイトけっこうあるようです(^^;。こちらのサイトもオススメ。

入っていたのは1.5cm幅の緑のリボンでしたが、「あー姉のリボンがちょうど1.5cm」と思ったので、リボンを変更。白ファスナーに白リボンになって、見栄えがしなくなりましたが、まあ、サンプルなのでよしとします。

リボンの両脇にこのようにファスナーをつけて…
広げたくるくるポーチ

ファスナーを閉じると、ほうら、立体的に。
閉じたくるくるポーチ

サイズ比較に糸切ばさみと並べてみました。小さいですよ。
くるくるポーチのサイズ比較
そして上の写真では割とまともに見えましたが、この写真だと三角形が歪んでいることがわかります。形を整えてから縫うとちゃんとした形になるそうなのですが。

小さいし、形が形なので、ミシンで縫うのは無茶でした。歪んだ原因の一つは角まで無理やりミシンで縫ったせいではないかと。
最終的に端っこは手縫いしました。どう考えてもミシンで縫えなかったので…。

ベルト織りなどをしたらこういうものを作ってみるのもいいかもしれません。…まあ三角ポーチは(前にも書きましたが)、何に使ったものか悩むのですがね…。
次は、三角ポーチではなく、ペンケースのようなものを目指してみればいいでしょうか。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

枕の内カバー

 2016-09-11
今日はマンションの駐車場の掃除日でして、車をその間移動させてくださいと言われていました。
で、車で出掛けました。ユザワヤに。
昨日スピニングパーティーで買えなかったので、経糸用に綿糸を買おうと思ったのです。夏の終わりの今頃なら安売りしてたりしないかなとも思って。
しかし。行ってみたらユザワヤ津田沼店はリニューアル中で、規模縮小での営業でした…。
綿糸なんてレース糸位しか出ていない…(涙)。
でもまあせっかく行ったので、ほかに欲しかったものは買いました。ファスナーも一本買いました。

というわけで、帰宅後、こんなものを作りました。
青い内袋
何かというと、タイトル通り、枕の内袋です。

というのも、最近、枕から中身がこぼれてくるようになりまして…。見てみたら、ネット状の内袋が伝線したかのように穴があいてしまい、その隙間から詰め物が出てきちゃってたんですね。
古いのは穴があいた

で、内袋は…やっぱりネット状のもののほうがいいのかなあと思って手持ちの布を見てみたら、青いこれがあったので使うことにしました。端切れを買ってあったんですが。何故こんな端切れを買ったのか…。多分人形服を作ろうと思ったんじゃないかなと思うのですが…。
ネット状とはいえ、前のよりかなり目が細かいですがまあよし。てきとーにファスナーをつけ、中身を入れたらこんな感じになりました。
入れてみた
うむ、どこからも中身はこぼれ出てきません。上出来上出来。

これに以前作った枕カバーをつければ立派な枕です。早速今晩から使います。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

梟柄のショッピングバッグ

 2016-08-18
先日Facebookのおかげで「ああ、去年は梟布でスカートを作っていたのか…」ということに気が付きました。
そういえば、その梟布余ってたんだよな。余りでバッグを作ろうと思ってたんだよな…と思い出し、布を出し、裁断し、縫い…とやっていたら、平日だけで袋が出来上がりました。

片面は大きなフクロウさん。
梟バッグフクロウ大
反対側は小さなフクロウさん。
梟バッグフクロウ小

参考にしたのは以前のショッピングバッグと同様、この本です。エコバッグ関係はこの本ばっかり参考にしていますかね。
かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)

by G-Tools


この縫い方も三度目なので少しは慣れたかも。やはり、慣れると楽ですよね。

さてこのバッグはせっかくのスカートとお揃いなので、姉に押し付けようと思います。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

携帯エコバッグ3

 2016-08-11
父のスタッフジャンバーがまだあるので、エコバッグにしました。
今度のは2010年の国体千葉大会のジャンパーのようです。

このジャンパーはなかなか立派で、裏がメッシュになっていたり、背中に切りかえしがあって空気が入りやすくなっていたりと、熱がこもらない工夫をしてありました。しかし、リメイクするには小さい面しかとれなくて不便…(笑)。
でもまあ、コンビニとかいくときに小さいエコバッグも欲しいよな!と思ってSサイズのエコバッグを作成しました。
エコバッグ小
上に載っているのは、サイズ比較のためのポケットティッシュ入れです。

マジックテープが付いているスタッフジャンパーだったので、今回もマジックテープも再利用して、マジックテープで丸めるタイプのエコバッグにしました。
エコバッグ小 丸めたところ

参考にした本はまたこちら。
かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)

by G-Tools


几帳面に見えるらしいですがおおざっぱな私は、縫い代をつけ忘れて裁ってしまったので、後で辻褄合わせに苦労しました。縫い代が少なすぎて崩壊しやすいかもしれないです…。

本当はチーバくんが入るように作りたかったんですがね。なかなかチーバくんをいい位置に入れるよう裁断ができなくて…。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

キサラとおそろいのシュシュ

 2016-08-09
姉から預かったキサラの浴衣用生地が余りました。
「そうだ、お揃いでシュシュを作ろう」と、前回と同様、http://wajimapc.net/shushu/kihonnoshushu.htmを参考に、ちゃーっと作りました。
シュシュ
でも私今髪の毛短いんです。姉も短いです。
では誰のシュシュかというと、姉んちのモモイロインコです。アッシュと言います。
シュシュをするのが趣味らしいです。
姉んちのキサラと姉んちのアッシュ。お揃いでおめかししてもらえればと思います。

私が前に作ったシュシュも、髪を切って使わなくなったのでアッシュにもらってもらいました。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

クッションカバーの中身

 2016-02-14
クッションカバーが余ってしまったわけですが。
ここでいつもの私ならTODOリストに入れただけで、ずっと放置になりますが、たまたまここのところ「すぐできることならちゃっちゃとやってしまおうぜ!」モードでした。
それで土曜日にも、前から言われていた、母の車いす用の座布団の座布団カバーに持ち手をつける作業もちゃかちゃかやってしまったところでした。

で、よし、クッションの中身もさくさく作ってしまおう!と思いました。幸い、何故か手芸わたもあります。ポリエステルの。
「何故か」というのは…大昔に買った記憶はあるのですが、何のために買ったのか覚えていないのです。未使用ですしねえ…。
まあ、材料から入る派なので、買っておいてやってないことはたくさんあります…。

というわけで、手持ちのシーチングで袋を作り、手芸わたを詰めました。全部詰めちゃいました。はいヌードクッションできあがり。
ヌードクッション

そして、カバーの中に詰めたところ。
クッションカバーに入れた状態

うん、ちゃんとクッションになりました。
何十年も前から家にあった手芸わたもなくなって、ラッキー(^^;。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

Tシャツリメイククッションカバー

 2016-02-11
以前に麻で織った布でmoguのクッションカバーを作りましたが。
予想通り、負荷がかかりすぎたのか、縫い目の辺りが広がってきました。

で、広がった辺りを補強するために裏から接着テープを貼り、更に、横幅を広げました。
しかし、広げてもやはりよりかかるとパンパンに硬くなるのですよ。

思うに。普通の綿のクッションだと、つぶれるじゃないですか。あと空気が抜けてぎゅっとなったり、とにかく縮みます。
moguは縮まないんですね…。
したがってカバーが伸びない生地だと、広がった中のビーズがそのサイズでパンパンになってしまうと。

moguの公式通販サイトにも書いてありました。「MOGU(R)は流動体であるパウダービーズ(R)と上下左右に2倍まで伸張するスパンデックス生地によって物体の加重面を包み込むように追従し、受圧面積を増やすことによって圧力を分散する性質をもっています。」と。つまり、伸びない生地だとmogu効果が少ないのです!母は硬くていいとか言ってたけど、やっぱりmoguの利点はやわらかいことなのです!

てことは、カバーをつけるなら伸びる生地ですね。というわけでTシャツをあさりました。幸い、裂き織りに使おうと思って古ぼけたTシャツは山のようにあります。Tシャツクッションカバーの作り方もネットを検索してみつけました。

カバーにするのによさそうな色や柄のものはいくつかあったのですが、中でも元々母のTシャツだったやつがいいなと思いました。父の沖縄土産でした。
しかし、我が家のmoguのヌードクッション、35cm角なのですが。そのTシャツほぼ横幅35cm…。肩の辺りは35cm未満でした。どれだけ細いんだ、母よ!(ちなみに父は子ども用を買ってきました。サイズ的には着られるけどバストとかが着づらいらしくてあまり着ないまま裂き織り用に下げ渡されたのでした)
丈も足りないので、せっかくみつけた作り方そのままというわけにはいかないようです。とりあえずTシャツは切らず、四角くなるよう肩辺りと脇を縫って、下は仕方がないので折り返しただけで、安全ピンで止めました。…ボタンかマジックテープにでもしますかね…。

出来上がりはこちら。
Tシャツリメイククッションカバー

ほらとても沖縄土産。
そして硬くはなくなったはずですが、母はこれはこれで気に入っていったようです…。まあ、よかった、、、かな…。

さて、麻のクッションカバーが余ってしまった。中身を用意しますかね…。
カテゴリ :バッグや小物縫い トラックバック(-) コメント(0)

携帯エコバッグ 2

 2015-07-28
以前に作った携帯エコバッグは、耐久性にも問題なく今でも大活躍中ですが。
何分にも父が何かのスタッフをやってもらってきたスタッフジャンパーがまだまだあるので、エコバッグにしちゃえ!と作成に取り掛かりました。

ちなみに、仮縫いは3週間くらい前に終わってました。今回鳥グッズプロジェクトでバッグを作った勢いにのって、26日に三つめのバッグとしてミシンをかけました。

エコバッグ広げたところ
何かの千葉大会だったのでしょうね…。長さが足りなかったのではいであります。

参考にしたのは、またもやこちらの本ですが、前に作った携帯エコバッグとは違って、マジックテープで丸められるタイプです。あと前に作ったものよりサイズもちょっと小さい。
かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)かんたんエコバッグ―手作りのバッグで始めるエコライフ (レディブティックシリーズ no. 2710)

by G-Tools


マジックテープのやつにしたのは、このスタッフジャンパーにマジックテープがついていたからです。つまりマジックテープも再利用(笑)。
そして丸めてマジックテープでとめるとこんな感じ。
エコバッグ丸めたところ

で。鳥グッズプロジェクトで黒糸で縫っていた時はミシンの調子が悪いと思っていたのですが、これを縫うため青糸にしたら、ミシンの調子は大して悪くありませんでした。縫った生地も種類がだいぶ違いますが、これはおそらく糸のせいだと思います。黒だけ、昔母が購入した、種類が違うミシン糸なんですよ…。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫