リップスマットのコースター

 2013-09-22
先日織ったコースター11枚は、びしょびしょになる!と不評でした。
となるともう、コースターを作るきっかけになった敷物と同様、リップスマットで織るしかあるまい、幸い、経糸に使った糸も、緯糸に使った糸もまだあることだし。
と思って、デザインしました。

リップスマットの場合、組織図マクロは……使えなくもないですが(緯糸を布にする行の高さを広くすればいいんです)、使ったところで嬉しくもないので、単にExcelで塗り絵をします。こんな感じに作っています。
1
ちなみに、元々は9畝にするつもりでデザインしていましたが、織ったら何か間延びしていたので、緯糸を外して、8畝で織り直しました。
画像は8畝のものとなっています。デザインはいくつか考えましたが、画像では1個だけ紹介。

それとデザイン時の計画では、両端を糸で1.5cm織るつもりでした。いつも端の始末がダメダメなので、今回は三つ折りするぞ!と多めにとったつもりだったのですが、実際織ったら、緯糸が糸だけでもかなりの厚みになり、1.5cmでは三つ折りできそうにありませんでした。したがって、2.5cmで織り直しました。

そんなこんなで試行錯誤しながら織りあがったのがこれ。
リップスコースター長いまま
……デザイン時には青が多い方が可愛い感じだったのですが、織ってみたら可愛くなくて「む、失敗」と思いました。しかし織り上げてみたら水色が多い方がまだ可愛いようです。そういうわけで表裏逆にして使うことにしました。

リップスコースター全部
コースター一個ずつの端にアイロン接着テープを貼り、ロックミシンで巻き縫いをした後、三つ折りして直線ミシンで縫って仕上げました。
うまくやれば巻き縫いだけでも始末は十分でしょうが……巻き縫いの訓練はまた別の時に。
左側3枚は同じデザイン(上の画像で紹介したデザインを裏返したもの)ですが、右側は一個ずつ違います。


リップスコースター1個をどアップ
左側のものを一枚アップで撮影。これだけ厚みがあれば、びしょびしょにならないでしょう!

……と言いながら、すでにそんなに暑くはないので、コップがあまり汗かかないんですよね。今となっては前に作ったコースターで十分な感じが……。

ま、まあ来年の盛夏に活躍するんじゃないかな!


仕上がりサイズ
仕上げをした結果10cm×10cm位が5枚
経糸総本数
50本
整経長
140cm位。
通し幅
10cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経糸 ルーバフォルコット(EX) 108(水色)、117(紺) を二本取り
緯糸 水色と白の男物厚地綿シャツを2cm幅に切ったものを外表に2枚重ね合わせて使用。
   綿20/3番手 色C11(青)
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2013/9/18,21,22
参考書籍
『The Big Book of Weaving』
『Rep Weave and Beyond』




参考用語
あ行:筬目
さ行:整経
た行:経糸、通し幅
や行:緯糸
ら行:リップスマット織り

スポンサーサイト

コースター11枚

 2013-09-02
暑いですねえ。あんまりにも暑いので、冷たい飲み物を入れたグラスがだらだら汗をかきまくりですね。
で、以前にサンプルで織ったリップスマットが役立っています。父が主にビールを飲むときに使っているのですが。
そして母も敷物が欲しい!と言い出しました。
最初は私の部屋に飾ってあるザグレブ織りを「これちょうだい!」と言ったのですが、友人からのお土産ですからあげるわけにはいきません!
それで代わりにピックアップのサンプルを渡したのですが、仮にもウールなので不適切だったようです。
「コースター織って!」と言い出したので、8月も後半になってから、織り始めました。
そろそろコップがあまり汗をかかない時期に……なってほしいものですが、まだまだダメそうですしねえ……。

織ったものは全部でこれだけです。11枚。経糸は全部水色です。
コースター11枚

それぞれちょっとアップで紹介しますと、まずはこちら。
右側は緯糸が紺と水色(経糸と同じ色)を2本ずつ。左側は紺1本水色2本のしましまです。最初は全部違うように織っていたのですが、途中でネタが尽きたもので、後から同じ柄を織りました。したがって2枚ずつあります。
コースター3

次はこちら。右から、白一色・紺と水色一本ずつ・紺と白一本ずつです。経糸と違う色でヘムステップをすると、目立ちすぎますねえ。特に今回糸が2本取りなので余計に。
コースター4

先月箕輪先生のブログで、補助ソウコウを用いたサンプルを紹介していただきましたが。
おかげさまで補助ソウコウのことを最近思い出していました。それで、「センチ5だからこれも補助ソウコウ使えるわね!」と、そのサンプルを広げて眺め、気に入った柄を選んで織りました。右から2/2 Twill Hopsack・2/2 Twill Z diagonal。Hopsackはくっきりはっきりでなんかいい感じです。
しかし、経糸も2本取りでぎゅうぎゅうのため、補助ソウコウでは糸が隣の溝に入っちゃったりして、けっこう間違えています。
そんなわけで、補助ソウコウ使用は2種類しか挑戦せず。
コースター1

補助ソウコウを諦めたので本当にネタが尽きました。右側は大胆な縞。左側は補助ソウコウサンプルの中にまじっていたドカゴング。補助ソウコウサンプルの時は表を見てやったのですが、今回はちゃんと裏を見てやりました。
そうしたら……中心はずれているし、入れるところを途中から間違えているし。
何の策もなくやったので、今回は単に3本ラインですが、ちゃんと柄を考えたら、けっこう面白そうと思いました。
コースター2


仕上がりサイズ
大体8cm×8cmが11枚(房や、横にはみ出ている部分を含まず)
経糸総本数
40本
整経長
2mだったかな……。ちゃんと測ったのに覚えていないあたり……。
通し幅
8cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経糸 ルーバフォルコット(EX)40g約98mの108(水色)を二本取り
緯糸 ルーバフォルコット(EX) の、108(水色)、117(紺)、101(白) を二本取り
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2013/8/25(多分), 9/1
参考書籍
『The Handweaver's Pattern Directory』(補助ソウコウ使用時のみ)


ちなみに9/1から使ってもらって今日で二日目。既に母から「びしょびしょになる!」とクレームが……。それはコップの汗のかきっぷりが尋常じゃないということだと……思いますけど、こうなると後は裂き織りでコースター織るしかないかな……。


参考用語
あ行:筬目
さ行:裂き織り、整経
た行:経糸、通し幅、ドカゴング
は行;ピックアップ、ヘムステッチ
や行:緯糸
ら行:リップスマット織り

あじろ織りのテーブルセンター

 2008-06-08
着物裂き織りバッグを作ろうと思って経糸をかけて、あんまりよくなかったので、糸織りに変えて、あじろ織りのバッグをしようとしたものが、7日にようやく織りあがりました。
織りあがったら、バッグにするにはサイズが微妙だったので、とりあえず、房をネクタイ結びして、テーブルセンターにしてみました。
あじろ織り全体像
あじろ織り部分
涼しげで、触り心地もなかなかいいです。二年前にハンカチタオルを目指して織った糸より余程吸水性もいいような感じが。
しかし、バッグにするつもりだったため端がけっこういいかげんなのが悔やまれます……。


仕上がり予定寸法
30×72cm
経糸総本数
164本
整経長
120cm
通し幅
32cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経糸・緯糸共:綿12/6
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2008/4/18~6/7
仕上がり寸法
30×67cm。房を含まず。
参考書籍
『手織り入門―いろいろな織り方がわかる12のレッスン』

房はけっこう長めになっています。テーブルセンターならもっと短くてもいいので、カットするかも……。

参考用語
あ行:あじろ織り、筬目
さ行:裂き織り、整経長
た行:経糸、通し幅
な行:ネクタイ結び
や行:緯糸

コースターその2

 2007-09-11
知人と会うことになったので、慌ててまたコースターを織りました。期間が短いため経糸は前回より短めにしました。


経糸総本数
2本どりで40本(つまり80本)。
整経長
てきとう。
通し幅
8cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経・緯糸とも、ルーバフォルコット(EX)。色番は101(白)、117(紺)。
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2007/9/3~9/4

コースター2
前回と違って、今回は経糸が白と紺の2本交互です。緯糸を1色とか、2本交互とか、1本交互とか、紺1本白2本の繰り返しとか、白1本と紺2本の繰り返しとかで織りました。

結局7枚織れたのですが、9/4に会った人(小学校の時の担任の先生ですが)に5枚セットでお土産に渡しました。……なのでまた2枚しか手元には残っていません。なかなかたまりませんね、お土産用コースター……。


参考用語
あ行:筬目
さ行:整経、整経長
た行:経糸、通し幅
は行:番手、平織り
や行:緯糸

コースター

 2007-08-26
昨年、ハンカチタオルのサンプルとして織って、「吸水性がいまいち」と思った糸が、けっこう沢山残っていました。
「吸水性がいまいちということは。逆にコースターにはいいのでは?」
と思い、コースターを織ってみることにしました。
友達へのお土産用に、小さいものを織りためておきたかったというのもあります。
ハンカチタオルのサンプルを結局今敷物として使っていて割といい感じなので、密度はその時のままにしました。


経糸総本数
2本どりで40本(つまり80本)。
整経長
てきとう。2m位?
通し幅
8cm
筬目
5目/cm
使用した糸
経・緯糸とも、ルーバフォルコット(EX)。色番は101(白)、117(紺)。
使用織り機
クロバー咲きおり
作成期間
2007/7~8月

コースター
何の変哲もない平織りですが、私にとっては新たな試みがありました。実は、織りを始めてかれこれ10年以上になりますが、初めてヘムステッチをしたのでした。なんか教室でもたまたま教えられる機会がなく。今回本を見ながらやってみました。
いやー楽ですねー、これ。後から房を作るより断然楽。経糸をあまり残しておかなくていいところもよいです。気に入りました。

さて、このコースターは、結局11枚織れました。8/24に織りあがって、8/25には9枚が早速友人達の手元に行きました。

ところで、この記事からデジカメが新しくなりました。手ぶれ防止機能もついているので、今後、これまでよりマシ……になるといいのですが。


参考用語
あ行:筬目
さ行:整経、整経長
た行:経糸、通し幅
は行:番手、平織り
や行:緯糸

【教室】綿のランチョンマット

 2004-03-05
出先で気に入ってつい買ってしまった糸がありました。白と紺のまだらの細い綿の糸です。
「これでランチョンマットを」という母の希望で、ランチョンマットを作ることにし、織物教室で先生に相談しました。

仕上がり予定寸法
35cm×45cm 8枚(予定は未定にして決定にあらず)
経糸総本数
38×16=608本
整経長
(45×8)+30+50=440cm
通し幅
38cm
筬目
4目/cmの4本混み差し
使用した糸(経糸、緯糸とも)
綿の糸、二本どり
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚(平織りなので2枚でもできるが、本数が多いため4枚使用した)
作成期間
2002/3頃~2002/12/31

……しかし出来上がりサイズは331.5cm×35.5cmで、結局6枚にしました。

綿のランチョンマット仕立てる前
これは仕立てる前の長い布状態のものです。織り方は二本どりの糸で単純に平織りなのですが、16本/cmなので、織るのに時間がかかりました。
2002年2月~12月にかけて織ってました。
この長い布状態を見て「ランチョンマットにするの?!もったいない、ジャケットとかにすればいいのに!!」と幾人にも言われました。

綿のランチョンマット
切って縫って6枚のランチョンマットを作りました。正月に使いたいという要望にギリギリで応えられました(^^;。(ミシンをかけたのは大晦日……)

2本取りで4/cmの4本混み差しなので、1cmに32本糸が入っている……のかな……。


参考用語
あ行:筬、筬目
か行:混み差し
さ行:整経、整経長
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸

楓で染めた麻糸のコースター

 2003-08-31
ある時母が言いました。
前作ってた麻糸のコースター、よかったわよね。作って」
……そういうわけで前と同様に作りました。

使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
2枚

但し前のはからみ織りとかななこ織りとかしてみましたが、今回はただシンプルに平織りにしました。
楓で染めた麻糸のコースター(我が家の)

参考用語
か行:からみ織り
さ行:綜絖
な行:ななこ織り
は行:平織り

楓で染めた麻糸で織ったコースター

 2002-04-30
家で織ったもの。

仕上がり寸法
10cm×10cm 3枚
整経長
確か1m
筬目
5目/cmの丸羽
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
2枚

経糸も緯糸も楓の一番液で染めた麻糸と二番液で染めた麻糸を半々にしてます。
楓で染めた麻糸のコースター
二枚についてはからみ織りをちょびっと入れ、
一枚については(良く見えませんが)ななこ織りをちょびっと入れてます。

楓の葉っぱを送ってくれた知人にもらってもらいました。

参考用語
あ行:筬、筬目
か行:からみ織り
さ行:整経、整経長、綜絖
た行:経糸
な行:ななこ織り
ま行:丸羽
や行:緯糸

【教室】レースウィーブのテーブルランナーとコースター

 1999-09-03
レースウィーブかからみ織りのどちらかで、作品を作りましょうと言われて、悩まずにレースウィーブを選んだ私。だって、レースウィーブの方が楽だし……。

仕上がり予定寸法
長さ2m
経糸総本数
6+24×6+11=161本
整経長
200+20+70=290cm
通し幅
32cm
筬目
5目/cm
使用した糸(経糸緯糸とも)
  • 綿10/6番手の生成をコールダイホットのえんじで染めたもの
  • 野呂英作自然の世界雁皮ブークレ COL NO.104

使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚
作成期間
1998/7/5~11/8位

テーブルランナーを作った余りの経糸でコースターを作りました。画像はそのコースター。
レースウィーブのコースター

雁皮部分にしかレース状態を出さない、シンプルなレースウィーブでしたが、自分ではけっこう気に入った出来だったんですけどね。
使ってみて洗ったら、えんじ色が落ちてしょうがないという(笑)。
で、いまやえんじ色は薄くなり、黄色部分がちょっと赤みを帯びています。洗うのがイヤで滅多に使いません(苦笑)。

参考用語
あ行:筬、筬目
か行:からみ織り
さ行:整経、整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
や行:緯糸
ら行:レースウィーブ

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫