酸性抽出の百合染めした真綿を紡ぐ

 2018-07-12
昼休み、次は何をしようかなと思って…準備が簡単なので酸性抽出の百合染めした真綿を紡ぎました。

酸性抽出した真綿を紡ぐ
ほんのりピンクです。
酸性抽出した真綿を紡ぐ アップ
アップ。太さはまちまちです。


紡いだ道具
タクリ
紡いだもの
アルカリ抽出の百合染めした真綿
紡いだ時期
2018年7月2日~9日



参考用語
さ行:スピンドル
た行:タクリ
ま行:真綿

スポンサーサイト
カテゴリ :スピンドルでその他を トラックバック(-) コメント(0)

昼休みにモコもじオリーナでコースターを織る

 2018-06-27
次は昼休みに何をしようかなーということで、モコもじオリーナを職場に持って行きました(笑)。
いや、以前、試しに織ってみて気に入った、Tシャツ平織りコースターを量産しようかと思いまして。

そして持って行ってみたら、モコもじオリーナは職場のロッカーにぴったり入りました。奥行きが。
これはもう昼休みにやるのに最適!というか、職場で織り体験会が行えます(笑)。
いや、本当にモコもじオリーナの平織りいいですから!
今回昼休みに織っているのを見て、一緒にお昼を食べている同期が感心していた位です。

さてまず経糸。整経は会社の机の幅を使ってやりました(笑)。140cm位でしたね。
そして長い経糸のかけ方で経糸を準備。
それから大体正方形になるまで織って、間に紙を入れ…を続けて、一番最後の図がこちら。
モコもじオリーナ織り終わり

こちらは、巻き取った方。織れています。
モコもじオリーナ織れた分

で、織機からはずして…
モコもじオリーナ織り上がり

経糸の始末をしたのがこちらになります。
モコもじオリーナ始末終了

コースター6個できました。前回気に入ったシマシマのTシャツで作り、使い切ったので、赤、それも使い切ったので、サーモンピンクで織りました。どれも可愛いんじゃないかな…。

ところで、経糸はまとめてしばりたかったので、本当はもっと次のコースターとの間に余裕を持たせるべきでした。
つい経糸をケチってしまって間に余裕がなく、指だけではしばれなかったので、ループ返しを使ってしばりました。何とかなりました…。
ループ返し偉大。しかし一度もループを返すのに使ったことはありません(笑)。


仕上がりサイズ
仕上げをした結果、8.5~9cm×10cm位
経糸総本数
18本
整経長
140cm位。
通し幅
9cm
筬目
2目/cm
使用した糸
経糸 綿糸 さをりの森 綿10/6番手、だと思います。
緯糸 Tシャツを切って伸ばしたもの。最初と最後は経糸と同じ糸で押さえに平織り。
使用織り機
モコもじオリーナ
作成期間
2018/6/12~22

初日に経糸かけから一個目を織り終わるまではいけました。そのあと2,3日で全部織って、残り4日位経糸始末をしていました。
経糸をケチらなければ、始末ももうちょっと早かったでしょうに(苦笑)。
次は経糸をケチらず、作品と作品の間は、余裕をもってあけたいと思います。


参考用語
あ行:筬、筬目
さ行:裂き織り、整経長、綜絖
た行:経糸、通し幅
は行:平織り
や行:緯糸


カテゴリ :モコもじオリーナで トラックバック(-) コメント(0)

棉の植え替え

 2018-06-11
2018年の棉の植え替え
ボチボチ本葉も出てきたので、ポットから鉢に植え替えました。

当初、和綿の薄茶の発芽がよかったのですが、発芽してダメになるものも多く、植え替えできたのは結局和棉の白が多かったです。
台の下にある、プランター三つと植木鉢3つが和棉の白。多分。
台の上にある茶色のプランターのみが茶の洋棉。発芽しませんでしたねえ…。
台の上の残りのプランター二つが薄茶の和棉です。

さて、今年は無事に収穫できるのか?

あと、まだポットがあるのは何故かというと、棉を植えて空いたポットにバジルの種を蒔いたからです。
棉以外のベランダの植物については、別のブログにて。(これと同じ写真も載せていますが…)
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

ビーズ編みのブレスレット

 2018-06-10
木曜日で昼休みに編んでいた手袋が出来上がってしまったので、次は昼休みに何をしようかなと考えました。
本格的には週明けから何かやるとして、とりあえず金曜日の昼休みにやるものを…と思って、もうちょっとで出来上がるというところまでできていたものを思い出したので、持ち出しました。

で、昼休みだけではできませんでしたが、その晩仕上げました。
こういうの。
ビーズ編み腕輪2

そもそも何でブレスレットかというと、母が白内障の手術で入院した時に、腕にバンドをはめられまして(最近の病院は大概そうですかね)それがとても気に入ったらしく(変な人…)、退院するなり「ブレスレット作って」って言ったんですよ。
それで作り始めた…ので、何年前?10年は軽く経っている気がする…。
既には母そんなことを頼んだのも忘れているでしょう。
まだ忘れていないころに一回見せたら「そんなに上等なのじゃなくていいの!」とか言ってました。そうね、紙だかゴムだかのバンドを気に入ったんだもんね…。

ビーズ編み・織り―おしゃれなアクセサリー&バッグ (NHKおしゃれ工房)ビーズ編み・織り―おしゃれなアクセサリー&バッグ (NHKおしゃれ工房)
佐古 孝子

by G-Tools

この本に載っていたデザインですが、材料は手持ちのもので済ませました。
小学校高学年から大学まで、ビーズ手芸はたまにやっていたので、材料と道具は色々揃っているんですよね…。
指定は丸小ビーズなところを、ビーズ織り用のビーズ。
エナ金パールビーズ8mmはパールビーズ8mm。

織りビーズの方が小ビーズより小さいので、デザイン指定通り10模様で作ったら、出来上がり予想17.5cm×2.5cmなところ、15cm×2cmになりましたが、腕にはめてみたら、
ビーズ編み腕輪
この程度だったので、まあこのままでいいかな、と。

なおこの写真の右側、留め具になっているビーズ玉は本当はもっとみっちりビーズを巻き付けるようですが、巻き付けたらループを通らなくなったので(笑)、(ビーズ玉を作ってからループを作るべきでした!)取り除いて控えめにしました。まあ下地がパール色で綺麗だからいいかな…(^^;。

そしてやはり欲しがったのを忘れていましたが、母に渡しました。
母は「綺麗ねえ。首に巻きたいわ」と言いました。…いやいくら貴方が細くても首には巻けないだろう…。

カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(0)

ベルンド・ケストラーのミトン 基本のトライアングル

 2018-06-08
4418174257ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2017-10-21

by G-Tools

本屋さんでこの本を見掛けた時、面白そう!と思いました。
手袋は作りたいけど、指を編むのが大変そう…という理由で、棒針で5本指には挑戦したことすらない私です。
(正確に言うと、挑戦して挫折してほどきました…)
ミトンは高校生の時に一回編みましたが。

で、かぎ針の5本指手袋があれば作ってみたりしましたが。
これは親指から編み始めて、糸をつけることなく、一本で編めるらしいんですよ。
しかも指先が出るのも、スマートフォン利用者には有難いですね。

そんなわけで2/15から編み始めました。…編み始めた時点からもう今シーズンには間に合わないなとわかっていましたとも。何しろ編むのが昼休みだけです!
そして出来上がったのは本日6/7です。…暑いよ!試しにはめてみたら、冷房が入っている建物の中でも暑かったですよ!!

出来上がりはこちら。
ベルンド・ケストラーのミトン 基本のトライアングル
糸は手持ちのアルパカリミストを使いました。前にマフラーを織った余りです。…って今見たら14年も前に織ってました。もうそんなに経つか!
指定糸と大分番手が違いますが、とりあえず、指定通りの5号針を使って、指定通りの目数・段数で編みました。
サイズは大丈夫みたいです。

しかし。かなり編み間違っています…。一目ゴム編みさえ間違えていますからねえ…。
そして写真の右側。
手首のアイスランディック止めが超きつくなってしまいました。はめられはしますが、はめるのがとても大変…。

ともあれ面白くはあったので。そのうち基本の風車に挑戦してみようかと思います。
…まあ、私の「そのうち」は平気で14年後とかだったりするわけですが…。
カテゴリ :編物 トラックバック(-) コメント(0)

2018年の棉の発芽

 2018-05-17
こちらは5/16朝の画像です。
棉の芽が出てきました。2018年棉の発芽

5/17にはもうちょっと発芽していました。薄茶棉が今のところ一番発芽率がいいようです。
元気に育てよー。

…そして棉の種がまだまだ残っているのですが。
残りは廃棄かなあ。
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(2)

「ヘドルルームで裂き織りベルト」のワークショップで織ったもの

 2018-05-15
ワークショップではこちらを織りました。
裂き織りベルト

経糸の用意はされていて、最初10cm位は織ってあります。それによりどんな柄ができるのかがわかるので、好きな柄を選んで織るという方式でした。
上が最初に織ってあった部分なんですが、そこに比べると自分で織った部分は太い…。どうも引き具合の加減がわからなくて。もうちょっと精進しないとダメそう。
カテゴリ :その他作品 トラックバック(-) コメント(0)

箕輪直子先生の裂き織り展

 2018-05-14
5/8から5/13まで開催の『箕輪直子 裂き織り展』に最終日の5/13に行ってきました。会場はこちらの浅草寺二天門のすぐ傍のアミューズミュージアム。
二天門

ベルト織りのワークショップも受けてきました!
「やったことあるよね?」と訊かれましたが。ヘドルルームでベルト織りするのは初めてだと思うんですけどね??多分。

ちょっと不満の残る出来ながらどうにかベルトは織り上がり、その後、箕輪先生が各作品の説明をしてくださって堪能。
そのあとせっかくなので、有料の別の階の展示も見てきました。これらは、来年の3月末まで見られるようです。(その後閉館するらしい)
なお、有料(大人1080円)ですが、JAFのカードを持っていると1割引してくれます。

襤褸の展示。
襤褸展

こぎん刺しもありました。いやー、すっごいですよね、こぎん刺し…。
こぎん刺し

あと民具も展示されていましたが、中でも目をひいたのがこの二つ。
鮫皮のブーツ!説明まで写真を撮ってきましたが、底には邪魔そうな背びれがついていて、それが滑り止めになっているんだとか…。
民具 ブーツ ブーツ説明
あと、この暖かそうなコートは犬皮!
民具 コート コート説明

そして民具としての展示だったかな。織機もありました。
展示の織機
おお、地機~と思ってあっちこっちから写真を撮ってきたのですが。

別のところにも織機がありまして。こちらは販売していると書いてありました。そ、そうなんだ…。
販売している織機 販売している織機の説明
いや、買いませんけどね?(笑)

あ、織ったベルトについては別記事にします。
カテゴリ :イヴェント トラックバック(-) コメント(0)

棉の種蒔き2018

 2018-05-05
前回、再生材がなくて土の準備ができなかったので、昨日ホームセンターで再生材や鉢底石や培養土を買いこんで来ました。
土の再生…まあ本当は古い土を広げてお日様に数日当てておくといいのですが。うちのベランダでそんなことをやったら土が全部飛んでいくような気がします。そんなわけで、ふるいにかけた古い土に再生材を混ぜるだけです。
ま、まあ、新しい培養土も使うので、何とかなるんじゃないかと…。

棉の種蒔き準備2018

プランターと鉢に土を入れて苦土石灰を混ぜました。苦土石灰を混ぜると、土が出来上がるまで一週間かかるので。
ポットの方は、「すぐ植え石灰」を混ぜて、種を蒔きました。時間短縮。

で、何故にプランターの上にポットが並んでいるかというと。
ある程度の面積の土があると、雀が砂浴びしてしまうからです…。

さて、無事に芽が出るといいのですが。
今年も、洋綿(茶)、和綿(白)(薄茶)の三種類です。
カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)

種蒔きの準備

 2018-04-30
冬の間にやっておけばいいものを、腰が重いので毎年直前までやらないことがあります。
それは前年使用した鉢とプランターの土の整理…。

というわけで今年も棉の種蒔きシーズンに入ってから、鉢とプランターの土をあけました。
粗目ふるいにかけて、鉢底石をとりわけます。
鉢・プランターと鉢底石は洗って熱湯消毒…をするのですが、0.8Lずつ沸かしてはかけるのでは、ちょっと効率が悪い。
が、今年は思いつきました。スチームクリーナーを使えば湯量が少なくて済むのではと!
で、鉢とプランターはスチームクリーナーで洗いました。鉢底石には熱湯をかけておきました。
うちのベランダ、水道もコンセントもあるので、こういう時は便利です。
そして、ふるった土は、再生材を混ぜて…と思ったら。再生材の買い置きがなかった…。しまった…。

そんなわけで本日は、プランター6個と鉢7個を洗って、鉢底石を入れるところまでです。
プランターと鉢の準備
一個のプランターは新しい培養土を途中まで入れたので、雀対策でカバーをしています。雀が砂浴びをしに来ちゃうのでねえ…。

鉢4つは、ネコヤナギに提供したし、確か去年余ってたプランターを2,3個姉にあげた(姉は朝顔を育てたんだったっけな…)ので、去年よりは準備した数は減っています。それでも2時間は軽くかかりました…。

でもまだ土の再生して、苦土石灰混ぜて、種蒔かなくちゃー。まだまだ棉のためにやることは色々。

カテゴリ :棉成長記録 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫