FC2ブログ

ひつじスピンドルで試し

 2018-11-11
ひつじスピンドルの試し用にいただいたウールは、前述通り、家に帰りつくまでには単糸は紡ぎ終えていました(笑)。
帰宅後、(スピンドル撮影をした後で)アンデスの撚り合わせ方式で左手首に糸をかけて、双糸にしました。
羊スピンドルで紡いだもの
小さいニディノディでかせにしたので、小さいかせなんだよ!というのがわかりやすいよう、スピンドルと一緒に撮影。

アップにして映したのがこちら。
羊スピンドルで紡いだもの アップ

アンデスの撚り合わせ、量が少ない時にはいいですねー。するする出てきて気持ちがいいです。
まあ、まだそらでは左手に巻けないのですが…。2015年のスピニングパーティーでのTeaさんのワークショップの時にいただいたプリントを使って巻いています…。やり方はこちらの頁でも詳しいです。

尚、少量でも番手を調べておこうと、先日購入した秤で重さを測ったところ、すごいんですよ!1.00gでした!いや1gでと思ってくださったわけではないと思いますが、熟練の寿司職人がしゃりを毎回同じ量取るという話を思い出す位すごいですね!(笑)

紡いだ道具
ひつじスピンドル
紡いだもの
2018/11/10にひつじ百貨店で試し用にいただいたもの
紡いだ量
1g
紡げた長さ
2.61m
共通番手
2.61m/g
撚り
単糸はZ撚り。双糸でS撚り
紡いだ時期
2018/11/10

毛番手だと2/5.22でしょうか。


参考用語
か行:かせ
さ行:スピンドル、双糸
た行:単糸
な行:ニディノディ
は行:番手
スポンサーサイト
カテゴリ :スピンドルでウールを トラックバック(-) コメント(0)

ひつじスピンドル

 2018-11-10
箕輪先生にお誘いいただいて、11/9~11まで開催のひつじ百貨店に11/10に行ってきましたー。

羊ものはふらふらと買ってしまう方ではありますが(笑)、シーピーちゃんとか。
置物系の羊グッズを収集している箕輪先生と異なり、私がふらふら買ってしまうのは大体「使えるもの」です。
(実は結城で買った羊の置物が一個ありますが。だって可愛かったんだもの…。結城だから羊なのに絹なんですが)

というわけで今回の羊イベントでは。
まず買うぜ!と思っていた、ひつじやさんの羊マスキングテープを入手。売り切れていなかった!よかった!
そのほか、風呂敷とかトートバックにも心惹かれましたが、「おお!」と思って購入したのはこちらです。

ひつじスピンドル
ひつじが描かれているスピンドル。これは空が紫で月や星が見えているので夕焼け時でしょうか。青空バージョンもありました。
これ、軸の一番奥に水色のところがあるのわかりますか?
この水色の部分は傾けると移動してきます。
ひつじスピンドル軸
ほらほら。
ひつじスピンドル移動中
ほらほら!!
ひつじがいるんですよー。

こんなの可愛くて使えて買ってしまいますよ!!
なお、既に毛が付いていますが、ひつじ百貨店で試し紡ぎ用にくださった毛です。現地で試しに紡いで、あと帰り道に電車の待ち時間で紡ぎました(笑)。

そう思って一枚目の写真をまた見ていただくとわかると思うのですが、紡いだ毛が透けて見えています。軸もホイールも透ける素材なんですよ。軸の中は羊だけじゃなくキラキラしたものも移動しますし。なんだかファンタシー。

ちなみにこのスピンドルの重さは26.13gでした。マメ楓スピンドルと同じくらいかな…。なかなかに回しやすい重さです。


2018/11/11追記:箕輪先生がブログで羊が移動する動画をアップしてくださいました⇒11/11のブログ
先生が画像に手を加える必要がないマスク姿の私(笑)。秋の花粉症なんですー。 

カテゴリ :紡ぎ トラックバック(-) コメント(0)

工房部屋を更に片付け

 2018-11-05
どうもこう、気が付くとつい片付けをしてしまう悪癖が…。
いや、片付けといえば「悪」じゃないだろ?という感じがしますがね。
そこがミソです。

やることがいっぱい⇒なんかやる気がしない⇒片付けなら悪いことじゃないから自分にも言い訳がつく

っていう感じで片付けている気が…。

片付けるから、成果はあるのですが、やろうと思っていたこととかやらなくちゃいけないことは減らない…。

土曜日も、ついうっかり文房具を移動させて片付けたのですが。
日曜日に「いや待て、どうせなら最終系に近づけた方がいいのではないか?」
…と思ってつい…、前回語っていた通りスチールラックを一つ、ウォークインクロゼットの中に入れました。
11/4の工房部屋

ウォークインクロゼットの中にスチールラックが入るようになったのは。
土曜日にかなり「衣料支援プロジェクト」とかに古着(稀に新品)を渡してきたからです。

そして空いた部分に作業台を広げることが…可能でしょう多分。型紙を作りたいので作業台を広げたいんですよね…。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(0)

LibreOfficeで織物用組織図マクロは使えるか?

 2018-11-04
以前に「LibreOfficeで織物用組織図マクロは使えるか?」という質問をコメントでいただきました。その後、試してくださった方によるとエラーが出るということでした。
それから私も使ってみて「うむ、エラーになる」と思ったのですが。

今日別件で調べごとをしていて、ちょっとこの件とかぶる内容のWebページに行き当たりました。
で、もう少し踏み込んでエラーを調べてみたのですが。

どうもExcelとLibreOfficeのcalcでは、配列の扱い方が違うようです。したがって関数の渡し方・戻し方でエラーになるっぽい。

というわけで結論は
「ちょっと真面目に手を入れないと、calcでは組織図マクロは使えない」
になりました。

以上、ご報告まで。
カテゴリ :ドラフト トラックバック(-) コメント(2)

ヤノフ村の二重織り方式でイノシシ挑戦

 2018-11-03
せっかくイヌを織りきったので、早速イノシシの図案を考えて織りました。
イノシシは『ポーランド ヤノフ村の絵織物』に「春の野を駆けるウリボウ」が載っているので、来年の年賀用にはそれを使うのでもよかったのですが。
何分にも経糸を前回のイヌの余りを使う気満々だったので、サイズに制限があったのでした。
あと単純にせっかくマクロを作ったんだから、使いたい(笑)。元々ドット絵を描くのは得意な方ですし。といってもヤノフ村の絵織物の図案はドット絵とも勝手が違って難しいのですが…。

考えた図案はこちら。最初に書いたのはもっと大きかったのですが、経糸の数の都合で小さくした結果…胴が短いイノシシに…。
でも何とかイノシシなのではないかと。
イノシシ図案1号
一応、イヌの時の反省は少しは入っています。奥側の足だということをわからせるために、脚と胴の間に線を入れてもムダとか。両脇の白線をまっすぐにするのは難しいから誤魔化せるデザインにするとか(そこは綺麗に織る努力をするべきでは…>自分)。

織った結果がこちら。
両脇の白線はゴマカしが効いているようでしたが。
イノシシ試し1号
まだまだ「細かいところを表現しようとしてもムリ」という反省が生きていなかったようです。

奥側の足、細すぎ!遠近法を持ち出そうとしてもムリ!
鼻と胴体の間の線も入れてもムダ!
尻尾、毛がバサバサなっている表現と大差なく、尻尾だとわからない!
耳は線が太過ぎる!
目は大きすぎる!

…また図案を変更して挑戦したいと思います。

経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ :その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り方式で犬 2

 2018-10-29
昨年末に「ヤノフ村の二重織り方式で犬」を織り、「ちょっとおかしいから図案を変更した。まだ経糸があるからぼちぼち織る」とか書いていましたが。
…放置していました。

来年のイノシシを織るために経糸は再利用できますが、織りかけの犬をどうにかしなくては!…というわけで、先週位からチマチマ織りました。
日本シリーズの第一戦が長引いて、なかなかフィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会の放映が始まらなかったので、土曜の夜に大分織り進み、日曜日に織りあがりました。しかし、まだ経糸があるので、今度も織機にあるままです…。
ヤノフ村の二重織り方式の犬2

前のと比べて、口は細くなっています。この位でよさそう。
両脇の白線がまっすぐじゃないので、緯糸の入れ方がよろしくない、ということがものすごくよくわかります…。精進しましょう。

赤追加 図案を6ピクセルに
赤丸の辺りは…何だかよくわかりませんね!右の図案を見ると胴体の一部だったり、折り曲げた足っぽい。細かいものは表現しようとしてもほぼムリ(自戒)。

青追加
あと、この青丸の辺りになんかツノができてしまっています。
今月この辺りから続きを織り始めたのですが…おそらく一段とばしましたね…。どこまで織ってあるのかがよくわからなかったんです…。マグネットで図に印をしていたのですが、10カ月も放置していた間にマグネットがずれちゃっていて…。
そりゃあ、さんざん模様替えで織機を動かしましたから、印もずれるでしょう…。

というわけで反省点が色々で、この犬にもまた挑戦したいですが(そしてまだ織っていない犬図案もある…)、取り急ぎ次はイノシシです!反省はイノシシに生かしたいと思います。


経糸総本数
濃色64本、淡色62本
通し幅
16cm
筬目
4/cm(丸羽)
使用糸
濃色 プリンセスアニー(40g/112m)
淡色 パピーNew 4Ply (40g/150m)
使用織り機
アジャカ4枚綜絖織り機
綜絖枚数
4枚

参考用語
あ行:筬目
さ行:綜絖
た行:経糸、通し幅
な行:二重織り
や行:緯糸
カテゴリ :その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

ヤノフ村の二重織り、出来上がり予想図

 2018-10-28
ヤノフ村の二重織りの図案は、方眼を塗りつぶしたり、線を太くしたりして描きますが、線を太くしたところは織るとかなり太いので、思ったのと違う絵になる…という話を去年の年末に書きました
で、その際、「組織図から出来上がり予想図を描いてみた」り、「だったら最初から方眼を塗りつぶすだけでこういう図案を描いたらどうか」と書いていましたが。いずれにしても面倒くさい…。

というわけで「元の図案でも、なるべく出来上がりが想像できるよう、罫線を太くしよう!」と思いましたが、Excelでは罫線の太さに限界があります。としたらもう、マス目を罫線に見合う程小さくするしかないですね!

で、試してみたところ、Excelのセルの高さ・幅ともに6ピクセルにして、罫線は一番太いものを使うといい感じな気が…。

比較してみます。左は、昨年末にも載せた、組織図からの出来上がり予想図。表示サイズを10%にしたもの。
右は図案のセルの幅と高さを6ピクセルにしたもの。表示サイズは100%。
組織図からの予想図図案を6ピクセルに
この程度出来上がりが予想できるならまあいいかなあ、と思いました。

図案の描き方を決めたところで、次はイノシシだ!
カテゴリ :ドラフト トラックバック(-) コメント(0)

白綿もはじけました

 2018-10-18
うちで育てている棉は現在和棉の白と薄茶、洋棉の茶です。
これまで薄茶と茶ははじけていましたが、白がはじけていませんでした。
来年蒔く種を収穫するために、白にも是非はじけていただきたかった。

数日前ようやくはじけました。
しかし。
小さい…。

はじけた白綿。薄茶と比較。

比較のために今年収穫した薄茶を横に並べてみました。
小さい…。

これからとれる種では来年の成長が心配…。
無事、ちゃんとしたサイズの白棉がはじけるといいのですが…。
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

昼休みに中性抽出した百合染めした真綿を紡ぐ

 2018-10-17
昼休み、また真綿を紡ぎました。紡いだのは中性抽出した百合染めした真綿です。
中性抽出した百合染めした真綿を紡ぐ

色は…うっすらついてはいます。オレンジ?かなあ??


紡いだ道具
ひつじやさんスピンドル
紡いだもの
中性抽出の百合染めした真綿
紡いだ時期
2018年9月~10月



参考用語
さ行:スピンドル
ま行:真綿

カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

工房部屋の片付け大体終盤

 2018-10-13
KH-900の紹介記事がほとんど工房部屋の紹介記事と化していましたが。
あれは奥の壁は棚、手前の壁は机、真ん中に織機、にこだわった配置だったのですが。よろしくありませんでした。
KH-900の左右にゆとりが少なすぎて。奥の棚から物を出したければKH-900を左に押し、机の前に座りたければKH-900を右に押さなくてはならなかったのです。

そういうわけで配置を考え直し、今度は織機を2台手前の壁に並べて置いてみました。
…そうしたらKH-900の下の床に傷がついていました…。ああ、あんな重いものを左右に動かすから…! フローリング化1年未満にして傷だらけ…。

それはともかく織機を並べると勿論織るのには支障がない感じですが、当たり前ですが机の置き場がなくなります。
そもそも、置きたいものに比して壁の量が少なすぎます。
ちなみにこの時点ではFAX複合機を載せたキャビネットを織機に並べて置いていました。元々居間にあったんですが、何故か居間にあると電話がつながらなくなったので。しかし、織機に並べて配置した際「…あれ?もしかして配線がおかしい?」と気が付き、配線を変更してみたところ、居間でも本体が使えました!!というわけで、FAX複合機は工房部屋に置かなくてよくなりました!

FAX複合機をのせたキャビネットは(元々机の下に置いていたものなので、FAX複合機がなければ机の下に置ける)置かなくてよくなりましたが、それにしても物がおさまりきらない。。。
ルミナスのスチールラックを一個、ウォークインクロゼットの中に入れるか…。今はウォークインクロゼットは半分位父の遺品が詰め込まれているから入れるに入れられないが、ものが減れば入れられるだろう…。しかしすぐものが減るわけじゃないしなー。何とかそれをやらなくてももうちょっと片付く手がないかなー、、と考えていてひらめきました。

「あ!窓の脇にルミナスのスチールラック一個ちょうど入るじゃん!」

というわけで手前にスチールラック一つと織機を二つ並べようかと考えたのですが。
奥の壁って釘や画鋲が打てないんですよね。手前の壁は画鋲が刺さる貴重な壁なので、作業用の机は手前の壁側にあった方がいい…(ミシン糸を整理したものをつけられるので…)。

かくして試した結果、こうなりました。
模様替え・奥
織機は奥に二つ並べた!!
ろくろ式はともかく天秤式はここを定位置として、今後はあんまり押したり引いたりしないぞー!
そして写真右側に写っているものがいずれウォークインクロゼットの中に入れたいスチールラックです。

で、手前の壁側はどうなったかというと、、、
模様替え・手前
スチールラック1個と机二個が並びました!机の上は奥から、ハンディールーム・家庭用ミシンとロックミシン・咲きおり・直線ミシンが並びました。
家庭用ミシンは月曜日に伯母の家からもらってきたものです。いや、「(老眼で)見えなくて使えないから捨てる!」と言うので勿体ないからもらってきました。まあ、ロックミシンではなくジグザグしたいときもありますしね…。

そして真ん中の床が空いたので、作業台を広げることもできます。せっかく作業台を買ったので使いたいですしねえ。

そんなわけでようやく工房部屋がしっくりきました。
でもまだウォークインクロゼットを片付けて、スチールラックをしまわなくちゃ…。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫